イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

どこヴァン 「いつもの始まり 美竹 蘭」他評価


Amazon/駿河屋

 

 今回の公開カードはTB01「BanG Dream! FILM LIVE」収録「いつもの始まり 美竹 蘭」「負けず嫌い 美竹 蘭」「熱いハート 美竹 蘭」「姉御肌 宇田川 巴」「ツグってる! 羽沢 つぐみ」「ムードメーカー 上原 ひまり」「超マイペース 青葉 モカ」「大切な仲間達 美竹 蘭」「Y.O.L.O!!!!!」「Scarlet Sky」「ON YOUR MARK」です。

FVとトリガーを含んでいるとは言え、BanG Dreamの紹介は毎回大量に公開されるので良いですね。

今日のカードもこれぐらいやっても良いのよ?

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093615j:plain

評価:-/5

■FV互換

[自]:ライドされた時1枚引く。さらに相手のヴァンガードがG1以上なら、クイックシールド・チケットを1枚手札に加える。

 

いつものです。

TBの収録枚数が少ないにも拘らず、ここで枠を食うのが非常に無駄な構造的欠陥に見えますが、無いとゲームにならないので仕方ありませんね。

 

トリガーは工夫できたのですから、FVの欠陥も何とかして欲しかったです。

 

■総括

Afterglow〉用FVです。

 

流石にクラン内クラン3つ目のFVともなると、言葉もありません。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093624j:plain

評価:5/5

■登場時手札交換

[自]【《V》/《R》】:登場時、あなたのヴァンガードが〈Afterglow〉なら、1枚引き手札を1枚捨てる。

この能力は同名カードも含めて各ターン1回まで使える。

 

一世一代の告白 アウロラ」互換ですね。

一応、《V》の種族制限が付いているので純粋な互換ではありませんが、この制限に引っ掛かるような事はほぼ無いでしょう。

BanG DreamのFV直系はどれも単純に強い効果でしたが、この互換を貰えるのは良いですね。これが有るだけで大分安定感が増します。

手札枚数こそ増えませんが、他のバンドと違い単純な手札交換なので失敗のリスクなく手札の質を向上させる事ができます。

 

先に公開された〈Poppin'Party〉〈Pastel*Palettes〉と比べても見劣りしない、扱い易い効果ですね。

個人的には安定感が高いこのカードが一番使い易いと思います。

 

■総括

Afterglow〉の潤滑油です。

 

同名ターン制限こそありますが、《V》/《R》で使用可能なドロー効果で先にドローするタイプのものは貴重なので妥当な所ですね。

BanG Dreamのデッキはどの軸でも場に指定された名称を5つ揃える必要があるので、デッキを掘り進め手札の質を高める効果は重宝します。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093634j:plain

評価:5/5

■ノーコスト不確定1ドロー

[自]【《V》/《R》】:登場時、山札を上から1枚公開し、そのカードが〈Afterglow〉なら、手札に加える。(違うのならそのまま戻す)

 

ほぼ成功するノーコストドロー効果です。

G2以下の「美竹 蘭」はフォースらしい、デッキを安定させる効果に特化しており使い易い効果ばかりですね。

 

この効果が失敗するパターンはトリガーを捲ってしまった場合と、他のバンドからの出張要員を採用している場合に運悪くそれを捲ってしまう場合ですね。

出張要員は考慮しないとして、トリガーを捲る確率はそこそこあるので確定ドローとは言えませんが、それでもノーコストドローは十分に強いです。

 

トリガーが見えた場合はそのままデッキトップに戻るので、その場合は確定でトリガーを捲れるのもなかなか悪くないと思います。

 

■総括

Afterglow〉の潤滑油その2です。

 

失敗するリスクが多少ありますが、ノーコストでドローを行える効果を持っているのが良いですね。

「熱いハート 美竹 蘭」と併せ、盤面を構築する一助となってくれそうです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093642j:plain

評価:3/5

■レスト時《V》パンプ

[自]【《R》】ターン1回:他の〈Afterglow〉の能力でレストされた時、そのターン中、あなたのヴァンガードのパワー+5000し、相手のヴァンガードがG3以上なら、さらに【コスト】[CB①]することで、あなたのヴァンガードの★+1。

