イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「英明才女スピアナ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB05「Primary Melody」収録 「英明才女スピアナ」です。

未判明が残り12種。発売まで11日。

当然のように引き延ばせるだけ引き延ばすようですね

 

f:id:harvestfiesta:20190318104027j:plain


評価:4/5

 

■ドロップゾーンから山札へサルベージ&CC

ハイランダー推奨とは一体何だったのか。

 

どうやらヴァンガードの世界では、ハイランダーとは選択の余地なく効果によって同名カードを指定しないカードを全部入れるデッキを指すようです。

私の知っているハイランダーとは随分違いますね。

 

さて、効果の方は自己退却を必要としない代わりに、起動条件がやや難しくなったCC要員ですね。

同じくCC効果を持つ《セルフマネージメント ララテッセ》が表のカードが無い時にしか使えない為、こちらの方が使い易い事も多いでしょう。

あちらと違い自己退却を必要とせず、アドバンテージを損なわない点が優秀ですね。

 

また山札を効果でシャッフルできるので、《ふんわり不可思議 プルーネ》のパンプ効果を起動できる点も評価できます。

 

トリガー比率を下げる事に繋がりますが、場のG3と同名カードを山札へ戻せる為全体的に『旋律』持ちとの相性が良く

特に山札から『旋律』持ちをコールできる《カラフル・パストラーレ ソナタ

山札から同名カードを手札に加える《カラフル・パストラーレ キャロ》

インターセプトを付与する効果の都合上、G3がドロップに落ちやすい《カラフル・パストラーレ フィナ》との相性が良いですね。

 

■総括 

場のG3ユニットと同名のカードがドロップゾーンに存在する必要がありますが、G3が多めの配分になり易い『旋律』持ちユニットとの相性が良く、そこそこ使い易いCC持ちのユニットですね。

 

その効果の特性上、「ハイランダー」軸での採用はほぼ不可能ですが、それ以外のデッキ、特に「旋律」軸では比較的緩い条件で使用できるCC要員として重宝できると思います。

 

harvestfiesta.hatenablog.com

harvestfiesta.hatenablog.com

harvestfiesta.hatenablog.com