イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

どこヴァン「質量転移のレディフェンサー」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードはBT08「銀華竜炎」収録「質量転移のレディフェンサー」です。

懐かしい顔ですが、昔から黒輪付いてましたっけ?

 

f:id:harvestfiesta:20200530114642j:plain

評価:4/5

■旧版踏襲自己パンプ

[自]【《R》】:アタック時、「メサイア」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。そのバトル終了時、このユニットを呪縛する。

 

ほぼ旧版の能力そのままですね。

SCこそできなくなっていますが、代わりにノーコストになっていますし、お手軽に自己パンプを行える自己呪縛アタッカーのままなので使い勝手もほぼ以前同様です。

 

ノーコストで単騎15000になれ、ブースト込みなら簡単に23000ラインに到達するのが偉いですね。

自己呪縛のタイミングがアタック終了時なのも良いです。

殴るだけ殴って自己呪縛でメサイアの能力に備えられるので、解呪による疑似スタンドから連続でアタックを行う事ができます。

 

解呪する事で効果を発揮するカードがメサイアぐらいしかない事がややネックですが、効果の起動条件にメサイアが必要ですし、然程気にしなくとも良いでしょう。

起動条件よりもSCを失った事の方が大きいかも知れません。

 

■総括

メサイア」軸専用アタッカーです。

 

自己呪縛をコストのような物とすることで、ノーコスト自己パンプを行える扱い易いアタッカーです。

効果の都合上、「メサイア」軸以外には身の置き場もありませんが、「メサイア」軸に必要なものを概ね揃えているのでフル投入して良いと思います。