イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 「Twinkle Melody」収録カードリスト


Amazon/駿河屋


全50種[新規44種+再録6種]
(LIR:1種/VR:4種/RRR:7種/RR:8種/R:13種/C:17種)

 

 LIR 1/1

V-EB15/001 学園の綺羅星 オリヴィア

 

VR 4/4

V-EB15/002 スター on ステージ プロン
V-EB15/003 みんなが大好き ルピナ
V-EB15/004 パーフェクトパフォーマンス アンジュ
V-EB15/005 PR♥ISM‐I ヴェール

 

RRR 6/7

V-EB15/006 ガーリッシュアイドル リリクル
V-EB15/007 Chouchou 初舞台 ティルア
V-EB15/008 愛すべき妹 メーア
V-EB15/009 透き通る魅力 セレディ
V-EB15/010 ベルベットボイス レインディア
V-EB15/011 トップアイドル アクア
V-EB15/012 

 

RR 7/8

V-EB15/013 望まれし律動 ヴィエッラ
V-EB15/014 PR♥ISM‐I ローザ
V-EB15/015 支える恩愛 ラーエル
V-EB15/016 スポーティーアイドル イネス
V-EB15/017 PR♥ISM‐I クリア
V-EB15/018 マーメイドアイドル エリー
V-EB15/019 大切なフレーズ レイナ
V-EB15/020 

 

R 12/13

V-EB15/021 
V-EB15/022 マルチプルシャイン ミラーダ
V-EB15/023 唯一無二の色香 ダグニィ
V-EB15/024 愛あるご奉仕 マクシーネ
V-EB15/025 満たされる夢想 ペトラ
V-EB15/026 虹色の欠片 ウラニー
V-EB15/027 グリーフルモード タビア
V-EB15/028 清閑の音律 カティヤ
V-EB15/029 ダイレクトスクァート エルシェ
V-EB15/030 プルーデントブルー ミープ
V-EB15/031 フレッシャーズイノベート ロザリンダ
V-EB15/032 朗らか笑顔 ヘルガ
V-EB15/033 夢に漂う星雲

 

C 12/7

V-EB15/034 納得の選択 ベアータ
V-EB15/035 狂い咲く薔薇 ファライナ
V-EB15/036 艶めく独創 ゲアリンデ
V-EB15/037 目指すは完璧 レレンカ
V-EB15/038 ささやく細波 ミリッタ
V-EB15/039 透き通る魅力 セレディ
V-EB15/040 エレクトリックエッセンス システィコ
V-EB15/041 
V-EB15/042 ハートフレグランス リーシェ
V-EB15/043 
V-EB15/044 凜々しき瞬き ラトカ
V-EB15/045 バミューダ△候補生 シズク
V-EB15/046 
V-EB15/047 
V-EB15/048 
V-EB15/049 深紅の驚喜 フェイル
V-EB15/050 泡立つ激励 ピピレア

 

 

 

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ヴァンガード 「望まれし律動 ヴィエッラ」「朗らか笑顔 ヘルガ」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「望まれし律動 ヴィエッラ」「朗らか笑顔 ヘルガ」です。

 

f:id:harvestfiesta:20201204105402j:plain

評価:4/5

■1:1交換蘇生&『ブースト』付与&『抵抗』付与

【起】【《V》/《R》】【ターン1回】:あなたのヴァンガードが「トップアイドル パシフィカ」か「望まれし律動 ヴィエッラ」なら、【コスト】[CB①、他のリアガードを1枚山札の下に置く]ことで、あなたのドロップゾーンからノーマルユニットを1枚まで《R》にコールする。あなたのリアガードをすべて選び、次の相手のターン終了時まで、『ブースト』を与え、それらは相手のカードの能力では選ばれない。

 

効果てんこ盛りですね。

ドロップゾーンから任意のユニットを釣り上げることができるので、「トップアイドル パシフィカ」以外にも「リファインドポイザー ウルシュラ」「クラウニングパートナー アバンネ」等の各種サポートに繋げることで各種領域のパシフィカへとアクセスできる点が良いですね。

数を揃える必要があるので、間接的にでもアクセス手段が増えるのは大歓迎です。

 

さらに《R》すべてに『抵抗』と『ブースト』を付与できます。

静閑なる情熱 ソルダ」とは違い、《R》すべてが対象となる点が良いですね。

この効果のお陰で「パシフィカ」軸のネックだった除去効果への耐性を得られるのがとても偉いです。

折角揃えたパシフィカ&ソルダを削ぎ落されて無能に戻るのが最もつらい瞬間ですからね、助かります。

 

そして、もう一つのネックだった「静閑なる情熱 ソルダ」が居ないとブーストに困る点も同時に解決してくれます。

類似効果を含んでいるので、G1帯のスペースを圧縮できるのが良いですね。

構築の幅が広がります。

 

ただ名称が残念ですね。

めっちゃ望まれた効果を引っ提げてはいるのですが、パシフィカ名称を持たず、パシフィカ扱いにもならないのでそうだけどそうじゃない、絶妙に物足りなさを感じます。

そんなバランス調整が必要なほど強いテーマでは無かろうに。

どんなバランサー積んでるの?

