イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード BT05「天馬解放」収録カードリスト


Amazon/駿河屋/あみあみ


80種[新規71種、再録9種]
(VR:5種/RRR:8種/RR:12種/R:17種/C:38種)

VR 1/5
V-BT05/001 孤高の騎士 ガンスロッド
V-BT05/002 
V-BT05/003 
V-BT05/004 
V-BT05/005 

RRR 1/8
V-BT05/006 
V-BT05/007 竪琴の騎士 トリスタン
V-BT05/008 
V-BT05/009 
V-BT05/010 
V-BT05/011 
V-BT05/012 
V-BT05/013 

RR 1/12
V-BT05/014 
V-BT05/015 
V-BT05/016 魂を導くエルフ
V-BT05/017 
V-BT05/018 
V-BT05/019 
V-BT05/020 
V-BT05/021 
V-BT05/022 
V-BT05/023 
V-BT05/024 
V-BT05/025 

R 4/17
V-BT05/026 
V-BT05/027 
V-BT05/028 
V-BT05/029 
V-BT05/030 プラック・エンチャンター
V-BT05/031 フジッリ・メイガス
V-BT05/032 
V-BT05/033 稲葉の白兎
V-BT05/034 
V-BT05/035 
V-BT05/036 
V-BT05/037 
V-BT05/038 
V-BT05/039 
V-BT05/040 送り火の抹消者 カストル
V-BT05/041 
V-BT05/042 

C 4/38
V-BT05/043 
V-BT05/044 
V-BT05/045 
V-BT05/046 
V-BT05/047 奮発の騎士 キュネイルス
V-BT05/048 ばーくがる (FV)
V-BT05/049 
V-BT05/050 
V-BT05/051 
V-BT05/052 
V-BT05/053 
V-BT05/054 
V-BT05/055 
V-BT05/056 
V-BT05/057 
V-BT05/058 
V-BT05/059 
V-BT05/060 
V-BT05/061 
V-BT05/062 
V-BT05/063 
V-BT05/064 
V-BT05/065 
V-BT05/066 
V-BT05/067 
V-BT05/068 
V-BT05/069 神鷹 一拍子 (FV)
V-BT05/070 
V-BT05/071 デザートガンナー ドウラン
V-BT05/072 
V-BT05/073 
V-BT05/074 
V-BT05/075 
V-BT05/076 
V-BT05/077 
V-BT05/078 
V-BT05/079 
V-BT05/080 

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ヴァンガード 今日のカード「送り火の抹消者 カストル」「デザートガンナー ドウラン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT05「天馬解放」収録「送り火の抹消者 カストル」「デザートガンナー ドウラン」です。
カストルとは懐かしいユニットですね。
旧版はデッキの安定に寄与する手札交換でしたが、今回はクラン特性に沿ったカードになったようです。

 

f:id:harvestfiesta:20190619104235j:plain

評価:2/5

 

■登場時、前列バインド&自己パンプ

登場時に手札を捨てる事で、なるかみのクラン特性である前列バインドを行える効果です。

リンクジョーカーが位置を問わず気軽にバインドしていく中、なるかみは何故か未だに前列しかバインドできない劣化特性で戦わなくてはならないんですね。こう言う所にもクラン格差をひしひしと感じます。

 

効果自体は自身の手札1枚と相手の前列ユニット1枚の1:1交換で、他のコストは一切ない為、理屈の上では費用対効果が悪いわけではないのですが、なるかみの手札をそこで切るのは随分と重く感じますね。

これならば旧版同様の手札交換の方が使い勝手が良かったのではないかと思います。

 

一応、手札をドロップゾーンへ送る事ができる為、《ライジング・フェニックス》と相性が良いと言えます。

これならば手札コストとして消費しても痛くないので、効率的ですね。

 

バインドのおまけに自己パンプが付いており、その効果がパワー13000まで上昇し、単騎でフォース相手にも最低限の要求値を出せる点は偉いと思います。

なるかみの自己パンプは数値が大きいものが多く、単騎でフォースを殴れる数値まで容易に上がるので扱い易いですね。

 

■総括

なるかみのG1版バインド要員です。

手札を消費してしまいますが、カウンターコスト、ソウルコストを必要とせずバインドを行えるユニットなので採用の余地はありそうです。

 

然程強くはではありませんが、手札コストのみでバインドを行えるユニットは貴重なので、選択肢としては悪くはありませんね。

 

f:id:harvestfiesta:20190619104242j:plain

評価:1/5

 

■三重苦の果ての1ドロー

これは厳しい査定ですね。

G2パワー8000のこのユニットが前列にいる状態で、[V]が手札コストを支払った時に、SB②を支払って漸く1ドローですか。

 

ドローできるのは嬉しいですが、SB②が非常に重い。

どうせこの1ドローもVRが支払う手札をマイナスからイーブンまで持ち直す程度のものでしょうし、厳しいですね。弾切れだけはシャレにならないから、お前を使う事はないんだよ。

 

■総括

今回のVR《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》が手札コストを要すると言う事だけは読み取れますね。

 

