イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「クラレットソード・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB12「Team 竜牙独尊」収録「クラレットソード・ドラゴン」です。

年末年始も休まず更新するとは、ご苦労様です。

 

f:id:harvestfiesta:20200101105100j:plain

評価:4/5

■デッキトップからドロップに置き自己パンプ

登場時、デッキトップから3枚見て、G1を任意の数ドロップゾーンへ置き、ドロップゾーンへ置かれたカード1枚につきパワー+10000。

 

不安定ですが最大でパワー+30000できる自己パンプ効果は悪くないですね。
ドロップゾーンへG1を溜めるギミックとしては少々物足りませんが、パンプ値が大きく複数枚送る事ができればフォースⅡ、自身の[V]スタンド効果との併せて相手にかなりの負荷を掛けられます。

 

欠点は確認する枚数が3枚と少ないため確実性に乏しく、最低保証もない所です。

最悪、見てシャッフルするだけで終ってしまいますね。
デッキトップを弄るようなサポートはありませんし、登場時効果は完全に運任せのようです。まぁ所詮坊主捲りなのでトップお祈りはいつもの事ですが、お祈り特化の内容はカードゲームとしてどうかと思います。

 

■恒例の[V]スタンド

アタック終了時、CB①、ドロップゾーンからG1を7枚バインド。
このユニットをスタンドし、ドライブ-1。

 

手札を切らない代わりにドロップゾーンで制限された[V]スタンド効果ですね。
自己パンプに成功していれば最大でパワー43000での2回攻撃を行えます。

そこまではいかずとも、ブースト込み31000⇒単騎23000のアタックとなればそれなりに受けにくい数値でしょう。
フォースⅡを敷いていればノーガードもし難いですし、効果①の登場時パンプで多少なりともデッキ圧縮されていればトリガーを引く確率も上がります。

 

ネックはそのコストの重さです。
自身の効果だけでは賄えませんし、手厚い介護が必要です。

また登場時以外はパンプも何も無い為、そこもフォローが必要ですね。
フォースⅠを敷くのが丸いでしょうか。

 

■総括

[V]スタンドを内蔵したシャドウパラディン今回の顔です。

 

フルパワーで[V]スタンドを撃てればゲームを決めかねない威力を持ったユニットですが、反面安定性は全くありません。

このユニットが活躍する為に周りが準備を整え、満を持して主役が登場しゲームエンドまで持って行く、VRを叩きつけて勝つ非常にヴァンガードらしいユニットですね。
サポートまで含めてみても扱い易く強いユニットではありませんが、上ブレすれば強い良いユニットだと思います。