 

■総括

効果一つに盛りに盛ったパシフィカサポートです。

 

ちょっとテキストが長くて気になります。

一部を永続効果に分離して解り易くしても良かったのではないかな。

 

ともあれ、効果は優秀ですね。

「パシフィカ」軸の弱点だった《R》パシフィカを除去される点と、「静閑なる情熱 ソルダ」なしではブースト要員に困る点をカバーできるのは非常に助かります。

蘇生効果もドロップゾーンの「トップアイドル パシフィカ」自身や、ドロップ以外の領域へアクセス可能な「リファインドポイザー ウルシュラ」「クラウニングパートナー アバンネ」に触る機会を増やせるのでパシフィカを並べる一助になりますね。

G1帯の圧縮にもなりますし、良いと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20201204105410j:plain

評価:3/5

■「メーアの贈り物」公開で自己パンプ

【永】【《R》】:このターンにあなたが「メーアの贈り物」を手札から公開しているなら、このユニットのパワー+5000。

 

「メーア」軸であれば自然に満たせる条件でのパンプ効果ですね。

数値も大きめで単騎13000まで膨らみますし、使いやすくて良いと思います。

効果②でガード強要力もあるので、パンプは相性が良いですね。

 

■《V》ヒット時1ドロー

【自】【《R》】:アタックかブーストしたアタックがヴァンガードにヒットした時、【コスト】[CB①]することで、1枚引く。

 

CB①で1枚ドローする単純なアド取り効果ですね。

効果①でパワーを確保できますし、アタックかブーストしたアタックと前後列どちらでも使用可能なので扱い易くて良いと思います。

 

《V》ヒット時と相手依存で不確実なドロー効果ですが、相手がガードに手札を割いてくれるのであればそれはそれで得ですし、悪くありませんね。

 

■総括

扱い易い自己パンプとヒット時1ドローを備えたユニットです。

 

自然と満たせる条件でパワーが+5000され、そのパワーを活かしてヒット時効果を狙うシンプルで合理的なデザインのカードですね。

CB効率が著しく良いわけではないので矢鱈に強いとは言いませんが、何気にバミューダのG1帯には使いやすいドロー効果効果持ちがいなかったので、パンプを無視してもある程度存在価値があると思います。

 

 

ヴァンガード 「支える恩愛 ラーエル」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「支える恩愛 ラーエル」です。 

ナーフされたリヴィエールだけではなく、コーラルにまで。

では、パシフィカもこの枠にサポートがありそうですね。

 

f:id:harvestfiesta:20201203103955j:plain

評価:4/5

■SC&条件付きドロー

【自】【《V》/《R》】:登場時、【コスト】[CB①]することで、SC③。「コーラル」を含むカードがSCされたら、1枚引く。

 

ダクイレに欲しくなるハイスペックSC要員ですね。

 

カウンターコストこそ必要ですが、領域指定のない【《V》/《R》】効果でSC③を行えるのはかなり助かります。

「コーラル」を吸い込んだ場合にドローできる追加効果も良いですね。

コストは嵩みますが、「オーロラスター コーラル」の効果でバウンスし、効果を使い回しても強そうです。

 

欠点は最大で一度に4枚もの山札を削ってしまう点でしょうか。

 

■CC&《R》すべてに『ブースト』付与

【起】【《R》】【ターン1回】:「コーラル」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、【コスト】[SB②]することで、CC①し、あなたのリアガードをすべて選び、そのターン中、『ブースト』を与える。

 

こちらも便利ですね。

これでブーストなしで殴るような事態に陥らずに済みます。

《R》すべてに『ブースト』を撒けるので、このカード自身や余った「シャイニースター コーラル」で★2になった「コーラル」のパワーラインを引き上げられます。

★2かつ高火力で殴れるので、「魅了の粧飾 ピャオリャン」でのガード制限も捗りますね。

コストもSB②と丁度良い数値ですし、何故かCCまでできてしまうのですからとても偉いですね。

 

起動効果である点も評価できます。

毎ターン使用できるので、このカードがあれば「オーロラスター コーラル」のコストに困ることはぐっと減りそうです。

 

■総括

RR枠のコーラルサポートです。

 

大量SCと条件付きドロー、ソウルを吐き出しつつ行えるCC&『ブースト』付与。

どちらも便利ですね。

SCの性能が良いので、ひょっとしたら効果②と追加効果を無視して他の軸に出張することもあるかも知れません。

 

欲を言えば「オーロラスター コーラル」の効果で手札に戻した時に、パンプ効果が発動するよう、このカードの名称を「アモンの眷族」のうように「コーラル●●」として欲しかったです。

 

 

ヴァンガード 「スポーティーアイドル イネス」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「スポーティーアイドル イネス」です。

RRのサポート枠とか、貰えるんですね。

 

f:id:harvestfiesta:20201202104024j:plain

評価:4/5 

■「リヴィエール」サーチ

【自】【《V》/《R》】:登場時、【コスト】[CB①]することで、あなたの山札から、あなたのヴァンガードと同じグレードの「リヴィエール」を含むカードを1枚まで探し、公開して手札に加え、山札をシャッフルする。

 

「リヴィエール」は手札にスペリオルライド先を握りこむ必要のあるので、確定サーチが来るのは嬉しいですね。

【《V》/《R》】で使用でき、自身の《V》と同じGの「リヴィエール」を持って来ることができるため、このカードにライドした場合にもG2「リヴィエール」をサーチできますし、ライド事故さえ起こさなければ何に乗ってもG3「リヴィエール」へアクセスが可能になります。

 

G2帯の確定サーチは既に「From CP キャロ」が存在しますが、あちらとは違い《V》に柔軟性があるのが良いですね。

《V》を他に据えてもサーチできるのは「From CP キャロ」には無い利点です。

 

■二者パンプ

【起】【《R》】【ターン1回】:【コスト】[「リヴィエール」を含むカードをSB①]することで、このターン中、「リヴィエール」を含むあなたのユニット1枚とこのユニットのパワー+10000。

 

こちらもなかなか便利ですね。

コストが指定ソウルブラストと重めなのがネックですが、2枚のパワーを+10000できるのは大きいです。

スーパーアイドル リヴィエール」をパンプして自己スタンド時のパワー不足をフォローするのに丁度良い効果ですね。

或いは「スーパーアイドル リヴィエール」の効果でスペコした「マーメイドアイドル リヴィエール」をパンプしても良いですし、コスト管理にさえ気を付ければ使いやすそうです。

 

■総括

サーチ効果とパンプ効果を備えた専用サポートです。

 

G2・G3の「リヴィエール」へ容易にアクセス可能になるサーチ効果が良いですね。

スペライギミックを使用しやすくなりますし、自己スタンドを行えるG2リヴィエールを握れるのも強いです。

 