しかし、パワーは低いし、ソウル消費も大きく、恐らく1ドローしても損失を0に戻す程度でしかないので、採用は難しいのではないかと思います。

《デトニクス・ドリルドラゴン》の手札コストのみを見た残念ユニットの可能性もありますが、どちらにせよ採用圏外ですね。

週刊ヴァンガ情報局「孤高の騎士 ガンスロッド」「竪琴の騎士 トリスタン」「プラック・エンチャンター」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはBT05「天馬解放」収録「孤高の騎士 ガンスロッド」「竪琴の騎士 トリスタン」「プラック・エンチャンター」です。
今回はVRの公開が早いですね、良いと思います。
しかし、収録格差が酷いですね。ぬばたま・ゴルパラはここに無理矢理突っ込む意味があったのでしょうか。素直にEBに入れておけば良いのに。

 

f:id:harvestfiesta:20190618222852j:plain

評価:3/5

 

■孤高www

元ブラブレ引換券ですが随分様変わりしましたね。

孤高要素何処にも在りませんよ。沈黙の騎士と言い、二つ名に反したユニットが多いですね。

 

効果の方は《モナークサンクチュアリ・アルフレッド》の一つ目の効果の相互互換、[V/R]対応型の《ブラスター・ブレード》強化です。

 

この効果で《ブラスター・ブレード》が単騎でパワー20000となる為、フォースⅠを置く必要性が減り、気兼ねなくフォースⅡを選択できる所が良いですね。

さらに永続効果で自ターン中の制限も無い為、殴り返しに強い所も助かります。

二つ目の効果の都合上《ブラスター・ブレード》への依存度が高く、《ブラスター・ブレード》が場から消えてしまうとただのバニラに成り下がるので、場の《ブラスター・ブレード》を除去される危険性が低くなる要素は幾つあっても困りません。

 

ヴァンガードサークル増殖

かなりユニークな効果ですね。

まさかリアガードサークルを一時的にヴァンガードサークルとして扱う効果が出るとは。

 

利点は概ね情報局でも説明されていた通り、《ブラスター・ブレード》の[V]効果が発動し☆+1効果を使用できる事。

シングルドライブとは言え、[V]によるアタックである為、アタックすればドライブチェックが発動する事。

[V]状態の《ブラスター・ブレード》にライドする事で本来の[V]は《孤高の騎士 ガンスロッド》のまま、ライドしたユニットの[V]登場時効果を使用できギフトを得られる事です。

 

ドライブチェックによりノーコストで恒常的にアドバンテージを稼ぎつつ、☆+1状態の《ブラスター・ブレード》でアタックできるのはかなり強力ですね。

また、《アルフレッド・アーリー》にライドすれば、ギフトを得つつ《ブラスター・ブレード》を再びソウルからコールし場に維持する動きもできるのも面白いですね。

 

欠点は上下効果共に《ブラスター・ブレード》に依存している為、これ単体では全く機能せず、このユニット自体にはそれをフォローする機能もない点です。

ロイヤルパラディンはドローソースが多く、今回専用サーチまで追加された為、そこまで差し迫った問題ではありませんが、効果が全て固有名称指定である事を加味するとやや使い難いですね。

 

■総括

例によって例の如く、《ブラスター・ブレード》を固有名称指定し、二種の効果共にそれに大きく依存したVRです。

ロイパラはホモを筆頭にそんなのばかりなので今更ですが、相方をサーチする努力を完全に放棄したタイプは珍しいですね。

 

セットで運用できれば恒常的にドライブチェック回数を《ブラスター・ブレード》の分だけ増加でき、パワーラインの増強とアドバンテージの確保を一手に熟せ、なかなか優秀だと思います。

 

ロイパラの他の[V]候補に比べて圧倒的に優秀と言うわけではありませんが、ユニークな効果をしているのでデッキを組みたくなりますね。

 

f:id:harvestfiesta:20190618222900j:plain

評価:4/5

 

■登場時ブラブレ確定サーチ

ヴァンガードでは比較的珍しい、確定サーチ効果です。

固有名称指定ですが《ブラスター・ブレード》はロイヤルパラディンを使用する上で何かと必要になる事が多いので、それを確定でサーチして来れるのであれば悪くはありません。

使用できるタイミングが自身の[V]がG3以上と遅い為、ライド事故回避には使用できない点が残念ですね。

 

■総括

5枚目以降の《ブラスター・ブレード》です。

 

ロイヤルパラディンは《ブラスター・ブレード》への依存度が高いので、確定サーチできるのであればコストを支払ってでも引き込みたい場面もあるでしょう。

 

ロイヤルパラディンのG1帯は激戦区ですし、その特性上4枚フル投入するかどうかは微妙な所ですが、デッキに採用する余地は十分にある優秀なカードだと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190618222908j:plain

評価:5/5

 

■ブラブレ反応CC&SC

これは嬉しい。

《ブラスター・ブレード》の登場時と、それなりに軽い条件でのCCは本当にありがたいですね。

このユニット自体は場に残るので、恒常的に使用できる点も良いですね。

 

唯一パワー7000である点が気になりますが、ロイヤルパラディンはセットで運用してパワーラインを整えるカードが多いのでこのカードが浮いていしまうのも止む無しでしょう。

 

■総括

漸く登場したロイヤルパラディンのCC要員です。

発動条件が《ブラスター・ブレード》の登場時にダメージゾーンに表のカードが無い時とやや特殊ですが、ロイヤルパラディンであれば《ブラスター・ブレード》をコールする手段は幾つもあるので然程発動の機会に困ることはないでしょう。

 