 

レストされる事で《V》をパンプするメガコロニーのような効果ですね。

Afterglow〉のギミックがレストをコストにしたパンプ効果なので、レスト反応の《V》パンプは安定して機能しそうです。

また相手G指定があるので指導は遅いですが、《V》の★を増やせる点も魅力です。

 

しかし、レスト状態となったこのカードは自力でスタンド状態へと戻る事が出来ないので、折角の《V》パンプもそのままではブーストとのトレードオフですし、他の〈Afterglow〉の効果でレストされる必要があるので、最低でもこのカード以外に《V》とレスト効果を持った他の《R》がそれぞれ必要となり、単体では全く機能しない点はネックですね。

 

■総括

名称に反して他者に依存しまくった姉御肌です。

 

始動の遅さに目を瞑れば緩い条件で★を増やせますし、置いておくだけで《V》パンプも行えるブースト要員なので置き物としては悪くありませんね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093447j:plain

評価:4/5

■レストされた時自己スタンド

[自]【《R》】ターン1回:他の〈Afterglow〉が能力でレストされた時、このユニットをスタンドしてよい。

 

他の〈Afterglow〉の効果でレスト状態となった時、ノーコストで自己スタンドを行えるのでさらに追加でこのユニットをレストコストとして活用したり、そのままバトル時にブースト要員として活用する事ができますね。

 

シンプルながら特性に合致した重要な立ち位置だと思います。

このユニットが場にあるだけで、使用できる効果の数が水増しできる点が偉いです。

 

ただ「姉御肌 宇田川 巴」と同様に単体では全く機能しない点はネックですね。

あくまでコストを確保する要員なので、このユニットによって増えたコストを如何に活用するかが肝要です。

 

■総括

自己スタンド効果により、レストコストを回復する機能を持ったカードです。

 

シンプルですが、場にあるだけで単純にできる事が1つ増えるので、非常に重要に見えます。

ドローとは違った形で、選択肢を一つ増やしてくれるのは偉いです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093015j:plain

評価:3/5

■条件付き広域対象耐性

[永]【《R》】:《R》の〈Afterglow〉が4枚以上なら、それらは相手の効果で選ばれない。

 

複数のカードに対象耐性を付与する効果は初めて見た気がします。

条件も4枚と枚数指定で比較的達成し易く、なかなか優秀に見えます。

BanG Dreamのデッキはどれも場に指定されたカードを集める必要があるので、こう言った形での広域保護はデッキの動きとも合致していますし、悪くありませんね。

 

直近の通常弾の収録クランにかげろうが入っている事もあり、焼き対策は中々に良い選択だと思います。

 

ただここから始めた人達がゲームをする場合、BanG Dream同士ではこの効果が生きる機会はないかも知れません。

 

■単純ドロー効果

[起]【《R》】ターン1回:【コスト】[CB①、リアガードを1枚レスト]

1枚引く。

 

CB①=1アドバンテージの標準的なドロー効果に、〈Afterglow〉ギミック用のレストコストが追加されたものですね。

 

レストコストが単純な損ではないテーマなのでやや微妙ですが、CB①支払っているのにこのレストコスト要るかな?

レストの分だけおまけが付いているわけでもないので、割高になっただけに見えます。

 

レスト関連の「ツグってる! 羽沢 つぐみ」はコストを踏み倒せるだけなので、このレストを有効活用できるのは「姉御肌 宇田川 巴」だけですし、ただただ使い勝手が悪くなっただけに見えます。

 

■総括

広域保護効果を持った珍しいユニットです。

 

枚数指定と比較的緩やかな条件で対象耐性を付与でき、個人的には割高な印象が有りあまり好みではありませんがドロー効果も備えているなかなか便利なカードですね。

 

残りのバンドが相手の場を触ってくるかも知れませんし、レストコストが追加されているとは言えレストはギミックに関わりますしワンドローは裏切らないので、そう悪くはありません。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093502j:plain

評価:4/5

■シールド値増加

[永]【《R》/《G》】:あなたの《G》の〈Afterglow〉すべてのシールド+5000。

 