パンプ効果もコストこそ制限が厳しく重めですが、G1~G3のいずれに使用しても良いので扱い易いです。

From CP キャロ」と役割が被りますが、パンプ効果が優秀なので総合的にはこちらの方が良いかなと思います。

 

 

ヴァンガード 「みんなが大好き ルピナ」「唯一無二の色香 ダグニィ」「フレッシャーズイノベート ロザリンダ」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「みんなが大好き ルピナ」「唯一無二の色香 ダグニィ」「フレッシャーズイノベート ロザリンダ」です。

 みんながお前を好きなのか、お前がみんなを好きなのか、どちらでしょう。

 

f:id:harvestfiesta:20201202081732j:plain

評価:4/5

■スペコ&不正受給

【起】【《V》】【ターン1回】:【コスト】[SB②]することで、あなたの山札を上から7枚見て、ノーマルユニットを1枚まで《R》にコールし、山札をシャッフルする。コールしたら、イマジナリーギフト・フォースをそのユニットのいる《R》に置く。

 

類稀なる才覚 ラウラ」や「艶めく独創 ゲアリンデ」のようなデッキトップからのスペコ効果に、ギフトの不正取得がセットで付いてくる効果ですね。

 

起動効果なので恒常的に使用できる点、確認できる枚数が7枚と多めな点が良いですね。

一発ツモとはいかずとも、このスペックであれば「唯一無二の色香 ダグニィ」「フレッシャーズイノベート ロザリンダ」をスペコするのも然程難しくはないでしょう。

SB②消費で1アド取りつつギフトまで得られるのですから、優秀ですね。

 

取得するギフトは《R》に別けて振るのであればフォースⅡをばら撒きたくなりますが、パワーラインがやや物足りませんし、後列にも置く事を考えるとフォースⅠの方が安定しそうです。

「唯一無二の色香 ダグニィ」を採用するのであれば、尚更に。

 

■《R》スタンド

【自】【《V》】:アタックした時、【コスト】[CB①]することで、あなたのフォース・マーカーがあるサークルのリアガードをすべて【スタンド】する。

 

フォースお得意のスタンド効果ですね。

条件がギフト・マーカーのあるサークルなので、先行ライド時から効果①と併せて2体スタンド可能です。

再ライドを絡めれば4面スタンドできるのは良いですね。

《R》がブースト付きで4回殴れます。

条件が少々特殊だからか、相手《V》がG3以上や、ソウルにG3のような制約がなく、先行G3ライド時から使用していける点もGood.

 

専用サポートの「唯一無二の色香 ダグニィ」「フレッシャーズイノベート ロザリンダ」を起こすのは勿論、「パールシスターズ ペルラ」「パールシスターズ ペルル」を起こすのも楽しそうです。

 

■総括

ハイランダー用にも使用できるそうな新機軸のメインですね。

 

スペコとフォースの不正受給がセットになった起動効果で下準備を整え、連パンする動きはなかなか面白いですね。

4面スタンドになればパワーは必要十分でしょうし、専用サポートを置ければ《V》の性能も保証されるので悪くはありません。

 

専用構築、ハイランダー構築、どちらにも適性があってよいと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20201202081740j:plain

評価:3/5

■ルピナを★2化

【永】【《R》】:あなたのターン中、このユニットのサークルにフォース・マーカーがあるなら、あなたの《V》の「みんなが大好き ルピナ」の元々の★は2になる。

 

固有名称指定のフォースⅡですね。

《V》が★2になるのは悪くはないと思います。

 

ただ元々の★が2になるので、このカードを複数枚置いて条件を満たしても★2以上になりません。

フォースⅡとの併用もできないので、やはりフォースⅠの方が相性が良さそうに見えます。

ロザリンダにフォースを置かない状態でこちらの効果だけが出ると、《V》が少々貧弱なのも気にかかります。

 

★2以上になれない点はまだ良いとして、《R》の★を増やせる機能が欲しかったです。

 

■登場時SC

【自】【《V》/《R》】:登場時、SC①。あなたの、《V》か《R》に「みんなが大好き ルピナ」か「フレッシャーズイノベート ロザリンダ」がいるなら、さらに【SC①】。

 

ごく普通の登場時SC効果ですね。

シャイニースター コーラル」のように特定のユニットが場に居ればSC②になる点が偉いですね。

ルピナの効果①でソウルコストを必要とするので、それを一手で賄える効果はありがたいです。

領域指定がないので、ルピナの効果でコールされた際にもきちんとSCを行える点も偉いです。

 

■総括

ルピナ専用サポーターです。

 

《R》スタンド条件を満たすと自然にルピナの★が増えるデザインはなかなか良いですね。

SCも多くの場合、SC②を行え、ルピナのコストを帳消しにできます。

反面自己強化がなく、《R》スタンドの対象としては少々心許ない点が気にかかりますが、便利である事は間違いありません。

 


f:id:harvestfiesta:20201202081718j:plain

評価:4/5

■ルピナをパンプ

【永】【《R》】:あなたのターン中、このユニットのサークルにフォース・マーカーがあるなら。あなたの《V》の「みんなが大好き ルピナ」のパワー+10000。

 

このユニットにフォースを置くと、ルピナのパワーが+10000される効果ですね。

緩い条件でパワーが10000も上がるのは、自己強化を持たずパワーに不安のあるルピナにとっては便利ですね。

《R》スタンドの為にフォースを置くだけで条件を満たせ、重複もするのでこのカードを複数並べて条件を満たせばその分だけルピナのパワーも上がります。

《V》にフォースを張る余裕はないでしょうし、かなり便利ですね。

 

■サーチ

【自】【《V》/《R》】:登場時、【コスト】[SB①]することで、あなたの山札を上から5枚見て、「みんなが大好き ルピナ」か「唯一無二の色香 ダグニィ」を1枚まで公開して手札に加え、山札をシャッフルする。

 

