イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「クロノドラゴン・ネクステージ」「スモークギア・ドラゴン」「開花の乙女 ケラ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはEB14「The Next Stage」収録「クロノドラゴン・ネクステージ」「スモークギア・ドラゴン」、TD12「Ahsha」収録「開花の乙女 ケラ」です。

伊藤くんのデザインを見られるイラストにするプロの仕事。 

 

f:id:harvestfiesta:20200325121754j:plain

評価:5/5

■疑似[V]スタンド

【V】G3以上の[V]へアタックした時、ソウルに「クロノジェット・ドラゴン」があるなら、手札を2枚捨てる。

このユニットを退却させ、ソウルから「クロノジェット・ドラゴン」にスタンド状態でライドし、ターン中、そのユニットのパワー+15000

 

リヴィエールにパクられたスペリオルライド方式の[V]スタンド効果ですね。

 

スペリオルライドなのでこのユニットに掛かっていたパンプ効果やトリガー効果を引き継ぐことはできませんが、代わりにギフトを獲得できます。

疑似超越でお手軽にギフトを重ねられ、更にスペリオルライドによってギフトを重ねていけるのは便利ですね。

 

またスペリオルライド先は「クロノジェット・ドラゴン」に限定されていますが、件の「クロノジェット・ドラゴン」が守護者制限付きのフィニッシャーなので[V]スタンドからの追撃要員としての十分な性能をしているので気になりません。

 

おまけのように付いているパンプ効果もパワー+15000と大きく、スペリオルライド先の「クロノジェット・ドラゴン」の効果と相まってかなり強力ですね。

 

残念ながら人魚が大暴れし過ぎたせいか、相手のGを参照する効果が付いています。

先行時にはこのユニットに疑似超越してもバニラになってしまうので、何某か別の超越先が必要になりそうです。

 

■総括

今回のギアクロの看板、「クロノドラゴン・ネクステージ」です。

 

先行時に弱いと言う欠点こそありますが、ほぼほぼ文句のない効果ですね。

スペリオルライド先の性能も最新のTD産なので暫くは一線級を保てるでしょうし、他のG4のように手札枚数やバインド枚数を気にする必要のない点が良いです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200325121800j:plain

評価:5/5

■G4にライドしていたら1ドロー

【V/R】[V]アタック時、バトル中、このユニットのパワー+5000

このターン、G4にライドしているなら、SB①、1枚ドロー。

 

ノーコストでパワー+5000されるのは良いですね。

[V]アタック時限定ですが、ほぼ常時単騎15000として扱えます。

 

そして疑似超越、或いはG4への素乗りを行っていれば1ドロー。

疑似超越のコストを補填してくれる便利な効果ですね。

いざと言う時には素乗りでもドロー効果を使用できるので、条件を満たせずに困る事は稀有でしょう。

「クロノドラゴン・ネクステージ」なら、素乗りから「クロノジェット・ドラゴン」に戻れますし、使い易い効果ですね。

 

■全ての手札を超越コスト化

【R】[V]が「クロノジェット・ドラゴン」なら、手札からカードを捨てる際、そのカードをG3として捨ててよい。

 

自身をG3として捨てられるカードはいましたが、ついにどんなカードでもG3として捨てられるユニットが出ました。

 

手札2枚を捨てなくてはならない状況でも、疑似超越コストを1枚に軽減できるので「クロノトゥース・ティガー」が捨て得になりますね。

こいつぁすげぇや。

 

実際に捨てることはないと思いますが、ノーマルユニットに限らないのでG0のトリガーを捨てても疑似超越を行える点も面白いです。

 

■総括

「クロノドラゴン」軸の必須枠ですね。

 

ドロー効果とG書き換えで疑似超越をサポートしてくれる超優秀なカードです。

[V]が「クロノジェット・ドラゴン」になるデッキであれば、必須です。

それ以外の軸にもドロー効果付きの自己パンプ目当てに採用したくなりますね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200325121742j:plain

評価:3/5

■[V]と同名がいれば自己パンプ

【R】自身の[R]に[V]と同名のユニットが居るなら、このユニットはカードの効果で退却せず、パワー+5000

 

懇到の騎士 モーガン」と同じく「アーシャの花妖精」トークンを使うと強化されるユニットですね。

相手ターン中もパワー15000を保っているので、懇到の騎士 モーガン」の上位互換と言えます。

 

C枠とは言え、TDの下位互換を封入するとか、脳の検査をした方が良い。

きっと脳に排泄物が詰まっている。

 

耐性の方は退却しないだけなのでバインドやバウンスは素通りですし、然程役には立ちませんね。

そもそも条件を崩されれば消えてしまいますから、耐性の無いトークンを焼けばよいだけの話です。

 

トークン生成

【V/R】CB①、プラント・トークンを2枚まで[R]にコールする。

 

カウンターを消費しますが、1度に2枚まで出せ、便利ですね。

【V/R】で使用でき、カウンターコスト以外の条件がなく、CB①で2枚分のアドバンテージを得られるとあれば、かなり優秀ではないでしょうか。

 

序盤からアタック・ブーストに使っていけますし、「アーシャの花妖精」トークンの為の生贄にもなれます。

ターン制限がない点も良いですね。

 

■総括

「アーシャの花妖精」トークンのコスト確保要員兼アタッカーです。

 

パンプ効果はなかなか優秀ですし、トークン生成効果もネオネクであれば「アーシャ」軸「アルボロス」軸では活用できそうです。

どちらの効果も優秀なので十分、採用が考えられますね。