イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 「ハートフレグランス リーシェ」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「ハートフレグランス リーシェ」です。

 

f:id:harvestfiesta:20201112130125j:plain

評価:3/5

■同名2枚をサルベージ

【自】【《R》】:登場時、あなたのヴァンガードが「透き通る魅力 セレディ」なら、【コスト】[CB①、SB①]することで、あなたのドロップゾーンからノーマルユニットを2枚選び、それぞれが同名なら、手札に戻す。この能力は同名カードを含めて各ターンに1回まで使える。

 

登場時にドロップのカードを2枚拾える効果です。

2枚が同名カードである必要はありますが、このコストでノーマルユニット2枚を拾えるのは魅力的ですね。

 

「紺碧の名宝 ファシーヴ」を回収して《R》スタンドを繰り返す動きはなかなか良さそうです。

また回収するユニットにはノーマルユニットであること以外に特に縛りがないので、グレード1守護者の「インタクトパラソル エニス」も回収できますね。

容易に守護者を引き込めるのであれば、それはそれで悪くはなさそうです。

 

問題は《V》の固有名称指定ですね。

《V》が「透き通る魅力 セレディ」に限定されるのはなかなかに厳しい。

イラストを二種発注する事ができなくとも、「Duo」名称を付けて、名称縛りにして欲しかったです。

グレード3ユニットを指定しているので、序盤に腐りやすい点も若干のマイナスです。

効果は優秀なので制約がかかるのは仕方ありませんが、少々重い制約を背負わされ過ぎているように感じます。

 

■総括

「セレディ」軸専用サルベージャーです。

 

リターンに反して低めのコストで2枚のカードをドロップゾーンから回収できるので、効果そのものは優秀ですね。

反面制限は厳しく、《V》の固有名称指定と、ドロップゾーンに同名のノーマルユニット2枚という壁が立ち塞がります。

 

私が個人的に「セレディ」に魅力を感じていないせいかも知れませんが、《V》の固有名称指定はやめて欲しかったですね。

「Duo」指定であればどんなに良かったか…。