この手のサーチの中ではなかなか優秀な部類ですね。

【《V》/《R》】で使用でき、領域指定がなく、確認できる枚数が5枚とそれなりにあり、対象が2種存在するので成功率も比較的高く、補給の容易なSB①のみで1アド取れる点が良いです。

7枚見られないのは残念ですが、まぁこんなものでしょう。

 

【《V》/《R》】効果なのでライド時にもきちんと使用できますし、領域指定のない登場時効果なので、ダグニィ同様にルピナの効果でコールされても問題なく効果を発揮できる点が偉いですね。

 

■総括

ルピナサポートG1版」です。

 

定番のサーチ効果と、ルピナの火力不足を補う《V》パンプ効果を持っていて便利ですね。特にパンプ効果はフォースを《V》に振り難いルピナにとっては貴重な効果だと思います。

 

 

 

ヴァンガード 「清閑の音律 カティヤ」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「清閑の音律 カティヤ」です。

こんな感じの娘、プリキュアで見たことある気がする。

 

f:id:harvestfiesta:20201201110054j:plain

評価:3/5 

■バウンス反応自己パンプ

【永】【《R》】:あなたのターン中、このターンにいずれかのリアガードが手札に戻されているなら、このユニットのパワー+5000。

 

いずれかのカードがバウンスされることでパワー+5000される自己パンプですね。

強化値がティルアの1/3なのでパンプに必要な枚数も1/3です。

永続効果なので後出ししてもパンプされるところが偉いですね。

アンジュ、ティルアと相性が良いですし、この条件で単騎13000になれるのであれば悪くないと思います。

 

■縦列バウンス

【自】【《R》】:アタック化ブーストしたバトル終了時、「ティルア」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、【コスト】[SB①]することで、このユニットと同じ楯列に居るあなたのリアガードをすべて手札に戻す。

 

自身を含む、縦列の自分のユニットをバウンスする効果ですね。

《V》裏に置かない限りは2枚バウンスできるので、「ティルア」のスタンド効果にリーチをかけられます。

残り1枚は「トップアイドル アクア」を出すのが手軽でしょうか?

コストも軽いですし、「ティルア」軸で再ライドに失敗した際のフォローとしては悪くはないと思います。

副次的にシールドを戻す役目も終えますし、まずまずでしょう。

 

ただタイミングがイマイチですね。

この条件では自身のパンプと噛合わないので《V》指定にソウルコストまでついている割には、然程でもない印象です。

 

■総括

バウンス条件の自己パンプと「ティルア」用のバウンス効果を持ったサポーターです。

 

緩い条件で単騎13000になれるのは便利で良いですね。

効果②とは違い《V》指定もないので、バウンス主体の軸であればどこでも活かせます。

バウンス効果の方は《V》指定も付いて完全に「ティルア」用ですね。

再ライド前提のデザインで若干使い難かったので、こうしてサポートが出ること自体は歓迎できます。

 

 

仮面ライダーセイバー 第12章「約束の、あの場所で。」感想

 

 

ストーリー

芽衣さん、ご高説を垂れる

言っていることは正しい。

言っていることは正しいのですが、不用意に危険地帯に乗り込み幾度も周りに迷惑をかけ、人から鍵を預けられた直後に家探しを始めた人間に言われているかと思うと、素直に聞くことができません。

 

発言の内容とそれを発した人間の人格とは、切り離して考えるべきだと思っているのですが、心と言うものはままならないもので、どうしても「お前がそれを言うのか」と思ってしまいます。

先週まで迷惑なサブキャラでしかなかったので、尚更です。

 

先週までとはあまりにも性格が違い過ぎるのですが、このキャラは本当に芽衣なのだろうか?

瓜二つの別人、或いは自分を芽衣だと信じ切っているスワンプマンや哲学的ゾンビか何かなのではなかろうか。

 

■尾上さん

芽衣を諫め、賢人を気遣う所が良いですね。

賢人に懐いている蓮くんをフォローに回している所も良い先達と言う感じがします。

初回登場時の屑っぷりが噓のようです。

 

ただ、ほぼ確実に罠であろうと判っている所に、本当に全く何も考えず無策で突っ込むのは如何なものかと。

脳筋此処に極まれりですね。

周りが浮足立っている所に、場を纏めて方針を決め、行動に移させるのは良いのですが、考えなしに過ぎます。

 

15年前と同じ状況なのであれば、調べれば何某かの情報が得られそうなものですが、何故誰も調べようとしないのだろう。

そもそも、それを想起する人間が一人もいないというのが解りません。

飛羽真・蓮の二人は兎も角、大捧寺さんか尾上さんは既知の状況であってもおかしくはないでしょう。

せめて同時並行で調査に専念する要員、いないんですか?

 

■メギド

ゴブリンを特定の剣士に倒させるという相手任せな作戦はまだ良いとして、既にノルマを果たした蓮くんへの足止めが一切ないのは、どういう事なの?

 

飛羽真の足止めに二人も幹部出している場合ではありませんよ?

人手不足なのですから、一人一体受け持たなきゃ。

倫太郎を誘き出すにしても過剰戦力でしょう。

或いはデザストを使ってあげて下さい。

一度蓮くんに負けているけれど、頑張れるはずなんです。

 

■思い...出した!

飛羽真くんさぁ…。

ホント、飛羽真くんさぁ…。

 

それで良いのであれば、最初に出会った時に賢人に自分の過去の話を聞くべきだったのでは?

記憶喪失にはなったことがないので解りませんが、自身が失った過去について執着が薄すぎませんか?

普通はこうなのだろうか。

ここ数話の諸々は飛羽真がきちんと過去と向き合っていれば、拗れることのない事柄だったように思います。

 

■あの時助けた少年

知り合いじゃなかったんですか!?

 

てっきり幼い飛羽真とカリバーは元師弟なのかと思っていたのですが、違ったんですね。

飛羽真がロゴスと関わり合いのない一般人なのであれば、飛羽真は普通のホモサピエンスなのでしょうか?

