イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「招き入れる根絶者 ファルヲン」評価


Amazon/駿河屋


今日のカードはBT08「銀華竜炎」収録「招き入れる根絶者 ファルヲン」です。

原型を踏襲したリメイクですね。イラストも良い感じに不気味で良いと思います。 

 

f:id:harvestfiesta:20200608105306j:plain

評価:3/5

■デリート時自己蘇生

[自]【ドロップゾーン】:相手のヴァンガードがデリートされた時、このカードを《R》にコールしてよい。

 

 

劣化「ライジング・フェニックス」ですね。

あれのかなり後に出たカードと考えると少々物足りなさを感じますが、ノーコストで蘇生でき、瑕疵の無いパワー8000のユニットが帰ってくるのであれば、なかなか有用だと思います。

 

バインドとは違い、デリートは使用できるユニットが限られ、手軽にポンポンと撃てるような状況にないのが残念ですね。

バインドほど手軽に行えるのであれば、もっと評価できたのですが…勿体無いです。

ライジング・フェニックス」を引き合いに出して考えると、せめて自己パンプが欲しかったなと思います。

 

■総括

デリート版「ライジング・フェニックス」です。

 

デリートが気軽に発動できるものではないので、相応にこの蘇生効果の使い勝手も落ちますが、それを加味してもなかなか優秀ですね。

 

自己パンプを持たないので所詮パワー8000とは言え、任意のタイミングにノーコストで帰還するパワー8000であれば、「根絶者」軸に採用する価値は十分にあるでしょう。