イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやTCGの雑記を綴るブログです。主に今日のカードを1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「忍竜 ヒツメツブレイザー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録、 《忍竜 ヒツメツブレイザー》です。
忍殺に出てきそうな絶妙にダサい名前。良いセンスだ。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219122629j:plain

評価:4/5


■事実上の「マンダラ」強化

自身の【V】と同名のユニット3体と、通常であれば少々厳しい条件でのパンプを持っていますが、「マンダラ」軸であれば名称を変更するカードや同名ユニットのスペリオルコール効果によって無理なく満たせる条件ですね。

 

パンプ値もユニット3体にパワー+5000と高く、1ドローが付いている為コストの自己ソウルインも然程気にならない作りになっている点は偉いと思います。

 

■総括

同名指定のパンプと1ドロー効果を持った「マンダラ」強化です。

「決闘龍」軸で活かすのは難しいので、そちらへ投入される事は稀だと思いますが「マンダラ」軸であれば容易に満たせる条件でのパンプ効果を持った優秀なユニットなので、そちらであれば無理なく投入できると思います。

週刊ヴァンガ情報局「双槍の騎士 コリネウス」「お天気お姉さん そーだ」「ぷらいがる」「忍竜 トガジュウジ」「スカーレットシャッター・ドラゴン」「ドレッドチャージ・ドラゴン」「ナイト・オブ・エントロピー」「特異点を射抜く者」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ
Amazon/駿河屋/あみあみ



スペシャルファイトパック vol.3収録、《双槍の騎士 コリネウス》《お天気お姉さん そーだ》《ぷらいがる》《忍竜 トガジュウジ》《スカーレットシャッター・ドラゴン》《ドレッドチャージ・ドラゴン》《ナイト・オブ・エントロピー》《特異点を射抜く者》です。全8種なので少々多いですが見ていきましょう。

 

f:id:harvestfiesta:20181219015826j:plain

評価:2/5

 

ジャーロンさんで良い

条件を満たす事でパワー+5000されますが、ロイパラには類似効果を持つ《文武の賢者 ジャーロン》が存在し、あちらの方が条件を満たし易いので無理にこのカードを採用する理由は薄いと思います。

 

■総括

ロイパラのG2以下はアドバンテージを確保する効果を持つ優秀なユニットが犇めきあっている為、やや使い難い条件でのパンプ効果を持つこのカードを投入する為のスペースを作るのは難しいと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015841j:plain

評価:3/5

 

■守護者を10000シールドに変換

手札のプロテクト・引/守護トリガーを1000シールドに変換する効果です。

守護制限下・ガード制限下でも使用できるユニークな防御効果ですね。

思考停止で使えれば常に使うような効果ではありませんが、役に立つ優秀な効果だと思います。

 

指定されたカードを破棄して【V】のパワーを直接上昇させているので、今の所あらゆる制限をすり抜ける事ができるのは利点ですね。

《ドラゴニック・ウォーターフォウル》、《決闘龍王 ZANGEKI》の効果中でも守護者を無駄にせずに済むのは偉いと思います。

 

■総括

ユニークな防御効果を持った優秀なG1です。

ラクルのG1は各種メイガスを筆頭に優秀なカードが多いので、このカードをフル投入する程の枠を作るのは難しいですが、デッキに採用される可能性は十分にあるカードだと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015856j:plain

評価:1/5

 

■死に戻り

ガーディアンとしてコールしたこのカードを条件付きで使い回せる効果ですね。

かなり微妙です。

 

使用条件を鑑みるに《大いなる銀狼 ガルモール》のお供と言った立ち位置でしょうか?

