イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 「納得の選択 ベアータ」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録 「納得の選択 ベアータ」です。

 

 

f:id:harvestfiesta:20201112013856j:plain

評価:2/5

■G4にライドしているなら自己パンプ

【自】【《R》】:アタックした時、このターンにあなたがグレード4にライドしているなら、【コスト】[SB①]することで、以下から1つ行う。

・そのターン中、このユニットのパワー+15000。

・そのターン中、このユニットの★+1。

 

少々特殊な条件で自己パンプを行うカードですね。

バミューダにグレード4はいくつか存在しますが、《V》がグレード4の時ではなく、グレード4にライドしたターン限定なので、現状だとなかなか厳しい条件に見えます。

 

グレード4にライドすりタイミングでのみ意味のある《R》用グレード3ユニットというのはさすがに重すぎます。

1度や2度なら兎も角、恒常的に、このユニットがいる時にこの条件を満たせるとは考えにくいのですが、疑似超越のようにデッキの中のグレード4にライドするギミックでも出るのでしょうか?

 

得られる恩恵も選択式になっていて多少にお自由度はありますが、パワーか★を上げるもので単騎28000か13000/★2のトレードオフ

面倒な条件を整えた割には見返りが少なく、このユニットである必要性を殆ど感じません。特にパワーについては他にも同程度のサイズになれるユニットが複数存在するので、尚更に魅力に欠けます。

《R》で★2になれる事が唯一の救いですね。

★+1であれば、少々面倒な条件を圧してでも使いたくなります。

元がグレード3ユニットなので基礎パワーが高い点も都合が良い。

 

■総括

グレード4にライドしたターンのみ使用可能な自己パンプ効果を持った、《R》用グレード3ユニットです。

 

上昇値の大きいパンプ効果か、《R》では貴重な★+1のいずれかを選択でき、発動できればそこそこ強力です。

しかし、現状では通常のライド以外の方法でグレード4にライドする手段が存在しないため発動自体が遅く、少々使いにくい印象を受けます。

グレード4へのスペリオルライドギミックと、このカードをスタンドし、効果の複数回起動を狙えるカードが来るならば、このカードを採用したデッキを作るのも面白そうです。