普通ではないホモサピエンスとは一体?

ロゴスの面々は所謂異世界人的なもので、普通ではないホモサピエンスか、そもそもホモサピエンスではない何かだとばかり思っていたのですが、一気に解らなくなりました。

 

ロゴスに所属する保護者通しの繋がりから賢人の幼馴染なんだとばかり。

 

■倫太郎

好感度がストップ高

ベッドで断片的に聞かされた話からの的確なムーブ。

有能過ぎる。

 

今回もセリフが良いですね。

お前、そう言う所だぞ。

 

■賢人

う、う~ん…。

 

情緒不安定になり、勝手に孤立し、身勝手にメッセージだけを残して退場してしまった。

ジャオウカリバーの強さを演出する為の嚙ませにしても酷過ぎる。

 

本当にこれで退場なんでしょうか。

あまりにも扱いが酷い

こんな雑な退場はあまりに不遇なので何とか生きていて欲しいのですが、エスパーダの強化フォーム用玩具が見当たりません…。

 

 

 

魔進戦隊キラメイジャー 第33話「巨獣パニック大激突!」感想

 

ストーリー

■ブリーフィング

駒が可愛い。

真剣な内容でシリアスな空気なのに、ちょっとなごみますね。

 

■私はいつも君と共に在る

それができるのであれば、通信機能は別に必要ないのでは?

充留君からはその状態になれないのでしょうか?

謎です。

 

充留君側からオラディン王へとアクセスできないとしても、オラディン王側が常に充留君の意思と状況を把握しているのであれば、やはり通信の必要はなさそうですが、「いつも君と共に在る(誇張表現)」と言う事ですかね。

 

■こいつの命もないよ

鞭で?

その鞭でどうやって?

 

敵を目の前にして、暢気に首でも絞めるのでしょうか?

不利な状況ではありますが、あの状況から即座にどうこうできるわけではないので、普通にヨドンナに攻撃すればそれで良かった気がします。

 

■ヨドンナの笑い

良い。

凄く良いですよ。

 

全く心が籠っていない無機質な笑いが実に不気味で良いですね。

ヨドンナの役者さんは最初からお上手でしたが、ますます上手くなっているように感じます。

 

■意識を宝石に宿せる

その間本体が凄い事になっていましたが、大丈夫なんでしょうか?

あの光を浴びたくないから拮抗状態を保っていたんだと思うのですが、違ったのかな。

 

横やりを入れれば良いのであれば、ハコブーがガルザに攻撃すれば良かったのではないかと思います。

ハコブーはあの時何をやっていたのでしょう?

洗脳状態でサスペンド

 

アクション

■巨大戦&乱戦の同時進行

凄い迫力でした。

充留君、為朝の背後に巨神3体が並ぶことで、通常の巨大戦以上にそのスケールの違いが強調され、ロボの迫力が増していましたし、べチャットとの乱戦の最中にロボ戦で飛び散る火花が舞い、弾き飛ばされた刀が突き刺さり瓦礫が巻き上げられ、流れ弾で敵も味方も吹き飛ばされてと、終始圧倒されてしまいました。

素晴らしかったです。

 

最初に見た時にはそんな近くで戦ったら危ないのでは?と思ったのですが、危ないのが良いんですね!

この演出の為に邪面獣の付近にべチャットを布陣させていたのかと納得しました。

 

■グー・チョキ・パー

解り易くて微笑ましい。

ほっこりしますね。

こう言うの好きです。

 

ただキングエクスプレスの攻撃は、最初のジェーットストリーム時点で盾役に受け止められていたはずなので、出だしから失敗しているのではなかろうかと。

そもグレイトフルフェニックスは飛べますし、キングエクスプレスもスピードがあるので真正面からぶつからずに迂回すれば良いだけの話なのでは?

 

 

 

ヴァンガード 「Chouchou 初舞台 ティルア」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「Chouchou 初舞台 ティルア」です。

ティルアまでいるとは、狭い枠内に随分詰め込まれていますね。

 

f:id:harvestfiesta:20201130110726j:plain

 評価:4/5

■《V》限自己パンプ

【自】【《V》】:登場時、いずれかの《R》のノーマルユニットを望む枚数選び、手札に戻す。3枚以上戻したら、ターン中、このユニットのパワー+15000。

 

登場時に行えるバウンス効果と、一定枚数手札に還す事で発動する自己パンプ効果ですね。

 

対象がいずれかの《R》のノーマルユニットと広く、バウンス対象に困ることは殆ど無さそうですね。

相手の除去が激しく自陣のユニットが残らない場合でも、相手のユニットは戻せるでしょうし、使うだけならば何とでもなりそうです。

相手の《R》を還して得することはあまりなさそうですが、自身の《R》をバウンスしてcip効果を再利用しつつ自己パンプを目指せるのは便利だと思います。

甘美なる愛 リーゼロッテ」を戻したくなります。

 

パンプ値も楽な条件の割にはパワー+15000と大きく、効果②の自己スタンドとも嚙み合っていますね。

 

■自己スタンド

【自】【《V》/《R》】【ターン1回】:アタックしたバトル終了時、このターンいずれかのリアガードが3枚以上、手札に戻されているなら【コスト】[CB①、手札を1枚捨てる]ことで、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-1。

 

【《V》/《R》】で使用可能な自己スタンド効果は良いですね。

「パーフェクトパフォーマンス アンジュ」の効果で他の《R》を戻せば《R》でも条件を満たせますし、自陣バウンスを行うことで手札コストを賄え、さらにアンジュの効果でフォースを振れるので《R》運用でのパワー不足も解消できます。

効果①は死にスキルになってしまいますが、アンジュ自身のバウンス&スペコ効果と併せて5パンできるのは良いですね。

どうしても効果①を使いたいのであれば自己スタンドからアンジュの効果で手札に戻して乗り直すコースもありますし、なかなかお強い。

 