G1ユニットなので差し挟む枠に困りますが、これを採用しないのも勿体ないですからね。

ヴァンガード 今日のカード「稲葉の白兎」「フジッリ・メイガス」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT05「天馬解放」収録「稲葉の白兎」「フジッリ・メイガス」です。
発売直後にサブクランのRRを貶めていくスタイルは流石のブシロード
常軌を逸した異次元の販売戦略ですね。

f:id:harvestfiesta:20190618104101j:plain

評価:4/5

 

■ソウルイン&1ドロー型手札交換

G3の[V]をブーストしたバトルの終了後とタイミングが遅く、コストによるソウルインなのでソウルへ置いてからドローを行うやや弱いタイプの手札交換ですが、十分に優秀ですね。

 

手札のG3をソウルへ置く事ができればオラクルの勝ち筋である《ヴィクトリアス・ディアー》をより安定して起動できるようになりますし、恒久的にソウルを供給できる為《インペリアル・ドーター》等のソウルコストに困窮する場面も減らせそうです。

 

欲を言えば[V]のグレード指定ぐらいは外してくれても良かったのではないかと思いますが、それでも便利なユニットなので許容範囲でしょう。

 

■総括

起動が遅く事故回避には活用できませんが、恒久的に手札をソウルに送りつつ山札を掘り札洗浄を行える優秀なユニットです。

 

中盤以降にしか活躍しない為、4枚フル投入する必要はなさそうですが、デッキに入れても良いと思える程度には便利なカードだと思います。

これがRなのだから、実に謎の査定です。この子、ペイルにも下さい。

 

f:id:harvestfiesta:20190618104107j:plain

評価:4/5

 

■「メイガス」版ダイザウラス

名称指定が付きコストにSBが追加されているとは言え、起動効果になり[V]のパワー指定もなくソウルに消えず[V/R]で同じ効果が使用できるようになっているので、ほぼ上位互換ですね、これ。

VGなのでこのカードがダイザウルスの席を奪う事はありませんが、発売して早々に上位互換が出てしまうとは何とも惨い仕打ちです。相変わらずクレイジーである意味安心しました。

 

「メイガス」のサブ[V]にはトリガー反応で自己パンプを行う《ヘキサゴナル・メイガス》が存在しますが、トップ操作でトリガーを仕込み、ドライブチェックを水増しする事で多重にトリガーを捲り押し潰すのが「メイガス」の基本戦術なので、軽いコストでドライブとパワーを増やせるこのユニットの方が便利ですね。

 

そこまでする意味は薄いですが、その気になれば最大9ドライブにできます。

とは言え、このユニットを4枚も並べるのは現実的ではありませんね。

両サイドに置いて7ドライブで運用するぐらいであれば現実的な範囲なので、そこを目指したいですね。非常に面白そうです。

 

■総括

「メイガス」軸の新たなサブ[V]です。

R枠にしては異常に優秀で、何故かきちんとギフトもあり、パワーも減らず、効果を[V/R]で使用できるので最悪ライドしてもそのままの性能で扱えます。

兎以上に謎の査定ですね。一体何なのでしょう。

 

ドライブを増加する効果を持つ為、「メイガス」軸であれば《ヘキサゴナル・メイガス》に優先して採用して良いユニットだと思います。

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ヴァンガード 今日のカード「魂を導くエルフ」「奮発の騎士 キュネイルス」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

今日のカードはBT05「天馬解放」収録「魂を導くエルフ」「奮発の騎士 キュネイルス」です。

エルフは兎も角、男の方は何でそんな格好しているんですかね。

服装も酷いけれど、フレーバーも相変わらず酷い。
世界観も物語も垣間見る事の出来ないフレーバーになんの価値があるのか。

f:id:harvestfiesta:20190617104436j:plain

評価:2/5

 

■守護者メタ

相手が切った守護者に反応してアドバンテージを稼ぐ効果ですが…いまいちですね。

 

ドローできること自体は嬉しいですが、守護者そのものをどうにかできるわけでもなく、ロイヤルパラディンがこの効果にCBを支払う余裕があるとも思えませんし、然程弱くはありませんがこれでRRは厳しいです。

 

■総括

相手の守護者を牽制する効果を持った対プロテクトクラン用のカードです。

 

しかし、根本的な解決にはなりませんし、CBコストも必要になる為使い難いですね。

ロイヤルパラディンは潤沢なカードプールがあり優秀なカードが犇めきあっているので、わざわざこのカードを差し挟む隙間も必要も感じません。

書いてあること自体は悪くはないので、産まれてくる先を間違えてしまいましたね。

 

そもそもフォースクランがプロテクト相手に安定して優位に戦えるようでは、何の為のギフト固定制なのか解らないので、安易なメタカードを与えるような軽率な真似は慎んで欲しいものですね。

こんな真似をするのであれば、最初から基礎値は横並びでギフトはPLが選択する形にすれば良かったのです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190617104443j:plain

評価:2/5

 

■雑パンプ

非常に緩い条件でパワーが+10000もされる効果は悪くはありませんね。

 

こちらも書いてある事自体はそれなりに優秀だと思います。

そしてエルフ同様生まれが悪いですね。

他所の不遇クランであればワンチャンあったかも知れませんが、ロイパラには居場所はなさそうです。

 

■総括

雑な条件で高いパンプ値を得られるアタッカー兼ブースターですが、ロイヤルパラディンにはこのカードを採用するような余分な枠はありません。

ソウルを消費する点も地味に使い難いですし、採用される事はほぼ無いでしょう。

 

