イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「星辰の癒し手 エルゴディエル」「審美の天眼 シマピシエル」「サーモメトリ―・エンジェル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードは「星辰の癒し手 エルゴディエル」「審美の天眼 シマピシエル」「サーモメトリ―・エンジェル」です。
別にブシロードが悪いわけではありませんが、ほぼほぼ既知のカードですね。
毎回こう言う経緯でネタバレするのであれば、アニメできちんと描いて活躍させてあげても良かったのではないですか?


f:id:harvestfiesta:20191002044818j:plain

評価:3/5

■[R]2枚までをダメージへ。2枚送れば☆+1

自分、または相手の[R]をダメージゾーンへ送る事で、エンフェのテーマであるダメージゾーンにカードが置かれた時を満たす効果ですね。
相手のユニットも対象にできる為、今回のテーマである相手のダメージゾーンに反応するカードも使えるよと。
成程、理屈は解りました。まぁ、昔に比べれば随分と強くなったとは思います。

 

相手の[R]をダメージゾーンへ送る事ができるので、相手のダメージゾーンへ新たなカードが置かれると言う条件を満たしつつ、任意のユニットを除去できる点は偉いですね。CB①で2枚分のアドバンテージを得られると考えれば、然程悪くはありません。
おまけの☆増加も決定力が致命的に不足しているエンフェにとってはありがたいです。

 

問題は自身に対して使用すると[R]2体を消費してCC②となり効率の悪い点。
相手に対して使用すれば表向きで置かれる為、相手のカウンターコストを大量に回復させてしまう点。
「銀の茨」や同弾の「ハンドウ」等、自身の[R]を盤面に残さずターンを渡す相手には無力である点。
登場時効果なので効果の発動タイミングを任意で計り難く、複数回の使用も難しい効果に今回のテーマを全力投入している点です。

 

■相手の表のダメージ依存自己パンプ

効果①で相手のダメージを回復した分をパンプに活かせると言いたいのかな。
脳内に蛆でも飼ってるのか。

 

相手の[R]を使って☆+1を行えた場合はパワー+10000の最低保証。
概ね15000~20000程度の増加は見込めますね。
[V]限定で相手のコストを回復してまで得られるものが、これですか。

 

返しのターンでは綺麗に相手のコストが全部裏になって、見事バニラになり下がりますね。毎ターン再ライドを行い効果を使用する事を想定しているのでしょうが、オラクルやメガコロでもないのに、その動きを要求するのは無茶ですね。
そう言った動きを補助するカードを配っていない事をご存じですか?
全てのG3が《団結の守護天使 ザラキエル》の効果を持つわけではないのですよ?

 

 

■総括

効果が全て[V]限定になった劣化《機動病棟 フェザーパレス》のような何かです。
旧版もゴミでしたが、リメイク版も魅力の薄いユニットですね。

 

従来のG3が優秀なので、相手のダメージゾーン云々を使わないのであれば、別に必要のないカードだと思います。
同弾の相手のダメージゾーンへ依存したカードをアタックを絡めず能動的に使用したい場合は、今の所これしかないので使う羽目になります。

 

f:id:harvestfiesta:20191002044805j:plain

評価:3/5

■相手ダメージ反応自己パンプ&条件付き守護制限

アタックか《星辰の癒し手 エルゴディエル》の効果で相手のダメージゾーンへ新たにカードが置かれると、パワー+10000されノーコストでパワー22000まで上がる点は便利ですね。パンプ値も高く、アタックを通すだけでこれならば、まずまずだと思います。

 

追加効果の守護者制限もソウルのG3を参照するだけに留まり、ハンドコストはドライブチェックで補える為リーズナブルですね。

 

■総括

コストパフォーマンスを改善した代わりに決定力を失った《機動病棟 フェザーパレス》と言った趣ですね。

 

あちらとは違ってパンプだけの使用もでき取り回しでは勝りますが、☆が増えずパンプ値もあちらに劣る為、《機動病棟 フェザーパレス》で良いかなと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20191002044828j:plain

評価:4/5

■ダメージ反応自己パンプ2種搭載

従来の自身のダメージに反応する形でのパワー+5000と
今回のテーマである、相手のダメージに反応する形でのパワー+5000の2種類の効果を搭載し、どちらか片方だけならばパワー14000、両方満たせば19000アタッカーとして扱える所は便利で良いですね。

 

双方のダメージゾーンへカードを送る事ができる《星辰の癒し手 エルゴディエル》であれば一挙に両方の発動条件を満たす事ができる為相性は良いと言えますが、貴重な《星辰の癒し手 エルゴディエル》の効果を自軍を対象には撃ちたくはありませんね。
自軍のダメージゾーンを弄るカードは既存のカードプールにも存在するので、そちらは別途満たす方が良さそうです。

 

■総括

2種類のダメージ反応型自己パンプを搭載したアタッカーです。

 

緩い条件でパンプでき、常時14000or19000のユニットとして振る舞える為、何処にでも居場所を作れると思います。
類似効果の《ミリオンレイ・ペガサス》と枠を競る事になるかな