アンジュ以外には「ベルベットボイス レインディア」との相性もそこそこ良いですね。

レインディアの効果でこのユニットにスペリオルライドできれば、効果①でバウンスし自己パンプを発揮しながらフォースの追加取得と《V》スタンドを行えます。

ターン終了時にはデッキボトム7に戻るので、何某かの効果で山札をシャッフルすればハイランダー構成でも複数回の起動を望めなくもなさそうです。

 

また、他のカードでバウンス条件を満たせるのであれば、今のところアタック回数が3回しかないように見える「メーア」軸にお邪魔するのもありかも知れません。

「愛すべき妹 メーア」の効果である程度パワーは確保できますし、連パン用のCBコストも回復によって賄えるので、そこそこ相性はいいのではないでしょうか。

 

■総括

色々な軸にサブ《V》として採用できそうなリメイクティルアです。

 

《V》限cip効果でのバウンス&自己パンプはこのカードをメインとして扱い、《V》に居座るのであれば別途再ライドを行える工夫が必要となり少々使い難い印象ですが、サブ《V》として扱うのであれば必要十分な効果に見えます。

自己スタンドのおまけとしては優秀ですね。

 

その自己スタンド効果の方は、バウンス枚数と言う若干の制約こそついていますが【《V》/《R》】で使用可能な自己スタンド効果としてはなかなかハイスペックに見えます。

組む相手は少々選ぶでしょうが、バミューダであれば無理なく活躍できそうです。

 

 

ヴァンガード 「学園の綺羅星 オリヴィア」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録 「学園の綺羅星 オリヴィア」です。

旧版にかなり近い感じのリメイクですね。佳き。

 

f:id:harvestfiesta:20201128083548j:plain

評価:4/5

■《R》スタンド&★+1 

 【自】【《V》】:ヴァンガードにアタックした時、あなたのリアガードを5枚まで選ぶ、選ばれたリアガードがそれぞれ別名なら、それらをすべて【スタンド】する。3枚以上【スタンド】したら、そのバトル中、このユニットの★+1。(1枚だけ選んだ場合も【スタンド】する)

 

ハイランダー用の条件での《R》スタンドと、それに伴う★増加効果ですね。

 

デッキトップのカードを公開していたこれまでのハイランダー条件とは違い、《R》を選択する形なので失敗することがないのは利点ですね。

安定性を求めて1種類だけ複数済みした場合等や、レインディアを《R》に並べていた場合にも選択数を絞れば事故が起きないのは良いです。

 

旧版とは違いスペコではなくなりましたが、相変わらず連パン&★増加を持っているのも良いですね。

最大5枚スタンドできるので、きちんとブーストを付けて要求値を確保したアタックができますし、レインディア→オリヴィアの流れでフォースを複数獲得できているのであればさらに要求値を上げられます。

オリヴィア自身にはパワーを増加させる手立ては有りませんし、「類稀なる才覚 ラウラ」のように《R》をパンプすることこそできませんが、レインディア→オリヴィアの流れでも火力面はある程度確保できそうです。

 

★増加があるので獲得したギフトはフォースⅠを選択し、一つは《V》に置きたいですね。

レインディアから一度「ハートを独り占め アネシュカ」を挟んでフォースを水増ししておければ心強いのですが、ハイランダーなので望むべくもありません。

それどころか、このカードもハイランダーとの兼ね合いで複数搭載し難いので、レインディアからのプランの一つ程度に留まっています。

てっきりレインディア同様、自身をトリガー扱いする抜け道を使ってくるものと思っていたのですが、付いていませんでした。残念です。

レインディアや他のハイランダー効果との共存を考えなければガン積みしても問題のない効果なので、そう言う方向性で行くべきなのかも知れません。

 

■総括

直近で公開された「ベルベットボイス レインディア」から飛び乗ることを想定しているであろうハイランダー条件の効果を備えたG4ユニットです。

 

レインディアの効果から登場できれば6回攻撃、3ドライブ、フォース多重取得と豪快で面白そうですね。

オリヴィア自身は別々の名称を指定するハイランダー寄りの効果を有しながらも、《R》のユニットを任意で選択し、それぞれが別名であれば良いので構築段階でハイランダーを意識する必要がなく、このカードをガン積みしたグッドスタッフ的なデッキにもできる柔軟性がある点も良いと思います。

 

 

 

ヴァンガード 「ベルベットボイス レインディア」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「ベルベットボイス レインディア」です。

随分、様変わりしましたね。

 

f:id:harvestfiesta:20201127110130j:plain

評価:4/5

■公開時トリガー扱い 

 【永】【山札】:カードの効果で公開される際、ノーマルユニットではなくトリガーユニットとして扱う。

 

アトランティアの歌姫 イリーナ」「類稀なる才覚 ラウラ」「ハートを独り占め アネシュカ」、ついでに前日の「艶めく独創 ゲアリンデ」の効果で公開された時に、トリガー扱いになることで、このカードが複数枚公開されてしまい不発に終わるのを防げると。

面白い効果ですね。

 

自身の効果ともきちんとフォローしていますし、ハイランダー効果を阻害せず、このカードにきちんとライドできる構築にできるのであれば悪くないと思います。

 

ハイランダー式スペリオルライド

【自】【《V》】:アタックしたバトル終了時、【コスト】[手札を2枚捨てる]ことで、あなたの山札を上から10枚公開し、公開されたノーマルユニットがそれぞれ別名なら、公開されたカードから「ベルベットボイス レインディア」以外を1枚まで【スタンド】でライドし、山札をシャッフルし、そのターン中、そのユニットのドライブ-1。ターン終了時、そのユニットをあなたの山札の下に置き、ソウルからグレード3を1枚【レスト】でライドする。

 

これも疑似超越と言うべきなのだろうか?

アタック終了時に「類稀なる才覚 ラウラ」「ハートを独り占め アネシュカ」のいずれかへのライドを目指す効果ですね。

 

登場時に山札を10枚公開し同名がなければ、それらを望む枚数コールでき累計6回攻撃できるラウラ、同条件で成功時に各種ギフトをそれぞれ1つずつ取得するアネシュカ、どちらに乗っても強いです。

ターン終了時に山札に戻り、G4ユニットのcip効果を使い回せる点もGood.