「天馬解放」の公開は今回で2回目ですが、初回のFV2枚よりもある意味酷いですね。収録5クランなのにRRR8種、RR12種。今回のエルフがRRの3番目とか、もうね。

ヴァンガード 今日のカード「神鷹 一拍子」「ばーくがる」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT05「天馬解放」収録「神鷹 一拍子」「ばーくがる」です。
新弾の紹介に入った最初の更新、それも数日更新が止まる直前の金曜日にFV互換を公開する高度な宣伝戦略は、流石に常人は理解できませんね。
誰もがやらない、考えたとしても実行に移さないような事を平然と行うその姿勢、いつかプラス方向に向くと良いですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190614104013j:plain

評価:-/5

■いつもの

懐かしいカードですね。

効果も昔を踏襲していれば単体で見せる意味も多少はあったのでしょうが、これでは何の意味もありません。

 

いい加減にして欲しいものです。

 

■総括

いつもの枠潰しです。

 

新規71種と謳っておきながら、実際にはこうして毎回バニラ互換・トリガーに枠を圧迫され、数字とはかけ離れたボリュームの無さ、プレイバリューの低さを見せつけてくれるのですから、その創造性の無さには脱帽します。

 

この弾だけを買ってデッキを組む場合には必須になるので完全な無駄ではありませんが、少なくとも公開カードには適しませんね。

 

f:id:harvestfiesta:20190614104018j:plain

評価:-/5

■いつもの

こちらもいつもの互換です。

元禁止カードの面影は欠片も在りませんね。

 

そもそも、ロイパラは何でいるも犬から始めるんです?

僕の分身とか言っているのだから、ブラブレ抒情詩的に騎士を志し、叙勲され、ブラブレを継承しと言う感じでグレードを上げていけば良かったのでは?

 

■総括

思い入れが無い事もありませんが、こんなものを二枚並べて公開されて、どう盛り上がれと?

ヴァンガード EB08 「My Glorious Justice(マイ グロリアス ジャスティス)」収録カードリスト


Amazon/駿河屋/あみあみ


63種[新規55種、再録8種]
(VR:3種/RRR:6種/RR:9種/R:15種/C:30種)

VR 3/3
V-EB08/001 超次元ロボ ダイライナー
V-EB08/002 氷獄の死霊術師 コキュートス
V-EB08/003 蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム

RRR 6/6
V-EB08/004 プラチナム・エース
V-EB08/005 マジカルポリス・キルト
V-EB08/006 グリード・シェイド
V-EB08/007 細波のバンシー
V-EB08/008 コーラル・アサルト
V-EB08/009 ホイール・アサルト

RR 9/9
V-EB08/010 超次元ロボ ダイザウラス
V-EB08/011 爆音超獣 オーディオン
V-EB08/012 グローリー・メーカー
V-EB08/013 剣豪 ナイトストーム
V-EB08/014 ストームライド・ゴーストシップ
V-EB08/015 吟遊死人 アルフィオ
V-EB08/016 ハイドロハリケーン・ドラゴン
V-EB08/017 大義の蒼翼 ファウロス
V-EB08/018 ストームライダー ニコロス

R 12/15
V-EB08/019 戦闘団長 グレギオ
V-EB08/020 クイックヒーロー アクティブマスク
V-EB08/021 星王大使 ギンガード
V-EB08/022 熱源怪獣 ジェネレーザ
V-EB08/023  バトルヒロイン エノーラ(G1 手札交換守護者)
V-EB08/024 海底魔獣 スケアディック
V-EB08/025 スケルトンの狙撃兵
V-EB08/026 ドラゴンスピリット
V-EB08/027 お化けのどるふ (G1 手札交換守護者)
V-EB08/028 お化けのぱっと
V-EB08/029 白波の水将 フィロガトス
V-EB08/030 頑迷の蒼翼 シメオン
V-EB08/031 共鳴の蒼翼 マクシオス
V-EB08/032 信念の蒼翼 バジリア
V-EB08/033 ブルーウォード・コマンド(G1 手札交換守護者)


C 8/30
V-EB08/034 謀略団長 セクシリア
V-EB08/035 猛毒怪獣 ダクギリー
V-EB08/036 ライトニング・ソーサー
V-EB08/037 掘削怪獣 モグドルラ
V-EB08/038 オペレーターガール ハルカ
V-EB08/039 リトルヒーロー・ドラコキッド(FV)
V-EB08/040 次元ロボ ダイバトルス(☆)
V-EB08/041 次元ロボ ダイレーサー(☆)
V-EB08/042 アーミー・ペンギン(引)
V-EB08/043 次元ロボ ゴーレスキュー(治)
V-EB08/044 キング・テンタクル
V-EB08/045 キッキング・フランガル
V-EB08/046 パンチング・フラングル
V-EB08/047 夜警海賊 ニルデ
V-EB08/048 スケルトンの抜刀兵
V-EB08/049 キャプテン・ナイトキッド(FV)
V-EB08/050 荒海のバンシー(☆)
V-EB08/051 ナイトスピリット(☆)
V-EB08/052 操船海賊 パオロ(引)
V-EB08/053 お化けのりっく(治)
V-EB08/054 ブレブボンバー・ドラゴン
V-EB08/055 メタルカット・セイラー
V-EB08/056 カーム・アサルト
V-EB08/057 共感の蒼翼 マカリオス
V-EB08/058 戦場の歌姫 ヘスパー
V-EB08/059 ブローバブル・ドラコキッド(FV)
V-EB08/060 蒼嵐水将 デスピナ(☆)
V-EB08/061 輝石通信のラッコ兵(引)
V-EB08/062 索敵するカモメ兵(前)
V-EB08/063 虹色秘薬の医療士官(治)


