イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードを1点~5点の5段階で評価しています。

バミューダ特別大会用 バミューダ△デッキレシピ


Amazon/駿河屋/あみあみ




■G3(7枚)
フルフルアピール ファルル ×4
淑やかな願い事 アミィ ×3

■G2(11枚)
甘美なる愛 リーゼロッテ ×4
コンシールドビター エネス ×4
義理の装い リルム ×3

■G1(15枚)
一世一代の告白 アウロラ ×4
包み込む心 リリー ×4
最高の自信作 イザベラ ×4
無邪気な博愛 ラーティ ×3

■G0(17枚)
純朴な贈り物 アリーチェ ×1
あなたに届け パーシュ ×4
恋への憧れ リーナ ×4
ジョイフルアラカルト イルマ ×4
手作りの愛情 エレナ ×4

 

 

バミューダ特別大会用のデッキです。

TDのみと言う狭いプールなので、どうしても構築が似通ったものになってしまいますね。

バミューダは打点とドローに秀でたクランなので、G3を減らしシールド値の高いG2バニラとG1を多めに採用した形にしています。

 

■各種採用理由
〇G3
《フルフルアピール ファルル 》はドローとパンプを両立でき、このデッキでは余りがちなCBの消費先として有用なので4投。
G1守護者を投入する必要があった為、《淑やかな願い事 アミィ》は枠を1つ譲り3枚投入に留めています。

〇G2
まずノーコストでリソースを稼げる《甘美なる愛 リーゼロッテ》は4枚確定。
残りはパワー9000の《コンシールドビター エネス》とバニラの《義理の装い リルム》なので、ドローを優先して《コンシールドビター エネス》を4枚、アタッカー兼シールド値の確保に《義理の装い リルム》を3枚投入しています。

〇G1
G1守護者の《包み込む心 リリー》は、このカードの為に枠を空けたので4枚確定。
《最高の自信作 イザベラ》もパワーは低いですが、合計パワー+10000のパンプ効果を持ち、さらにソウルをドローに変換できる便利なカードなので次点で4枚。
あとは《無邪気な博愛 ラーティ》か《一世一代の告白 アウロラ》のどちらを削るかなのですが、【V/R】で使用可能な手札交換が優秀な《一世一代の告白 アウロラ》を優先しました。

〇G0
プロモでFVの「カラフル・パストラーレ」版が配られましたが、アニメイラストそのままだったので不採用です。
藤間絵なら悩む楽しみもあったのに、残念です。
こう言うところで手を抜くのが信じられません。


ヴァンガード 今日のカード「ドラゴニック・バーンアウト」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB06「救世の光 破滅の理」収録 「ドラゴニック・バーンアウト」です。今日からEB06のカードも紹介するのは知っていましたが、なにこれ。
バミューダも一緒に紹介しろよ。発売日までに全カードで尽くすなら先出しすれば良いだけだろう。ホント、使えねぇな。

 

f:id:harvestfiesta:20190215103319j:plain


評価:3/5

 

■ドロップゾーンからカードを戻し1体除去

かげろうお得意の除去効果ですね。

1コスト=1アドバンテージを保ちつつ、起動効果で恒常的に使用可能な点は偉いと思います。パワーも欠けていませんし、コストでドロップゾーンのカードを要求される為やや使い難いですが許容範囲でしょう。

 

たた、かげろうのカードでは珍しく、パンプ効果を伴わない単純除去効果なので、相手のリアガードを除去した後に単騎で殴りに行けない点はやや気になりますね。

 

このカードはコストが、かげろうには珍しいドロップゾーンのカードを山札に戻すと言うものなので、同弾でグレード2以上のカード、恐らくはグレード3のカードを捨てて効果を使用するペルソナブラストに似た効果でも出す気なんでしょうね。

 

■総括

繰り返し使用できコスト相応の除去効果を搭載したG2ユニットです。

コストとしてドロップゾーンのカードを戻す必要があるので、やや使い難いですが、それなりに優秀だと思います。

ドロップゾーンのカードを戻すコストが重要な役割を果たす可能性があるので、このカード単体では平均的なスペックのG2ユニットに留まりますが、他のカード次第では足回りを補助する役目を兼ねる重要なカードに化けそうです。

ヴァンガードch「魔竜導師 キンナラ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ



今回の公式ch公開カードはEB06「救世の光 破滅の理」収録 「魔竜導師 キンナラ」です。
C枠とは言え、先のカードがこうして早めに公開されるのは良い事ですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190214231353j:plain


評価:3/5

 

■アクセル絶対殺すマン

ブシロード一押しのフォースクラン、その内の一つであるかげろうが、やられ役のノヴァグラップラーや、その他アクセルクラン如きに負ける事は許されないと言う事ですね。非常に解り易いです。