或いは《月影の白兎 ペリノア》でバウンスしろと言う事かも知れません。

なにかこの効果を活かせる相方があれば活躍するかも知れませんが、難しいですね。

ガーディアンとして使用し減るはずだった手札が、そのまま盤面に置かれること自体は悪くないと思います。

 

■総括

ユニークな効果を持ったカードですが、使い難いです。

とりあえず「エイゼル」にはこのカードの入る余地はありません。

それ以外の軸であれば或いは入るのかも知れませんが、使用条件が厳しく使い難いカードなので、ほぼ使われないと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015916j:plain

評価:5/5

 

■守護者制限

非常に強いですね。

ぬばたまは《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》のガード制限や《忍竜 ボイドマスター》のインターセプト封じがあるので、そのカードプールに守護者制限が加わるのは非常にいやらしいと思います。汚いなさすが忍者きたない。

 

効果は強力ですが相応のコストは必要なので、機を見て適切なタイミングでぶち込みたいですね。

 

■総括

ぬばたまは比較的早く動く攻撃的なデッキなので、どちらの軸にも無理なく投入できる良いカードだと思います。

 

問題は枠があるかどうかですね。

《忍竜 マガツブレス》《月下の忍鬼 サクラフブキ》《忍妖 オボロカート》《忍竜 ドレッドマスター》と優秀なG1が揃っているので、何処と差し替えるかが難しい所ですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015923j:plain

評価:3/5

 

■前列バインド&後列牽引

幾つか気になる点もありますが、なかなか強力な効果ではないかと思います。

 

なるかみはバインドするカードは豊富にありますが相手のリアガードを前列に引き摺り出すカードに乏しく、デッキ構築に影響していたのでそこの選択肢が増えるのは喜ばしい事です。

バインドによる除去と牽引を同時に行えるうえ、起動効果なので繰り返し使用でき先出しが可能である点は偉いと思います。

 

欠点はやはりCB②と重めのコストですね。

《ロスト・レジェンド》の効果同様に、恒常的に使用できアドバンテージを稼げる効果はCB②で1アド査定のようです。

また、バインドに絡めた自己パンプを持っていない点も少々気になりますね。

なるかみのユニットは優秀な自己パンプ持ちが多く、パワーラインが高かったので、このカードは少々貧弱に見えます。

 

■総括

コストは重いですが恒常的に使用できる優秀な効果を備えたG3ユニットです。

相手のユニットを前列へ牽引する効果を持ったカードはなるかみには何枚か必要なので、繰り返し効果を使用可能なこのカードを投入する事もあると思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015931j:plain

評価:5/5

 

■チャンプアタッカー

SB①を支払う事で単騎24000になるチャンプアタッカーです。

なるかみはアクセルクランの中では飛び抜けてパワーラインが高く、比較的アクセルサークルも増やしやすいクランなのですが、そこに追加でこう言ったカードが来るとさらに詰め性能が上がりますね。

 

欠点は言うまでもなくSB①を必要とする点と、アタック後に自壊する点です。

SB①はなるかみではそこそこに貴重なので、詰め用のコストを意識しておかないとソウルがすぐに枯渇してしまいます。

自壊効果の方はフィニッシャーと割り切って運用すれば、然程気にはなりませんね。

 

■総括

ヴァンガードでは珍しいチャンプアタッカーです。

その性質上、フル投入するようなカードではありませんが、デッキに2枚程度挿しておくと役に立ってくれると思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015942j:plain

評価:3/5

 

■バニッシュデリート

【V】効果とは言え、繰り返し使用できる裏バインド効果はなかなか優秀ですね。

CCが配られるかどうかは分かりませんが、治トリガー等次第で複数回使う事も出来るでしょう。

 

裏バインドを10枚以上必要とするような効果が出たらこのカードでは追いつきませんが、そう言ったものが無ければサブ【V】としてまずまずの性能をしていると思います。

 

■条件付き自己パンプ

バインドでアドバンテージを稼ぎ、それをそのまま自己パンプに転嫁している点は優秀ですね。

パワーも+5000と自動効果の中では高い数値です。

 

さすがにこのカードの効果だけで条件を満たすのは大変ですが、他のカードでサポートを行なえば、自軍ターン中はほぼ常時パワー18000のカードとして振る舞えるでしょう。

 

■総括

バニッシュデリートとそれを活かした自己パンプ効果を持つサブ【V】候補です。

メインとしては少々地味ですが、それなりの性能はしていますね。

 