 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ヴァンガード 今日のカード「忍竜 リグルバイター」「フォールンダイブ・イーグル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードは「スペシャルファイトパック vol.5」収録「忍竜 リグルバイター」「フォールンダイブ・イーグル」です。
この効果でG2、パワー5000ですか。面白いですね。

f:id:harvestfiesta:20190613120522j:plain

 

評価:2/5

 

■[V]と同名が存在する時、自己パンプ

[R]に[V]と同名のユニットが存在する時、パワー+4000されてパワー12000のユニットとなる効果です。

 

う~ん…悪くはありませんが「マンダラ」サポートの一種としてみると、類似ユニットが既に複数存在するので、このユニットである必要性が少ないですね。

底上げできるラインが一つになった代わりにパワーの上がった《静寂の忍鬼 シジママル》と言う感じです。

 

■総括

分身に反応する自己パンプを持ったブースト要員です。

[R]に[V]と同名のユニットをばら撒く「マンダラ」では、複数枚のユニットを対象にできる同名ユニットをパンプする効果の方が優先度が高い為、[R]に1体しか増えない分身サポートなのかも知れません。

 

悪くはありませんが、今の所むらくもでこのユニットを採用するようなデッキは思い当たりませんね。

 

f:id:harvestfiesta:20190613120529j:plain


評価:3/5

■完全ガード型インターセプト

相手の[R]限定ですが、インターセプトを行った場合、ヒットされない効果を付与できる点は強力ですね。

 

《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》等、インターセプトを封じる効果は、そこそこ見かけるので過信はできませんが便利な効果だと思います。

除去効果を持たないクランに対しては、有効に働くのではないでしょうか。

 

欠点はインターセプトした時なので、完全に見えている防御札でしかない所ですね。

パワーも低いので、インターセプトを行い効果を使う前にこのユニットを殴られて除去される場面も多そうです。

 

■パワー5000

《髑髏の魔女 ネヴァン》に対応するパワー5000は、利点であり欠点ですね。

 

効果の都合上、場に置いておかなくてはならないこのユニットのパワーが5000と極端に低く、パンプ効果を持たない為まともにアタックする事すら困難です。

低パワーで殴り返しに弱い点もネックですし、このユニットにライドしてしまったら目も当てられません。

 

サーチに対応している為1~2枚採用しておけば必要な時に場に出せますが、それを加味しても取り回しは悪いですね。

 

■総括

《髑髏の魔女 ネヴァン》対応のガード札です。

相手の[R]限定ですが、完全ガードになれるので、そこそこに有用ではないかと思います。

 

シャドウパラディンには、既にパワー5000の選択肢が幾つかあり、デッキ内にこれ以上低パワーのユニットを増やしたくはないので悩み処ですが、一考の価値のあるカードです。

 

ヴァンガード 今日のカード「クラウドランサー グモリス」「忍竜 アンテンブランド」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードは「スペシャルファイトパック vol.5」収録「クラウドランサー グモリス」「忍竜 アンテンブランド」です。
イラスト、効果共に、結構良いですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190612111212j:plain

 

評価:2/5

 

■ブラブレ過労死

登場時に、ドロップゾーンのG2をデッキトップorデッキボトムに戻す効果&自己パンプですね。

主に《ブラスター・ブレード》を戻す事になるでしょう。

 

《ブラスター・ブレード》を戻す事ができれば、《騎士王 アルフレッド》が「ないよ、ブラブレないよぉ!!」と叫ぶ羽目にならずに済みますし

そこからSCを行えば無理矢理《エクスカルペイト・ザ・ブラスター》に繋げられますね。

 

かなり迂遠ですが《ミスリルの召喚術士》を絡めれば、盤面に足りない「ブラスター」を揃えやすくなるので《メサイアニック・ロード・ブラスター》軸でも活かせるかもしれません。

 

■総括

登場時にドロップゾーンからG2を回収しつつ自己パンプができるG1ユニットです。

 

そこそこ便利な効果を持っていますが、カードプールが広く優秀なユニットの犇めくロイヤルパラディンの追加と言う点がこのカードのネックです。

弱いカードだとは思いませんが、ではこのカードを入れるスペースのある軸が何処にあるのかと考えると、何処にもないのではないかなと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190612111219j:plain


評価:5/5

 

■実質ノーコストパワー10000&バウンス

かなり優秀なユニットですね。

普通に使っても事実上、ノーコストでパワー10000のブースト要員です。

バウンスしたカードでガードされてしまう可能性もありますが、それを加味しても十分な働きです。

 

さらに《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》と併用すればバウンスしたカードでガードされる心配もありません。これは強い。

自己レスト後に効果でスタンドする為、事実上ノーコストで毎ターン使用できる点が良いですね。

 

次回の追加でバウンス反応が増えてくれれば、このカードの価値も上がろうと言うものです。

 