 

効果の方は仮にフル展開していてもアクセルクラン以外に使う場合は、2:2交換にしかならないので便利ではありますが、然程強くはありませんね。

とは言え、等価交換なのでコスト相応の仕事は果たせますし、パワーも8000あるのでブースト要員としても過不足なく仕事はします。

 

ただ十全に機能する相手はやはりギフトでサークルを増やし盤面を埋めるアクセルクラン相手でしょう。

特にサークルを増やしそれを埋めるられるだけのリソースを持つ、むらくも・ゴールドパラディン・グレートネイチャー辺りには刺さりそうですね。

それ以外のアクセルはリソースが非常に薄いので、何処も撃たれたらそのまま負けてしまいそうではあります。

 

 

逆に効果が薄そうなのはリソースが豊富な、ロイパラ・オラクル・ネオネク・エンフェ

リアガードをあまり展開しないor場に残らない、かげろう・スパイク・ぬばたま

退却効果に強い、グランブルー・たちかぜ

この辺りには撃つ意味が薄い事も間々ありそうです。

 

■総括

かげろうの対アクセル用のカードですが、アクセル以外のクランも使われればそれなりに痛いので相手が盤面を埋めるタイプのデッキであれば、ある程度は刺さりそうです。

 

そこそこ優秀なカードですが、かげろうは元々アクセルに強く、CBも貴重なので、わざわざこのカードを採用して迎え撃つ仮想敵が思い浮かびません。

ヴァンガード 今日のカード「華麗な舞姫 プラッハ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB05「Primary Melody」収録 「華麗な舞姫 プラッハ」です。
キャラ設定を完全に尻尾が邪魔していますね。足生える設定があるのだから、無理に人魚指定する必要もないのに。

f:id:harvestfiesta:20190214103401j:plain


評価:2/5

 

■条件付き12000

手札5枚以上でパワー+5000され、パワー12000まで上がるので状況如何では前衛もこなせるブースト要員ですね。

まぁ便利と言えば便利だと思います。

 

永続かつ手札枚数が条件なので、その気になれば相手ターン中もパワー12000を維持できなくはないですね。

フォース[V]以外は単騎で殴れるので累計パワーは1000足りませんが、上昇値としてはこんなものだと思います。

 

欠点は並べて、パンプして、殴るだけのバミューダに緊急時に前衛もこなせるパワー7000のユニットが必要とは思えない点。

現状のバミューダのリソースで手札5枚を維持し続けるのは《カラフル・パストラーレ セレナ》を加味しても安定しない点です。

 

■総括

永続パンプ持ちで必要に応じて前にも出られるG1ユニットです。

便利な効果ではありますが、バミューダはパンプ効果が豊富と言うか、ほぼそれしかないのでパワー+5000をするだけなら他に幾らでも居ます。

その中でも維持に気を使うこのカードをわざわざ投入する理由は然程多くないと思います。

ヴァンガード トライアルデッキ第8弾「Schokolade Melody(ショコラーデ メロディ)」収録カードリスト

 


Amazon/駿河屋/あみあみ
続きを読む

ヴァンガード 今日のカード「セルフマネージメント ララテッセ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB05「Primary Melody」収録 「セルフマネージメント ララテッセ」です。生放送以外で高レアは一切見せる気が無いのかな。


f:id:harvestfiesta:20190213134113j:plain


評価:3/5

 

■自己退却型CC

ヴァンガードをブーストした時、ダメージゾーンに表のカードが無い場合、自己退却を行いCCなので査定は厳しいですが貴重なCC要員ですね。

 

この手のカードがあるとないとでは大違いですが、一回使い切りのCC要員の中では使い難い部類です。[V]裏限定なら自己退却はなくても良かったのではなかろうか。

惜しいです。

 

■総括

貴重なCC要員です。

使い勝手は悪いですが、クランによってはCCは配られない事もあるので、まぁあるだけマシだとは思います。

週刊ヴァンガ情報局「カラフル・パストラーレ セレナ」「カラフル・パストラーレ フィナ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

 


今回の情報局公開カードはEB05「Primary Melody」収録 「カラフル・パストラーレ セレナ」「カラフル・パストラーレ フィナ」です。
せっかくゲストを呼んで対戦させるのでラバ、もう少し公開カードを増やしてほぼTDの状態を脱したデッキを組んであげれば良いのに。つまらん。

PRカードもアニメ版イラスト仕様のFVとか言う誰も得しないクズだし、阿保を通り越し狂気の域です。あんな糞みたいなイラストのカード貰って誰が喜ぶと言うのか。

直視したらSAN値チェックが必要なカードとか配るなよ。

 

f:id:harvestfiesta:20190212235352j:plain

 

評価:5/5

 

