イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ディケイダール・オートマタ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB06「救世の光 破滅の理」収録 「ディケイダール・オートマタ」です。


f:id:harvestfiesta:20190409111918j:plain


評価:3/5

 

■相手のドライブ+1&自己パンプ

成程、面白い効果ですね。

相手のドライブチェック回数を増加させ、それを《遊星骸神 ブラントリンガー》《遊星骸王者 ブラント》のトリガー反転で相手へのデメリットへ変換するデザインのようです。

 

永続でパワー+10000される為、単騎でも高い要求値を出せる点もなかなか良いですね。

 

欠点は、下の効果を加味しても相手のドライブ+1はデメリットが大きい点です。

完全にコンボパーツなので、このユニット単体では非常に扱い難いですね。

 

■3回目以降のドライブチェックで出たトリガーをドロップ

主に自身の効果をケアする効果ですね。

 

上の効果で増加したドライブチェックで相手がトリガーを引いた場合、そのカードをドロップゾーンに送り、手札の増加を妨げる事ができるのは良いと思います。

 

完全ではありませんが、自身の持つデメリットを緩和できますし、[V]スタンド効果によるドライブチェックもこのユニットの効果である程度妨げる事ができます。

なにより《遊星骸神 ブラントリンガー》《遊星骸王者 ブラント》のトリガー反転との相性が良く、相手がトリガーを引けば引くほど不利になるのは普段のゲームと趣が変わり面白いですね。

 

■総括

遊星骸神 ブラントリンガー》及び《遊星骸王者 ブラント》のトリガー反転を最大限活用する為に存在するサポートカードです。

単体では非常に扱い難く、デッキにフル投入するようなカードではありませんが、面白い効果を持つユニットである為、使いたくなりますね。

 

遊星骸神 ブラントリンガー》がG4と言う事もあり、サブ[V]の身の置き場はあまりないので、デッキに1~2枚投入するユニットと言う立ち位置だと思います。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com