 

残りのG4の「輝きの新星 イヴ」も素のパワーとトリガー効果2倍があるので、使えなくはないという感じでしょうか。

バトル中にライドしてしまうので起動効果が使用できず、ドライブマイナスとの相性が悪いので選択肢としてはイマイチですね。

 

アトランティアの歌姫 イリーナ」に至っては条件が嚙み合わず、効果が使用できないので乗ってもおいしくありません。

 

G4以外の選択肢だとかなり運が絡みますが、「トップアイドル リヴィエール」も面白いですね。

きちんと効果を使用できれば旧テキスト版リヴィエールのような挙動を再現できます。

 

また「マルチプルシャイン ミラーダ」を間に嚙ませれば、任意のG2ユニットにライドできますし、ミラーダから別のユニットに切り替わることでドライブマイナスのデメリットを打ち消せます。

 

ちょっと考えただけでもこれだけの事ができるので、デッキを考えるのが楽しそうですね。

 

■総括

見た目も効果も大幅に変わったリメイク版レインディアです。

 

まさかまさかのハイランダー軸になっていて驚きはありますが、面白い効果をしていて良いですね。

ランダム性の強いロマン砲寄りの大味な効果ですが、旧版よりも安定していますしロマンとスペックを両立した優秀な効果だと思います。

 

レインディアは昔からイラストが安定していませんし、効果の方はデッキトップを捲って運試しするスタイルなので、改悪と言うほどではないかなと思います。

個人的にはそれなりに固定的に受け止めています。

 

 

ヴァンガード 「艶めく独創 ゲアリンデ」「大切なフレーズ レイナ」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「艶めく独創 ゲアリンデ」「大切なフレーズ レイナ」です。

 

f:id:harvestfiesta:20201126104018j:plain

評価:3/5

■小ラウラ

【自】【《V》】:登場時、あなたの山札を上から7枚公開し、公開されたノーマルユニットがそれぞれ別名なら、公開されたカードから2枚まで《R》にコールし、山札をシャッフルする。

 

G3版「類稀なる才覚 ラウラ」ですね。

公開する枚数と《R》にコールできる枚数が減り、パンプが消えています。

 

それぞれ別名の制限はハイランダー構築であれば気になりませんし、G3ユニットの《V》登場時効果であれば上書きコールで圧し潰してしまう可能性も低いのでデメリットは殆どない単純に2アド稼ぐ効果として扱えます。

ハイランダー軸のG3は中継地点でしかないのでcip効果しか持たない点も然程気になりませんし、ハイランダー用のギフト持ちG3としては優秀な部類ですね。

 

欲を言えば《R》効果が欲しかったです。

 

■総括

ハイランダー」軸用のG3ユニットです。

 

きちんとギフトがあり、《V》限とは言えG4ユニットの「類稀なる才覚 ラウラ」に類似した優秀な効果を備えている点が魅力です。

ただ《R》効果を持たず、乗れなければバニラなのは若干気になりますね。

ミラーダによるライドサポートのあるG2の方が扱い易かったかなとも思います。

とは言え、「ハイランダー」軸に採用したいG3ユニットとなると、然程選択肢はないので十分採用圏内だと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20201126104026j:plain

評価:-/5

■「★」守護者

 

恒例の枠潰し、30000シールド「★」守護者です。

環境的に30000シールドの守護者にはあまり安心感がないのですが、一部活用できる構築もありますし、それが人魚にもできるかどうかは兎も角、選択肢としては無いより有った方が良いですね。

RR枠から出るとガッカリするので、RかCに格落ちしないものだろうか。

 

キャラの方は元ローリスサポートのリメイクですね。

相方のローリスは収録されているのでしょうか?

収録枠的に相方を収録するのは厳しそうに見えますが

大切なもの、失っていません?

 

■総括

いつもの互換です。

 

守護者としてはやや頼りない性能ですが、ある程度の防御能力を確保しつつ「★」に特化した構成にできるのは悪くありません。

算数を若干失敗しているだけでシステムとしては評価できます。

 

テキストは既に失ってしまったので、もうこれ以上大切なものを失っていないと良いですね。

 

 

ヴァンガード 「パーフェクトパフォーマンス アンジュ」評価

パーフェクトパフォーマンス アンジュ
Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「パーフェクトパフォーマンス アンジュ」です。

バウンス軸はこっちでしたか。では、レインディアは一体。

 

f:id:harvestfiesta:20201125112535j:plain

 評価:4/5

■アタック時バウンス&追加効果

【自】【《V》】:ヴァンガードにアタックした時、【コスト】[CB①]することで、いずれかの《R》のノーマルユニットを望む枚数選び、手札に戻す。戻したカードの枚数により、以下をすべて行う。

・2枚以上‐そのターン中、このユニットのパワー+10000。

・3枚以上‐イマジナリーギフト・フォースを1つ得る。

・4枚以上‐あなたの山札からユニットカードを1枚まで探し、《R》にコールし、山札をシャッフルする。

 

アタック時のバウンスと、それに付随する追加効果ですね。

 

いずれかの《R》となっているので相手の《R》も戻せますが、戻しておいしい相手ユニットは少ないので然程使う機会はなさそうです。

コストを支払って生成したトークンをバウンスされると丸損なので、狙い目はトークンでしょうか?

