イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「コンシート・ボア」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB13「The Astral Force」収録「コンシート・ボア」です。

最近は火曜日だから出し渋っているとか、そう言う感じでもなくなりましたね。

情報局以外では概ね出し渋っています。

 

f:id:harvestfiesta:20200204105123j:plain

評価:1/5

■アタックされない

【R】このユニットはアタックされない。

 

シンプルなテキストです。

アタックされないので前列全てにアタックするような効果でついでのように除去される事がなく、多少場持ちが良くなりますね。

 

しかし、このユニットにその効果が必要かと考えると頷き難いものがあります。

 

効果②のお陰で要求値が低く然程脅威ではないので、インターセプト封じ以外でわざわざこのユニットをアタックを消費してまで除去したいと思う事は稀有でしょう。

 

■ブーストされない

【R】このユニットはブーストされない。

 

アタックされないだけなら地味なユニットで済んだのに、何故かデメリット効果を付けられています。

 

フレーバーを鑑みれば言いたい事は解りますが、それを加味してこのユニットに持たせるべきは選択されないや効果を受けない耐性効果だったと思います。

罷り間違ってもこんなデメリット効果を背負わされるような優秀な性能はしていません。ただでさえ弱いのに、デメリットを背負ったせいでフォースⅠの補助なしにはアタッカーとしてまともに運用する事すらできません。

 

しかも、それがジェネシスのカードなのですから、フォースを敷くなど出来ようはずもありません。

こんなユニットの為にフォースを消費する余裕があったら[V]に重ねて「星域」を展開しています。

 

■総括

紙ゴミです。

 

フレーバーと噛み合った能力を持つヴァンガードでは珍しいタイプのカードなので個人的には評価したいのですが、強くはありませんね。

 

このユニットやFVのようにどうすれば良いのか解らないカードを公開した際には、公式は使い方も一緒に公開するべきだと思います。

何を考えて作ったのかを純粋に聞きたい。