■『旋律』ヒット時1ドロー

『旋律』持ちのユニット全てが[V]ヒット時1ドロー効果を持つようになります。

かなりえげつない効果ですね。このカードが場に1枚あるだけで、手札が効果上限値の5枚を下回る事はほぼ無くなります。

 

ヒット時効果とは言え、ノーコストで手札を増やせる点は非常に優秀ですね。

他のクランではこうはいきません。

 

一応この効果も他の『旋律』同様重複可能なので、2体並べれば2ドローできるようになりますが、この効果で手札は5枚以上には増えませんし並べる程ではありませんね。

 

■『旋律』持ちをドロップゾーンから回収

二つ目の効果には、なんだかグランブルーのような効果を持ってきましたね。

便利ではありますがCB③とコストが重く、【V】効果なのであまり使う機会は多くないと思います。

 

一つ目の効果が無から有を生み出す強力な効果だったので、こちらはCB①=1アドバンテージの原理原則に則った素直な効果ですね。

 

■総括

『旋律』、【V】効果共に手札補充に特化したユニットですね。

非常に優秀なカードだと思います。

 

ただ優秀ではありますが、『旋律』は他のユニットに比べると並べる意味が薄く、【V】効果はコストの重いドロップ利用効果なので常に必要ではない為、デッキのメインとして活躍させにくいカードですね。

効果は優秀なので採用はしたいのですが、デッキへ投入する枚数は抑え目でも良いと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190212235402j:plain


評価:5/5

■『旋律』インターセプト付与

通算4種目の『旋律』ですが、これが一番ヤバいと思います。

特に『旋律』である点が非常にヤバいです。

2体並べばシールド値20000、3体で30000と、重複してシールド値が増えていく点が非常に強力です。

 

《死魔公爵 バアル》とは何だったのか。

あの条件でたった5000のシールド値、二つ目の能力も微妙だった《死魔公爵 バアル》に比べると雲泥の差ですね。

 

同弾の《夢中な瞬間 イナスタ》、《悠然たる前進 ストラシカ》の互換と言えなくもないですが、このカードがそれらの存在意義を奪っている気がしてなりません。

 

G3を増やすとシールド値の目減りと、ライド事故率の増加が気に掛かるのですが、その内シールド値に関しては、G3を増やした方が増えるまである強力な効果ですね。

 

■グレード詐称の次はヒット詐称

年齢だったり身長だったり交際の有無や結婚・離婚歴・枕営業など、アイドルに詐称はつきものですからね。それを表現した効果なのでしょう。

 

このカードは、当たってないものを当たったと言い張ります。当たり屋です。

 

この効果の特に優秀な点はターン持続である所です。

並べた『旋律』ユニット全てがヒットの有無にかかわらずドロー効果を発動できる為、先に紹介された《カラフル・パストラーレ セレナ》との相性が非常に良い効果ですね。

 

その他のヒット時効果は今の所《お世話を焼きたいの! トーリア》の手札交換ぐらいなので、《カラフル・パストラーレ セレナ》以外との組み合わせはあまりおいしくありません。

『旋律』的にも、もう一人ぐらい「カラフル・パストラーレ」にヒット時効果持ちが欲しい所です。

 

■総括

耐久値に振った『旋律』ユニットです。

この効果のお陰で、デッキ内の『旋律』の比重を増やせば増やす程、シールド値が増え守り易いデッキになります。

 

また《カラフル・パストラーレ セレナ》とのセット運用前提ですが、【V】効果での疑似ヒット効果によって手札の補充も得意な所も優秀ですね。

 

このカード単体ではアドバンテージは稼げませんが、しっかりと守りつつ周りのカードでアドバンテージを稼ぎ有利にゲームを運んでいける良いカードだと思います。

ヴァンガード 今日のカード「ウエルカムシング ウヴリ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB05「Primary Melody」収録 「ウエルカムシング ウヴリ」です。
3日ぶりだと言うのに、またC以下のどうでも良い枠1枚のみですね。

f:id:harvestfiesta:20190212103428j:plain

 

評価:2/5

 

■条件付き15000アタッカー

能力でのコール限定ですが、リアガードをコールするだけでパワー+5000され、15000のユニットとして扱えるのは便利ですね。

後に8000ブーストを置けば合計パワー23000になるので、1枚で防ごうとするとトリガーでの防御を選択しなくてはなりません。

 

一応、このターンにあなたの能力でとあるので、相手ターン中にコールできるのであれば耐久値もそこそこにあると言えますが望み薄でしょうね。

 

■総括

パンプ値が高く、悪いカードではないと思いますが、現状見えているカードではこのカードの効果を発動できるカードに乏しく使い難いですね。

パワー+5000するだけであれば他のカードでも行えるので、あまりこのカードに拘る必要がありません。