イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「創天光神 ウラヌス」「星宿のファイノメナス」「恒道のディケイ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはEB13「The Astral Force」収録「創天光神 ウラヌス」「星宿のファイノメナス」「恒道のディケイ」です。

漸くお目見えですね。

 

f:id:harvestfiesta:20200205091146j:plain

評価:4/5

■星域展開

【V】自身の[V]のフォース・マーカーが3つ以上なら、G合計が5以上になるように、1枚以上SBすることで、そのターン中、中央後列は星域になる。

 

高いソウルコストを支払う事で、フォース3枚で星域が展開可能になる効果ですね。

フォースが5枚必要だった以前と比べると格段に使い易くはなっていますね。

 

その分ソウルコストに合計Gの指定が付いていますが、ジェネシスであれば1~2回SCを行えば順当ライド時に使用するコストには困らないと思います。

 

必要なフォースの数が減ったのでそれなりに便利だとは思いますが、追加でフォースを得る術を失っていますし、それを加味すると然程手間は変わらないのは残念です。

 

また要求するフォースの数が減った代わりに起動効果になり、星域を次のターンへの持越す事が出来なくなった点も惜しい。

 

■星神をスタンド

【V】ターン1回、〈星神〉がアタックしたバトル終了時、〈星詠〉を2枚レストすることで、〈星神〉1枚をスタンドし、ドライブ-5。

 

「絶界巨神 ヴァルケリオン」をスタンドさせ、連続アタックできるようになる効果ですね。コストで〈星詠〉を2枚レストする必要があるのでアタック回数自体は増やせませんが、パワー70000が2度動くと言うだけでかなりの脅威ですね。

 

どちらも防ごうとするのであれば守護者を切らなくては手札が持ちません。

流石に追撃はドライブを失ってしまいますが、それも当然ですね。

初回のドライブチェックでトリガーが捲れる事を祈りましょう。

 

問題は種族指定のレストコストですね。
〈星詠〉は種類が非常に少ないのでレストする対象を用意するのも一苦労です。

一応、[V]をレストする事も可能なので、場合によっては[V]をレストしてスタンド効果を使う事もあるかも知れませんね。

 

■総括

新衣装版ウラヌスです。

 

星域展開効果がフォース5枚から3枚に減った代わりに、フォースの追加獲得機能を失いました。

〈星神〉をスタンドする効果もあるので、より前のめりになった印象ですね。

自身の効果である程度〈星詠〉の数を必要とするので、フル投入して良いと思います。
欲を言えば旧版も入れたいですね。

 

「絶界巨神 ヴァルケリオン」を入れてさらにG3ユニットを12枚と言うのは少々厳しいものがありますが、〈星詠〉の数が足りないのでそうなるかも知れません。

 

f:id:harvestfiesta:20200205091123j:plain

評価:4/5

■フォース依存自己パンプ

【V/R】アタック時、自身の場のフォースマーカー1つにつき、パワー+5000。

 

地味ながら便利ですね。

その性質上[V]にフォースが集約されがちな「星域」軸にとっては有難い効果です。

 

「星域」軸が殊更にフォースを獲得する事に長けている為、最も巧く扱えるのは「星域」軸ですが、特に指定も無いのでその他の軸でも問題なく使用できる点も偉いですね。

 

■フォース条件1ドロー

【R】ターン1回、自身のフォースが3枚以上なら、CB①、1ドロー。

 

シンプルな効果ですね。

フォース3枚以上でCB①=1アドバンテージの効果なので、「星域」軸であれば序盤から使用できそうです。

 

「星域」軸は必要となるパーツが多めなので、こう言った使い易く堅実な効果が増えるのは大歓迎です。

これで少しは〈星神〉を引き込みやすくなります。

 

しかし、効果①とは違ってその他の軸では使い難い効果ですね。

 

■総括

「星域」軸アタッカー兼ドローソースです。

 

比較的容易な条件での自己パンプと1ドロー効果を持つので便利で良いですね。

派手さはありませんが、「星域」軸であれば満たし易い条件で扱える効果を揃えているので十分に採用圏内だと思います。


 f:id:harvestfiesta:20200205091137j:plain

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

「恒道のディケイ」については以前に語っています。