イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 「凜々しき瞬き ラトカ」「マルチプルシャイン ミラーダ」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「凜々しき瞬き ラトカ」「マルチプルシャイン ミラーダ」です。

 

f:id:harvestfiesta:20201118110055j:plain

評価:4/5

■ヒット時1ドロー

【自】【《V》】:アタックがヒットした時、1枚引く。

 

G1ユニットの《V》限効果なので後攻時にしか使用できませんが、ノーコストで1枚分のアドバンテージを稼ぎだせる点は良いですね。

使用できる場面が限られている分、単純で強力な効果だと思います。

 

■ピーピング&1:1交換

【起】【《R》】:【コスト】[このユニットを退却させる]ことで、あなたの山札を上から2枚見て、1枚を手札に加え、1枚をドロップゾーンに置く。この能力は同名カードを含めて各ターンに1回まで使える。

 

自身を退却させて1枚引く1:1交換ですね。

退却コスト以外の使用条件がなく、手軽に質の良い手札交換を行える点は優秀だと思います。

選択しなかった方のカードはドロップゾーンに送られるので、ドロップに落ちたカードを回収・活用できる「リリクル」軸や「PR♥ISM」軸の潤滑油として活用できそうです。

 

■総括

バミューダ版、「サーベル・ドラゴニュート」サイクルです。

 

《V》限のヒット時1ドロー効果と《R》限の1:1交換を併せ持ち、デッキの足回りを支えてくれそうですね。

役割的に「一世一代の告白 アウロラ」に近いので、そことの選択になるでしょうか?

個人的にはこちらの方が好みですね。

 

優秀なのですが、バミューダのG1帯はテーマ専用サポートとブランウェンサイクルが占有し余剰スペースなので、その他の汎用を差し挿むスペースが果たしてあるのかという点が問題ですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20201118110102j:plain

評価:4/5

■再ライド

【自】【《V》】:登場時、【コスト】[CB①]することで、あなたの山札を上から7枚見て、グレード2のユニットカードを1枚まで【スタンド】でライドし、山札をシャッフルする。

 

先行配布カードの再録、或いは正式収録版です。

保有能力はなかなかユニークですね。

 

デッキ内のG2にアクセスできるので、「コーラル」軸で「シャイニースター コーラル」にライドしSCを行ったり、「リリクル」軸で「愛あるご奉仕 マクシーネ」にライドし「夢に漂う星雲」のサーチを行ったりという動きができ優秀ですね。

《V》限効果を持ったG2ユニットを疑似的に最大8枚搭載できるので、ライドの安定性が向上しそうです。

7枚の中に有用なライド先がなくとも、再ライドさえすればSC①&1ドローできるので最低限CB①分の働きはしています。

 

欠点は、《V》限効果しか持たないので《R》ではバニラになってしまう点です。

他の《V》限効果を持ったG2ユニットを使いやすくしてはくれますが、このカードを当てにしてそれらをフル投入するとG2バニラに塗れたデッキになってしまい結果的に弱くなりそうで難しいですね。

 

■総括

G2への再ライドを行う効果を持った元PRカードです。

 

G2ユニットへのアクセス手段が増えるので、《V》限効果を持ったG2ユニットの使い勝手を向上してくれる点が魅力ですね。

絶対に乗りたいG2ユニットやソウルに仕込んでおきたいG2ユニットがある場合にも役に立ちます。

 

《R》に置くとバニラになってしまうのは難点ですが、それを差し引いても優秀ですね。