イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「妖魔忍竜 ザンゲツ」「無頼の忍鬼 タガマル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT07「神羅創星」収録「妖魔忍竜 ザンゲツ」「無頼の忍鬼 タガマル」です。R以下は互換もあり見た目以上に種類が少ないので、そろそろネタ切れですね、明日の情報局はエンフェかな。

f:id:harvestfiesta:20190930103744j:plain

評価:3/5

トークン生成&ブースト付与

CB①でトークンを生成し、トークンにブーストを付与&パワーを+5000し最低限の仕事ができるようにする効果ですね。
CB①で行える効果にしては悪くありませんね。
盤面を埋める事で1枚分のアドバンテージは得ているので、トークンを出すだけで一応最低限の仕事は果たしていますし、おまけで火力を補えるのであれば、まずまずの成果でしょう。

 

特にターン制限が付いていない所が良いですね。
コストは嵩みますが、必要とあれば複数体のトークンを生成でき、その分だけパンプ値も増えます。

 

元のトークンが1列分のパワーラインを潰してガード値を微増させる微妙な性能で、それを活かす為に[R]サークルを埋めたままターンを渡す必要のある使い難いものだったのでこれでも微妙に見えますが、これなら置いても良いかなという印象です。

 

トークンを身代わりに手札に戻る

自身がアタックされた時、対象をトークンへ移し替えつつ自己バウンスを行う効果ですね。相手がトークン生成を嫌ってこのユニットを殴ってくることがあっても、トークンが場にある限りアタックでの排除は難しそうです。

 

事実上、トークンがコスト見た唸物ですが、ノーコストですし悪くはありませんね。
バインドや退却効果の前には無力ですし、先にトークンを除去されると使用できませんが、所詮ぬばたまですしね。大正義フォースクランのような優遇を望むのもは高望みなのでしょう。
存在を抹消されなかっただけマシです。

 

■総括

G2版《妖魔怪僧 ガミギョーブ》です。

 

トークンをパンプできる分、こちらの方が有能ですね。
今回のメインギミックであるトークンですが、そのままでは正直使い難いので、こう言う補助は必要ではないかなと思います。
他のトークン生成効果がぱっとしないので、最悪このユニットが「ハンゾウ」軸のキーカードと言う可能性もありますね。

 

f:id:harvestfiesta:20190930103752j:plain

評価:1/5

■バウンス反応自己パンプ

自身のターン中にバウンスを発動すると、このユニットのパワーを+10000する効果ですね。パンプ値が大きい所は偉いですね。
条件も緩いので、ぬばたまであれば常時パワー22000として振る舞えそうです。

 

しかし、ギフトなしG3にしてはかなり弱い残念な性能ですね。
同じギフトなしG3の《忍獣 コクシガラス》《禁戒の忍鬼 ミズカゼ》は強力な詰め性能を持っているので、それらと比べるとかなりガッカリです。
せめてターン制限を取って欲しかったです。

 

■総括

単純明快な木偶の坊です。

 

多少パワーは大きくなりますが、飛び抜けて高火力を叩き出すわけでもなく、自己完結もしていませんし、ギフトもありません。
デッキスペースに余裕があれば入るかも知れませんが、デッキスペースが余るような状態がそもそも弱いので、ちょっと考えられません。