イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「バタリオンランス・ドラゴン」「プレナリーレイ・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋


今日のカードはBT12「天輝神雷」収録「バタリオンランス・ドラゴン」「プレナリーレイ・ドラゴン」です。

 

f:id:harvestfiesta:20201026103939j:plain

評価:2/5

■能力で登場した時自己パンプ

【自】【《R》】:カードの能力で登場した時、【コスト】[手札を2枚捨てる]ことで、そのターン中、このユニットのパワー+20000/★+1。

 

ゴルパラに散見される、能力での登場時に発動するタイプの自己パンプ効果ですね。

 

その中でも一際重いコストを要求されていますが、その分上昇値も+20000と非常に大きく、さらに★が増えるので状況如何では手札を2枚奉げるのも吝かではありません。

特に《R》で★が増える効果は貴重です。

先行順当ライド時にグルグウィントの効果にこのカードを絡めて攻め込めば、それだけでゲームが終わりそうです。

 

■総括

重いコストと大味なパンプ効果を持ったカードですね。

 

要求コストが手札2枚と非常に重く、軽々には扱えませんが、コストが重い分見返りもそこそこにあり詰めのカードとしては面白いと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20201026103945j:plain

評価:1/5

■2枚以上強要ガード制限

【永】【《V》/《R》】:アタックしたバトル中、あなたのリアガードが5枚以上なら、相手は手札から《G》にコールする際、2枚以上でしかコールできない。

 

ごく普通のガード制限ですね。

2枚以上でしかガードできない制限なので、主に守護者を切る際に余計な出血を強いる制限なのですが、自己パンプなしのガード制限のみなのでその使い方はかなり困難ですね。

まぁ、普通に手札1枚で防げるアタックに2枚使わなくてはいけないので、若干邪魔ではあるでしょう。

 

ただ手札からに限定されているので、インターセプトや「仮面の王 ダンタリアン」のような特殊なガードは防げません。

条件付きのガード制限にしては随分と貧相に感じます。

これ一本で戦っていくには些か力不足を感じる効果ですね。

 

■総括

条件付きで2枚強要型のガード制限を課すカードです。

 

リアガード5枚以上とそこそこに重い制限が付いている割には、心許ないガード制限しか持たないのであまり使い勝手は良さそうには見えません。

ゴルパラのG3帯は優秀な候補が犇めいているので、これを差し挟む余地はほぼ無いと思います。