■総括

プロモパックから必須級のカードが出るのは全く歓迎できませんが、残念ながら出てしまいました。

 

《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》軸であれば必須、《隠密魔竜 マガツストーム》軸でも一考の価値が有りそうです。

週刊ヴァンガ情報局 「ハイドロハリケーン・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはEB08「My Glorious Justice」収録「ハイドロハリケーン・ドラゴン」です。
残りは全て蒼翼でも枠が足りないのに、コレですか。

f:id:harvestfiesta:20190612104111j:plain


評価:3/5

 

■登場時除去効果

[V/R]で使用でき、配置・グレードを問わず自由に1枚焼けるのは、なかなか便利ですね。

万能除去なのでコストのCB①も妥当と思います。

 

効果自体はコストパフォーマンスも良く文句はありませんが、このカードの登場時効果にCBを消費する程、アクアフォースにはCBの余裕がないので現状のアクアフォースにはあまり合っていませんね。

登場時効果なので、コンスタントに除去を行い盤面をコントロールするには、このカードを定期的に引いて展開しなくてはならない所もアクアフォースには合いません。

 

■1回目のアタック時+10000

[V]限定ですが、ノーコストのパンプ効果の中では破格の上昇値ですね。

アクセルは[V]裏にブースト要員を置けない事も多いので、単騎でフォース[V]を殴れる数値までパワーが上がる効果はなかなか便利です。

 

ただ、アクアフォースの1回目のアタックは可能な限り《潮騒の水将 アルゴス》へ回したいので、そう言った意味では現状のアクアフォースとはいまいち噛み合いませんね。

 

■総括

アクアフォースのギフト持ちG3枠です。

二つの効果を持ちますが、どちらもそれ単体で見れば優秀ですが、微妙にアクアフォースとの噛み合いが悪く、いまいち魅力に欠けます。

 

アタック回数とアタック順が重要なアクアフォースでは、《潮騒の水将 アルゴス》のアタックを捨ててまで単発高火力のアタックを行いたいとは思えないので、1回目のアタックを譲りたくはありませんし

CBが攻撃回数にほぼ直結する為、登場時除去効果にCBを割くのもあまり歓迎できません。

 

サブ[V]として採用できなくはありませんが、積極的に採用したいかと問われると微妙なカードですね。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ヴァンガード 今日のカード「吟遊死人 アルフィオ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB08「My Glorious Justice」収録「吟遊死人 アルフィオ」です。
名前とイラストは嫌いではありません。

f:id:harvestfiesta:20190611104327j:plain


評価:2/5

 

■手札から登場時CC&SC

領域指定の為、グランブルーの特性であるドロップゾーンから蘇生を行う事での使い回しが出来ず

ドロップゾーンの枚数制限があり、最悪、登場時に使用も出来ず

手札を1枚コストとして消費し、さらにパワーも7000と少々低い。

CC/SCは嬉しいですが、これは流石に使い勝手が悪いですね。

グランブルーの蘇生効果をかなり警戒しているのが解ります。

 

使い難い効果ですが、コスト回復はそこそこに便利なので悪くはありませんね。

グランブルーの登場時効果持ちユニットが何処から登場しても効果を使用できるようでは、簡単に使い回しが出来てしまうので領域指定はある程度納得できます。

その気になればグランブルーには《グリード・シェイド》があるので、領域制限も一手間かければ解決できます。

 

ドロップ枚数指定は少々邪魔ですが、序盤からコスト回復が必要になる事は稀有でしょうし、その条件もドロップ10枚以上とグランブルーの中では最も軽く、序盤以外であればいつでも使用できそうなので、コスト回復を必要とするタイミングには概ね使用可能でしょう。

 

手札コストもコール制限の為、手札に来てしまうと処理の方法が限られる《ストームライド・ゴーストシップ》を処理できる貴重な手段になりえます。

 

 

■総括

グランブルーのコスト回復要員である為、かなり警戒されたテキストにされてしまった悲しいユニットです。

 

それなりに優秀ですし、個々の欠点もある程度はフォローの利くものですが、やはり使い難さは拭えませんね。

さすがにこのテキストでは《ダンシング・カットラス》の方が使い易いので、SCがどうしても必要なデッキ以外は、そちらを使った方が良いと思います。

幸い《氷獄の死霊術師 コキュートス》はソウルを消費しませんし、このカードの出番は少ないでしょう。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

騎士竜戦隊リュウソウジャ― 第13話「総理大臣はリュウソウ族!?」感想

f:id:harvestfiesta:20190318120849j:plain

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ストーリー

今回は割とすんなりと楽しめる内容で良かったです。

その代わりちょっと薄いかなと言う気はしますが、兄弟のマスターの話や、ガイソーグ、マイナソーの設定開示などがあったので、こんなものではないかなと思います。

 

特にマイナソーの自然発生は、以前、ドルイドンはマイナソーを生み出す術を得て地球へ戻って来たと説明された時に感じていた、「では、古代に発生していたマイナソーは何処から来たのか?」と言う疑問を解消してくれました。

 

・今週のワイズルーとクレオ

いつもこういう感じの場所にいるから、今度は森や林を避けて地下駐車場に拠点を移すようです。

敵の幹部はいつも何処とも知れぬ場所に拠点を構えているものなので、こうして徘徊しているのは新鮮ですね。

アジトみたいなの、無いの?