 

メインは自陣バウンスですね。

アタック・ブーストを終えた1ラインを戻すだけで1つ目の追加効果が得られますし、G1を手札に戻すことで守りやすくもなります。

盤面から消えてしまえば焼かれる心配もありませんし、「暗黒繭」からも逃れられます。

再度コールし直せばcip効果も使い回せるので良い事尽くめですね。

 

■2枚以上-パワー+10000

2枚以上バウンスすれば、追加効果を得られます。

まず自己パンプ効果ですね。

単騎23000になれるのでパワー面でのフォローは必要なさそうです。

フォースは《R》に振りたいので自身で火力を確保できるのは便利ですね。

 

■3枚以上-フォース取得

3枚以上バウンスすればフォースの不正受給がかないます。

再ライドもなしにギフトを追加取得できるのは良いですね。

ライドと併せて1ターンに2つのギフトを獲得できるので、素早くフォースⅡを前列に敷き詰めることができます。

 

ただ3つ目以降はありがたみが薄いので、どちらかと言えばフォースⅠを複数取得し、パワーラインを引き上げる使い方の方が向いていそうですね。

 

■4枚以上-《R》スペコ

4枚以上でフォースお得意の連パンですね。

コール対象を山札の中から自由に選択できるのが偉い。

 

コール対象を自由に選べるので、なるべく使い勝手のいいcip効果を備えたユニットを呼びたいですね。

筆頭は「甘美なる愛 リーゼロッテ」でしょうか。

リーゼロッテを引っ張って来れば2面埋められますし、火力面の不足は不正受給したフォースで賄えるので相性が良さそうです。

甘美なる愛 リーゼロッテ」に容易にアクセスでき、リーゼロッテ自身や、リーゼロッテの効果でコールしたユニットをバウンスできるのも良いですね。

 

■総括

リメイクアンジュです。

 

自陣バウンスによるcip効果の再利用と、バウンスからのスペコ連パンと言う昔ながらのバミューダらしい効果を持ったユニットですね。

非名称なので様々なユニットを採用でき、自由度の高い軸になりそうで好みです。

 

 

ヴァンガード 「プルーデントブルー ミープ」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「プルーデントブルー ミープ」です。

 

f:id:harvestfiesta:20201125110527j:plain

評価:4/5

■「旋律」サーチ&ソウルイン 

【自】【《V》/《R》】:この能力のコストはあなたと相手のヴァンガードのグレードが同じなら、『SB①』でも支払える。登場時、【コスト】[CB①]することで、あなたの山札を上から7枚見て、「旋律」を持つ、それぞれ別名のカードを合計2枚まで公開し、その中から1枚までを手札に加え、1枚までソウルに置き、山札をシャッフルする。

 

山札を上から7枚公開し、「旋律」持ちを1枚ずつ手札とソウルに入れる効果ですね。

コストを代替えすることも可能なので後攻時にも使いやすく、便利だと思います。

 

【《V》/《R》】どちらでも使用でき、対象が「旋律」指定のみとかなり広いので成功率も高めですし、プロンの為にも「旋律」はソウルに仕込んでおきたいので、それをサーチの片手間にこなせるのは偉いですね。

 

トップスター チェル」が形無しですが、共存させてより安定性を高めるのも良さそうです。

 

■総括

 「旋律」軸のサーチ要員です。

 

【《V》/《R》】で使用できる点、可変式のコストで後攻1ターン目から使用できる点、早い段階からソウルに「旋律」を仕込んでいける点が便利で良いですね。

「旋律」軸であれば、ほぼほぼ必須だと思います。

シンプルに強く、あまり言う事もありません。

 

 

ヴァンガード 「エレクトリックエッセンス システィコ」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「エレクトリックエッセンス システィコ」です。

なるほど、クラゲモチーフだからパラライズですか。

 

f:id:harvestfiesta:20201124103735j:plain

 評価:3/5

 ■バウンス反応自己パンプ

【永】【《R》】:あなたのターン中、このターンにいずれかのリアガードが手札に戻されているなら、このユニットのパワー+10000。

 

現状のバミューダはあまりバウンスをするクランではありませんが、それでもバウンスするだけでパワー+10000もされるのであれば、悪くありませんね。

 

既存のカードであれば「オーロラスター コーラル」がバウンス効果を持っているので組み合わせると面白いかなと思います。

新規だと効果②も併せて考えるとレインディア用に見えますが、どうなるでしょう。

どこに入れるカードにしても、こんな効果を持っているのですから「PR♥ISM」以外にも何某かバウンス効果を持った軸がありそうです。

無ければG2帯の枠がきついですが、「トップアイドル アクア」と組み合わせる感じでしょうか。

 

永続効果なのでバウンス後にこのユニットを登場させた場合にも、きちんとパンプ効果が発動する点が良いですね。

 

■パラライズ

【自】【《R》】:登場時、あなたのドロップゾーンからノーマルユニットを1枚山札の下に置いてよい。グレード3以上を置いたら、相手のリアガードを1枚選び、そのユニットは次の相手のスタンドフェイズに【スタンド】できない。

 

唐突にメガコロの特性を奪って来ましたね。

相変わらず人魚はやりたい放題します。

とは言え、このカードがこの効果を持つのは理解できなくもないので、そもそも何故バミューダにこのような効果を持ったモチーフのカードを?と言う疑問を無視すれば許容できます。

 

クラン特性とも全く無関係な動きなので、今までにない方向性の効果を持っていて面白くはありますね。

バミューダがパラライズを使う日が来ようとは思ってもいなかったので、意外性はあります。

 

コストがかからず緩めの条件でパラライズを発動できるので、使い勝手は良さそうですね。

パラライズにこだわらなければグレード問わず、ノーマルユニットをデッキに戻せるのも便利で良いです。

自己パンプが永続効果なので、このユニットをバウンスして自己パンプ条件を満たしつつ効果を使い回したくなります。

 

■総括

自己パンプ、ボトム回収、パラライズとなかなか多芸なG2ユニットです。

 

緩い条件での大幅パンプ効果と、ドロップゾーンからノーマルユニットをボトムに戻す効果、そして戻したカードがG3以上ならパラライズと書いてあることは悪くありませんね。

 

問題はG2帯がカツカツな点です。

どの軸にも差し挿む余地はありそうですが、これを採用するとして、何枚採用するのか、そしてスペースをどう捻出するのかが悩ましい。