ただ、《アロマトルバー・ドラゴン》と比較すると、こちらは少々中途半端で使い難い気もします。良くも悪くも他のG3次第ですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015948j:plain

評価:5/5

 

■条件付き15000アタッカー

フォースクランの条件付き自己パンプは数値も大きく、元のパワーが高い事も相まってどれも優秀ですね。

 

普通にブーストするだけでパワー23000ラインを形成できるので使い易い部類のカードだと思います。

条件も自身のリアガードが相手よりも多い場合と、バインドで相手のリアガードを削るリンクジョーカーのクラン特性に合致しており優秀です。

 

■総括

雑な条件で自己パンプを行える《文武の賢者 ジャーロン》とでも言うべきカードです。

リンクジョーカーのG2が余程優秀でない限りは、このカードの居場所もあると思います。

週刊ヴァンガ情報局「決闘龍王 ZANGEKI」「ジャミング・インピーダー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ



今回の情報局公開カードはBT04「最凶!根絶者」収録《決闘龍王 ZANGEKI》《ジャミング・インピーダー》です。

まだ1ヵ月もあるのにVRが公開されるとは思いませんでした。

引っ張るのはリンジョ・シャドパラの役目なので、ここは早々に見せても構わない枠なんでしょうね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219005701j:plain

評価:4/5

 

伊藤君のデザインにしては見られる見た目をしていますね。

イラストレーターのアレンジが良いのでしょうか? 謎です。

 

■アレスター依存自己強化

左右アレスターが居ると永続で自己パンプ&☆+1されます。なかなか強い。

相手ターン中もパワー17000で居られるのは良いですね。

概ね邪魔な《レフト・アレスター》から除去されてしまうでしょうが、永続でパワー+5000もされるのであれば優秀だともいます。

 

固有名称指定をされている「アレスター」はサーチ手段が複数存在する為比較的場に揃えるのが簡単な点も良いですね。

 

ただ「アレスター」が前列に存在している必要があるので、なるかみのバインドやリアガードへのアタックで除去されやすく強化状態を維持し難い点が少々ネックです。

 

■「決闘龍」指定、ガード制限

こちらも優秀ですね。

このカードの再ライドか或いは《決闘龍 ZANBAKU》からの再ライド時に、相手はグレード0以外のカードでガードできなくなる効果です。

 

放送でドクターも回答していましたが、この効果が発動してしまうとイマジナリーギフト プロテクトもグレード0ではないので使用できなくなります。

自身のアタックのみではない点が素晴らしいですね。

デッキの過半数がガード札として使用できなくなる状況は、なかなかに厳しいものがあります。

《決闘龍 ZANBAKU》同様、優秀な制約効果を持ったカードだと思います。

■総括

カードプールが狭く、「マンダラ」軸との折半構成も多くみられたむらくもが、漸く単一軸で組めるようになる貴重な追加枠です。

 

「アレスター」への依存を残しつつ再ライドに対応しているので、《決闘龍 ZANBAKU》で場を荒らし、このカードで詰める感じですね。

「マンダラ」軸には不要なので既存の二軸採用型から「決闘龍」に寄せたい人は使う事になるでしょう。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219012705j:plain

評価:4/5

 

■「アレスター」指定サーチ効果

随分と優秀なカードですね。

SB①を支払うとは言え、アクセルクランでこうも簡単に手札にキーカードを引き込む札が配られるとは思いませんでした。

 

コストを支払い不確定なサーチを行うカードではありますが、条件は【V】をブーストするだけと言うのは破格ですね。

アタックがヒットする必要すらないので、コストに不都合の出ない範囲で積極的に使用しておきたい効果です。

 

■総括

「決闘龍」にとって重要なカードである「アレスター」を手札に引き込める優秀なサーチ効果を持ったカードです。

パワーが削られているわけでもないので、問題なく採用できると思います。

 

