イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「デッドアーマー・ドラゴン」「斬伐の白刃 ラペジウム」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはクーポンカード交換 「デッドアーマー・ドラゴン」「斬伐の白刃 ラペジウム」です。
また、クーポンの回ですね。

f:id:harvestfiesta:20190319104534j:plain

 

評価:2/5

 

■自己退却することでガード制限

☆を増やしやすくガード強要能力の高いシャドパラに、ガード制限を付けられる札が配られるのはそれなりに歓迎できるのですが…これはちょっと。

 

効果はよくあるコール枚数を2枚以上に強制する、手札消費を増加させるタイプのものです。

然程悪くはありませんね。

 

自己退却もシャドパラであれば《ガストブラスター・ドラゴン》の☆増加を起動するトリガーになりますし

パワーが5000しかない点もシャドパラであれば《髑髏の魔女 ネヴァン》の効果でデッキから呼べる為、メリットとしてみる事も出来ます。

 

ただ、シャドパラにこれ以上パワー5000を入れるのかとか、ガード制限一つに何処までコストを支払わせる気なんだとか、シナジーに振り過ぎて微妙な印象です。

 

■総括

やたらとデメリットが目立ちますが、シャドパラであれば各種シナジーがあるので然程悪くはないユニットですね。

ただ、シャドパラのG1帯は現状でさえパワー5000のユニットでパンパンなので、このカードを差し挟む余地はあまりありません。

持っておきたいカードですが、いざ採用するとなるとスペースを割くのに苦労するユニットですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190319104548j:plain


評価:1/5

■無差別列バインド

うわ、使い難い。

 

一応1コストで最大2体を裏バインドできますが、自身もバインドされてしまう為、事実上は2:2交換ですね。

 

これはないかな。

 

■総括

効率も然程よくありませんし、バインドするだけであればもっと良いユニットが他にあると思います。

自身をバインドする事に意味が出てくれば価値が変わりますが、今の所このカードである必要がありません。