特定のカードのシールド値を増加する効果は「超次元ロボ ダイライナー」や「飛天の聖騎士 アルトマイル」も持っている優秀な効果なので、類似効果を持っていると言うだけで一定の評価ができますね。

 

ヴァンガードは手札を削り合うゲームなので、手札1枚の価値が上がるのはかなり強い動きですね。

しかも、このカードは対象が上記の2種よりも広いのでより安定感が増します。

「ムードメーカー 上原 ひまり」の効果で付与される対象耐性とも相性が良いですし、これだけでもなかなか優秀ですね。

 

■ユニットすべてをパンプ

[起]【《R》】ターン1回:【コスト】[SB①、リアガードを1枚レスト]

ターン中、〈Afterglow〉のあなたのユニットすべてのパワー+5000。

 

ソウルセイバー・ドラゴン」みたいなことを言い出した。

コストが掛かるとは言え、ユニットすべてのパワー+5000は凄いですね。

これ1枚で累計30000のパンプをSB①とレストコストだけで撃てるのは、かなり優秀だと思います。

レストコストを要するのでコストに「姉御肌 宇田川 巴」を使用すれば《V》のパワーを累計+10000できますし、かなりパワーラインを高められそうです。

ソウルコストなので他の効果とコスト競合を起こさない点も良いですね。

 

ただ〈Afterglow〉にはソウル供給の術がないので、競合を起こさない状態で漸く扱えている感じですね。

 

■総括

シールド・パワーをパンプするパンプ要員です。

 

シンプルながら、シールド増加、広域パンプどちらも優秀ですね。

直接的にアドバンテージを稼ぐような効果こそ持ちませんが、手札1枚の価値を底上げし、相対的に優位を取っていく形のようです。

画像にもある通り、攻守にわたって活躍するカードになりそうですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093512j:plain

評価:4/5

■《R》をレストしパンプ

[起]【《V》】ターン1回:【コスト】[リアガードを2枚までレスト]

あなたのユニットをコストでレストした枚数選び、そのターン中、パワー+10000。

 

《V》のレストギミックは自由に振れるパンプ効果ですね。

う~ん、堅実ですが《V》の効果としては地味な感じに見えます。

あくまでも楽曲の効果を使う為の下準備と言った感じです。

 

楽曲を使用する都合上、ブーストを受ける事ができないので1枚は自身を対象にしてパンプを振っておきたいですね。

「姉御肌 宇田川 巴」の効果で★が増えているのであれば、尚更です。

 

この効果だけでは地味ですが、「姉御肌 宇田川 巴」「超マイペース 青葉 モカ」も加味すればパワー33000/★2となるので十分な数値ですね。

 

■山札・ドロップから楽曲をプレイ

[起]【《V》】:このターンにオーダーがプレイされていないなら、【コスト】[CB①]

山札かドロップゾーンから〈Afterglow〉の楽曲を1枚まで探しプレイする。

 

BanG DreamのVR共通サイクル効果ですね。

CB①で「ON YOUR MARK」を毎ターン撃てるのはかなり楽しい。

自身の効果①でのパンプとも相性が良いですし、条件が整っていない場合に「Y.O.L.O!!!!!」「Scarlet Sky」で場を整える動きを、きちんとできるのも良いですね。

 

■総括

Afterglow〉のメインボーカルです。

 

これまでに公開された軸も楽曲ありきの性能をしていましたが、〈Afterglow〉は特にその傾向が顕著ですね。

キーとなる楽曲が優秀なので、そこに寄せていく形なのは理に適っていると思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093536j:plain

評価:3/5

■手札交換

[自]【《R》】:登場時、1枚引く。

 

楽曲による単純ドロー効果なので、1:1交換ですね。

アドバンテージを稼がないとは言え、BanG Dreamは場に指定されたカードを揃える必要のあるのでこの手の効果は重宝します。

 

この効果で「負けず嫌い 美竹 蘭」や「熱いハート 美竹 蘭」を引ければ、そこからさらに山札を掘り進める事ができますね。

 

ただ〈Afterglow〉にはその「負けず嫌い 美竹 蘭」が居るので、G1帯手札交換の重要性はやや低い気もします。

 