ただ【V】をブーストする必要がある為場に並べても役に立たず、このカードが複数枚手札に来てしまうと少々弱いですね。

引き過ぎないよう枚数を削るか、このカードを引けない方が弱いのでそれを避ける為にフル投入するかは少し考える必要があるかも知れません。

ヴァンガード 今日のカード「ヴィジブル・ソングスター」「ブラッシー・バニー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録、ペイルムーンから2枚、《ヴィジブル・ソングスター》 《ブラッシー・バニー》です。
漸くリンクジョーカー以外のカードが見えました。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181218130013j:plain

評価:3/5

 

■リアガードの入れ替え

変った条件で発動するソウルとの入れ替え効果ですね。

ターン1制限がなく、アタックがヒットする必要もないのでループに使い易い部類の効果と言えるでしょう。

グレードも配置場所も制限されていない所にインフレ具合を感じます。

 

ユニットをソウルインしてソウルからコールを行うので、ソウルに適当なアタッカーが存在しない場合も既にアタックしたユニットをソウルに戻し再度コールする事で疑似スタンドできるのはこの手の効果の利点ですね。

 

欠点は2体をソウルに入れ、1体をソウルから出す関係上、リアガードの数が減り続ける点です。

 

■総括

ギフト持ち、パワーも欠けず、クラン特性に沿ったソウルを絡めた連続アタック効果を持ったG3ユニットです。

なかなか優秀なので既存のG3から差し替えても良いかも知れません。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181218130019j:plain

評価:5/5

 

■手札交換&SC②

ああ、これは優秀ですね。

手札が増えないのは残念ですが、条件付きとは言え手札交換とSC②を同時に熟せるのは偉いです。

ペイルは何気にSBも多く、ソウルがカツカツなのでそれを補えるカードは重要です。

 

また手札交換を自身の【V】のグレードに関わらず行える点も良いですね。

ペイルの足回りを補強してくれる良い追加だと思います。


■総括

手札交換とSCを1枚で熟せる優秀なG1です。

《ミッドナイト・バニー》、《スターティング・プレゼンター》辺りの枠と交換しても良いと思います。

ヴァンガード 今日のカード「慢心する根絶者 ギヲ」「速攻する根絶者 ガタリヲ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはTD07『伊吹コウジ』収録、《慢心する根絶者 ギヲ》《速攻する根絶者 ガタリヲ》です。

 

f:id:harvestfiesta:20181217165221j:plain

評価:3/5

 

■G2 バニラ

いつものです。

直接アドバンテージを取れない代わりに、デッキ内のシールド値を底上げする事ができるので守り易くなるのが利点ですね。

 

欠点はパワー10000ではG3の【V】を殴れない点ですが、根絶者が従来通りであればそれも解決できます。

 

■総括

ごく普通のバニラですが、フォースのG2バニラはガード値を上げる方向にスペックを割いている為比較的使い易くカードプールが広がってもある程度採用の余地があります。

 

また根絶者のデリートが従来通りであれば、デリートによってこのカードのパワー不足も解決できる為、他のクランのバニラよりも採用しやすいのではないでしょうか。

 

グレネやぬばたまのようにクラン特性が迷子になってたら知らん。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181217165239j:plain

評価:2/5


■条件付き12000アタッカー

ヴァンガードにアタックする時、パワー+4000され12000アタッカーになる効果です。プロテクト・アクセルの【V】を単騎で殴れるのはなかなか良いと思います。

 

条件のリアガード2枚以下も序盤であれば無理なく満たせるので、後攻時に相手のG2【V】を殴るのに丁度良いですね。

 

デザインを鑑みるにバニッシュデリートで相手のリアガードを削り、このカードで【V】にアタックしろと言う事だと思うのですが…G1にアタッカー効果が付いているのでいまいちですね。

 

■総括

リメイク前を踏襲した自己パンプ付きのG1アタッカーです。

パワーはそれなりに伸びますが、少々使い難いカードですね。

G1を前列に引っ張り出す必要がある程にリソースに乏しいクランでない限りは、採用しないのではないかと思います。