 

ワイズルーはワイズルーで地下駐車場にゴンドラやミラーボールを求め、急に踊り出したくなったらどうするとか言い出すし、今週はマイナソーを作ってすらいないので何なら映る必要すらなかったのにミニコンとやっている所がホント好き。

 

つい本音が出てしまうのだから、もっと悪辣で口も思考も最悪なのかと思っていましたが、クレオンは思ったより口も性格も悪くないようです。

面従腹背で程野心に溢れていると言う事もなく、上司が頭ハッピーセットで困る程度の心情なので、ただの苦労人ですね。

 

次回から新幹部が加入するようですが、まさかワイズルーは予告で何ら触れられることもなく死んでしまうのでしょうか?

そろそろ任期がタンクジョー様に並んだので、入替の時期なのかも知れませんが、出来ればこのまま生きていて欲しいものです。

 

・本音のきついカップ

脚本家?スタッフ?誰の差配下は知りませんが、嫌な思い出でもあるんですか?

これ子供向け番組ですよ、もう少しオブラートに包もう?

 

これ見ていたお子さんが、親御さんに意味を聞いたらどうするの。返答に困ってしまいますよ。

 

・唐突なスヌーピー

バンバがカードゲームをやるような印象も、スヌーピーが好きな印象もないので、唐突に「配られたカードで~」とか言われてもキャラに合わないので困ります。

 

ああ言う気取った言い回しは、不器用なバンバのキャラではないと思います。

 

・ティラ&ディメ本音ビームコント

新しく拾ったペットに嫉妬する前から飼ってるペットと、常人には理解し難い理由で唐突に火を噴くヤベェ奴のコントは良かったです。

ディメボルケーノが構ってちゃんなのは初回から語られていましたし、ティラミーゴが拗ねたのを未だに引っ張っていると言う天丼も悪くないと思います。

こんな流れで合体するとか非常に格好悪いですが、和解しているし一回ぐらいは良いのではなかろうかと思います。

 

ついでにディメボルケーノ登場時の「汝に問う」「そんな時間はない!」のやり取りも、扱い雑で気に入りました。

やればやる程カッコよさが下がって行くのが問題ですが、こう言うやり取りは定期的に見たいです。

 

・I wanna die

納得はできますし、総理と会話したバンバ・トワ以外には解き難い問題ですが、バンバの知性と洞察力をアピールするのはもう良いと思います。

 

それよりも、毎回毎回、知恵も知識も活かせず、仲間と和解する勇気も持てないメルトにもっと優しいお話を作って下さい。

メルトの株を下げ続ける必要が何処にあると言うのか。

 

・バンバ・トワのマスター

言われてみれば確かに居ても不思議はないのですが、彼らにもマスターが居たんですね。それが突如失踪したから、最初期の二人は人を遠ざけるようなスタンスのキャラだったのかな。

バンバ役の岸田さんが御声も渋く演技が巧いので、こう言う悲壮感がありつつも希望を見出そうとしている、強がっているシーンが映えますね。

もう一波乱欲しくなります。

 

アクション

やはり幹部にマイナソーを巨大化する能力が無いのは失敗だったと思います。

 

毎回マイナソーが巨大化するまで倒す事ができないので、スーツのアクションは患部を倒せる時以外には敗北・失敗以外に道がありませ。

1回2回ならいざ知らず、毎回毎回、負けたり出し抜かれて逃げられる様は、とてもカッコいいものではありません。

それを解消する為にも新幹部には巨大化能力を持たせて欲しいものです。

 

今回もビームと拘束技にあっさり嵌り失敗して巨大化を許して、ノルマのロボ戦へと入るいつもの流れでダメダメです。

ロボが一人乗りで残りのメンツは見ているだけなのもいただけない。

 

 

次回から追加戦士が出るようなので、暫くはスーツもロボもそちらがメインになりそうですね。

仮面ライダーローグのような、鰐の口を活かしたメカデザインは割と好きです。

動いているシーンにも期待しています。

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー 変身銃 DXモサチェンジャー

騎士竜戦隊リュウソウジャー 変身銃 DXモサチェンジャー

 
騎士竜戦隊リュウソウジャー DXモサブレード

騎士竜戦隊リュウソウジャー DXモサブレード

 

 

ヴァンガード 今日のカード「プラチナム・エース」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB08「My Glorious Justice」収録「プラチナム・エース」です。


f:id:harvestfiesta:20190610163641j:plain


評価:5/5

 

■[V]時、パワー15000

自軍ターン中のみとは言え、ノーコストで単騎15000になれるのは良いですね。

 

後列に8000ブーストを付ければパワーラインが23000に届き、後攻時にもダメージトリガーをケアした打点を出せますし、先行時もアタックの圧力が増します。

 

 

■G2版《マスクドポリスリーダー シルバード》

ソウルは消費してしまいますが、パンプ値の大きくなった《マスクドポリスリーダー シルバード》ですね。

これは良いですね。ディメンジョンポリスの薄い[R]にも漸く使える札が配られました。

 

効果を使えば単騎20000となるので、それだけで最低限の要求値をだせますし、後列に8000ブーストを置けば合計パワー28000となり、手札消費を1枚に置留めようとするなら治トリガーを消費しなくてはなりません。

☆が増えている為ただでさえスルーし難いのに、高い要求値を伴って行える所が良いですね。

 