■バトルフェイズ開始時1枚スタンド

[自]【《R》】:バトルフェイズ開始時、あなたの〈Afterglow〉を1枚までスタンドする。

 

楽曲によるレストコスト軽減ですね。

これらの効果と「ツグってる! 羽沢 つぐみ」を活用してレスト効果を上手く使えと言う事なんでしょう。

 

条件さえ整ってしまえば「ON YOUR MARK」を撃って行きたいので、やや微妙に見えますが、有って困るものではありませんし、序盤はお世話になる事もありそうです。

 

■総括

Afterglow〉のG1オーダー。

 

手札交換と1枚スタンドが付いているので、そこそこ便利ですね。

ただ〈Afterglow〉のG1帯は「負けず嫌い 美竹 蘭」「姉御肌 宇田川 巴」「ツグってる! 羽沢 つぐみ」と粒揃いなので、これを採用するスペースを確保できるかどうかが問題です。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093545j:plain

評価:4/5

■異種名称サーチ

[自]【《R》】:登場時、あなたのヴァンガードが〈Afterglow〉なら、山札から、《V》か《R》にいるユニットそれぞれと別名の、〈Afterglow〉のユニットカードを1枚まで手札に加える。

 

場にいないカードを山札からサーチできる楽曲ですね。

ヴァンガードで確定サーチは珍しいので、それだけでも偉いです。

場を整えることで力を発揮するBanG Dreamにとっては、柔軟性の高い確定サーチは重要ですね。

 

■バトルフェイズ開始時2枚スタンド

[自]【《R》】:バトルフェイズ開始時、あなたの〈Afterglow〉を2枚までスタンドする。

 

「Y.O.L.O!!!!!」のG2版効果ですね。

対象が2枚に増えているので使い勝手が上がっています。

2枚もスタンドできると使い勝手がだいぶ違うので、こちらは重宝しそうです。

 

■総括

Afterglow〉のG2オーダー。

 

BanG Dreamのオーダーは場を整えることを重視したものが多いですが、場に特定のユニットを揃えると言う意味では、それらの中でもこれは特に優秀ですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093552j:plain

評価:4/5

■《V》アタック時《R》スタンド&フォース取得

[自]【《R》】ターン1回:「美竹 蘭」を含むあなたのヴァンガードがアタックした時、「青葉 モカ」「上原 ひまり」「宇田川 巴」「羽沢 つぐみ」をそれぞれ1枚スタンドしてよい。

4枚スタンドしたら、イマジナリーギフト・フォースを2つ得る。

 

《V》アタック時に《R》をスタンドしつつ、フォースを2つ得る「マジェスティ・ロードブラスター」のような効果ですね。

或いは特定の《R》が必要な「幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム」の方が近いでしょうか?

 

これを最速起動してフォースⅡを3面に張れると楽しそうですね。

或いは「大切な仲間達 美竹 蘭」の効果でドロップからもプレイできる事を利用してフォースⅠを多重取得する「星域」軸のような動きも強そうです。

 

事実上の《R》全スタンドも良いですね。

Afterglow〉の楽曲はストレートに強くて好きです。

 

■総括

Afterglow〉のG3オーダー。

 

切り札らしい豪快な効果が良いですね。

先に公開された2軸も面白そうでしたが、〈Afterglow〉はレストコスト・全パンプ・全スタンド・フォース取得と個々は複雑な動きと言うほどでもないのに全部くっ付けてしまう大雑把さが楽し気です。

これは良い。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200606093600j:plain

評価:-/5

■枚数制限緩和トリガー

12枚まで投入可能な★トリガー、8枚まで投入可能な引トリガー、治トリガーの〈Afterglow〉版ですね。

 

このシステムはヴァンガードの構造的欠陥を克服した画期的発明なので、どんどん推していきたい。

なんなら通常弾もこのシステムで回して欲しいです。

 

■総括

Afterglow〉版各種トリガーです。

 

背景の違いで随分雰囲気も変わりますね。

毎回バニラトリガーを大量に収録する仕様には辟易していたので、ここは無限に褒めたい。賢い!偉い!宇宙一可愛いよ。