イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「フィーバー・ロケッター」「カノントルーパー ハスカール」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT07「神羅創星」収録「フィーバー・ロケッター」「カノントルーパー ハスカール」です。
思い出したかのようにヒーローを出してきましたね。

f:id:harvestfiesta:20191001104303j:plain

評価:2/5

■[V]アタック時自己パンプ

[V]へのアタック時にパワー+3000され、単騎12000になる効果ですね。
《スピニング・ヴァリアント》の影響かではお互いに[V]しか殴れませんし、ほぼ自分のターン中はパワーが上がる効果と考えて良さそうですね。
条件が緩い為かパンプ値も極僅かですが、ノーコストでフォース以外には最低限の要求値を出せるので、悪くはありません。
アクセルに配られるパンプは、まぁこんなものでしょう。
地味ですが、あると助かる類の効果ですね。

 

インターセプト時、シールド増加

「ヒーロー」軸は《スピニング・ヴァリアント》のお陰である程度[R]の安全が担保されているため、インターセプト強化は理に適っていますね。
上昇値もソウル1枚で上がる数値としては、まずまずだと思います。

 

問題は、「ヒーロー」軸には既に同系統の《ウォーリア・オブ・チャクラム》が存在する事ですね。
あちらはダメージ依存なので序盤の上昇値は劣りますが、最大値では遥かに上を行っています。
またシールド値を増加できるのがインターセプト時に限定している所も使い難いです。
《スピニング・ヴァリアント》ではバインドも退却効果も防げない為、安定したインターセプトは望むべくもありません。

 

■総括

「ヒーロー」軸のがっかりRRです。

 

自己パンプとインセプ強化を兼ね備えたそこそこに便利なユニットですが、自己パンプは最低限の数値しか増えない為やや力不足を感じますし、折角のシールド値増加もインターセプト限定でやや使い難い印象です。
帯に短し、襷に長しですね。

 

f:id:harvestfiesta:20191001104309j:plain

評価:4/5

■ゴッドハンドのアタック時1ドロー

名前的にも、フレーバー的にも、イラスト的にも一切の関連性を感じられないのに、何故固有名称指定の専用サポート効果を割り振られたんでしょう?
そう言う効果を割り振るのであれば、専用のユニットを考えてあげれば良いのに。

 

効果の方は単純明快なCB①=1アドバンテージとなる1ドロー効果ですね。
[V]の《闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン》がアタックした時と言う非常に緩い条件で1ドローできるので便利ですね。
現環境の査定であれば、おまけの一つも付いて良いと思うのですが、残念ながらドローだけのようです。

 

その他の効果も一切持たない為、アタッカーとしては期待できませんし、相手からのアタックによる除去を警戒して[V]裏に置くのもありですね。

 

■総括

《闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン》専用サポートです。

 

固有名称を指定しているので他の軸には一切採用の目が無く、拡張され次第お役御免となる哀しい運命ですが、ノヴァでは貴重なリソース確保能力を有したユニットです。
《闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン》を採用するのであれば、セットで投入出来得るユニットですね。