ディメンジョンポリスなので、フォースは[V]に振る事が多いでしょうが、このユニットに振って☆3にするのも面白そうです。

 

欠点は[V]のパワーを起動条件とするディメンジョンポリスにあって、[V]強化を伴う効果を持たない点です。

このカードの二つ目の効果が優秀なので、[V]とこのカードのみで完結しない点は、少々扱い難いですね。

ディメンジョンポリスはリソースが薄いので、別途パンプ要員も必要になるのは見た目以上に取り回しが悪いです。

 

またコストがSBである点もあまり歓迎できませんね。

ディメンジョンポリスはSCが得意な方ではありませんし、ソウルの主な消費先に《超次元ロボ ダイライナー》が存在する為、アタック毎にこのユニットでソウルを消費する余裕はなさそうです。

 

■総括

G2版《マスクドポリスリーダー シルバード》です。

 

ディメンジョンポリスの[R]は碌なカードが無いので、特に悩む事もなくこのカードを投入できると思います。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ヴァンガード 今日のカード「ホイール・アサルト」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB08「My Glorious Justice」収録「ホイール・アサルト」です。
蒼翼は?バカじゃないの。


f:id:harvestfiesta:20190607104341j:plain


評価:5/5

 

■ノーコスト連続アタック

ブースト後に[R]の位置を入れ替える事で連続攻撃を行う、旧アクアフォースに近い効果です。

従来の位置交換では何の痛痒も与える事の出来ない空アタックを繰り返すしかありませんでしたが、今はアクセルサークルがあるのでアタックを無駄にする必要が無く、ノーコストで交換を行える点が優秀ですね。

アクアフォースの位置交換ユニットは《トライデント・シューター 》が既に存在していましたが、あちらとは雲泥の差です。

 

アクセルⅠに置いたユニットであれば最悪トリガーでも最低限の要求値は出せますし、パンプ値の減ったアクセルⅡに置いた場合でもパワー8000あれば最低限の要求値は捻出できます。

アタック順やアタック回数が重要なアクフォにとっては嬉しい追加ですね。

 

■ライド時1ドロー&展開

こちらはライドされた時、CBを支払う事で手札を減らさずに展開できる効果ですね。

G2ライド時にCB①を支払って展開を行うのは少々重いですが、デッキを掘り進められますし可能な限り使用したい便利な効果ですね。良いと思います。

 

グレード制限が無い為、手札にありさえすればG3以上のユニットを展開する事も出来ますね。

アクアフォースには、あまり[R]に置きたいG3は居ませんが、柔軟性があってよいと思います。

 

■総括

ノーコストでの連続アタックとライドされた時にアドバンテージ確保を行える優秀なG1ユニットです。

 

アクアフォースのG1帯はこれと言うカードが無いので、このカードを入れるスペースは然程無理無く用意できると思います。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ヴァンガード 今日のカード「バルバリ・ビレール」「金翼の呪姫 ローディア」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードは「スペシャルファイトパック vol.5」収録「バルバリ・ビレール」「金翼の呪姫 ローディア」です。
強い弱いは別にして、クラン特性に沿ったカードなので、前回のバトルシスターよりはマシですね。

f:id:harvestfiesta:20190606113648j:plain

 

評価:1/5

 

■1:1交換、前列バインド

名前とフレーバーが酷いですね。

いつもの中二病満載のフレーバーとは別方向の酷さで、嫌いではないです。

 

効果の方はSBを支払ったうえでの自身と相手をバインドする1:1交換なので、弱いですね。

このカードをSBして使用するとか、先駆付FVなら、もう少し評価できました。

 

なるかみの自軍バインドは珍しい気がしますが、何か意味があるのでしょうか。

ヴァンガードなので恐らく何ら意味のない、このカードに限った自軍バインドだと思いますが、年一回しかない強化で急に自軍バインドを持ち出して来られても困ります。

このカードが特殊な事例と言う事にして下さい。是非そうであって欲しいものです。

 

■総括

なるかみの追加ですが、G0なのでスタートからしてかなり微妙ですね。

効果の方もSBを支払って行う1:1交換なので、然程強力ではありません。

 

まぁ収集の面倒なPRが無暗に高騰するのは歓迎できませんし、この程度で十分ではないかと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190606113654j:plain


評価:3/5

■ソウル依存、永続パンプ

面白いカードですね。

パワーが低くシールド値が10000もあるのでG1なのかと思いましたが、G2ユニットでなんですね。

シールド値の高いG2ユニットは《仮面の王 ダンタリアン》との相性が良いので、それだけで多少の価値が有ります。

 

素のパワーは5000と低いですが、このカードに素乗りしてもソウル2枚はあるので最低でもパワー7000。

ダークイレギュラーズであれば、ソウルが5枚・10枚ある事も間々ある為、パワー10000以上になれる機会も多そうです。

シールド値が高い所を加味すればなかなか優秀ではないでしょうか。

 

しかし、ブシロードなのでこのシールド値はしれっと誤植だったと言う事にされ、5000に戻されてしまう気もしますね。

 

■総括

ユニークなダクイレのG2です。

永続でパワーが上がる為、初期のパワーの低さはあまり気になりませんし、シールド値が高いので《仮面の王 ダンタリアン》との相性が良さそうです。

必須級ではありませんが優秀なので、パワー・シールドにエラッタがかからなければ持って置きたいカードですね。