イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「震天竜 アストライオス・ドラゴン」「風天の魔術師 バーネット」「デピュタイズ・ベア」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードは「震天竜 アストライオス・ドラゴン」「風天の魔術師 バーネット」「デピュタイズ・ベア」です。
海外で公開されていたものの国内正式公開ですね。
エンフェも海外先行だそうです。こちらが正しかったのであちらもウソバレではなさそうです。

f:id:harvestfiesta:20190925041929j:plain

評価:4/5

■星域作製

《煌天神 ウラヌス》同様、フォースを5枚集めて[V]裏を星域にする効果ですね。
新しくなったジェネシス良かれ悪しかれ星域に依存している為、この効果が無くてはお話になりません。
これで無事、こちらをメインに据え《煌天神 ウラヌス》をサブにできますね。

 

[V]サークルに5枚重ねる都合上、フォースⅡとはあまり相性が良くありませんが、5枚以上ギフトを獲得する事も難しくはないので、星域や他の[R]に撒く事も想定しフォースⅡを重ねてもなかなか面白いです。

 

特に星域にフォースⅡを張ると非常に愉快なので、流行って欲しい動きですね。

 

■起動効果でフォースを獲得

CB①でフォースを1つ獲得する効果です。
TDの時点で感じていましたが、ギフトを安売りし過ぎだと思います。

 

素乗りしたタイミングで[V]に2枚のギフトを置けるので、他のサポートが一切無くともパワー33000。
☆は増えないのでガード強要能力が高いわけではありませんが、同クランの《煌天神 ウラヌス》がSB②を支払って登場時限定である事を鑑みれば、これだけでも破格です。

 

ソウルにG3を要求しない起動効果なので、再ライドの必要がない点も良いですね。
素乗りしたターンにもほぼフルスペックを発揮でき、ターンを跨ぐだけで容易に星域を展開できるのは偉いです。

 

欠点は《煌天神 ウラヌス》とは違い、[V]限定効果である点です。
[R]に出すと何の価値もありませんし、二枚目以降を引いた場合もやや扱いに困りますね。
最初から分かっていましたが、《煌天神 ウラヌス》がサブ[V]、こちらがメイン[V]と言う感じです。

 

■星域にユニットが存在する場合1ドロー

SB①で1ドローできるのは良いですね。なかなか優秀な効果だと思います。

 

ただ、起動条件が星域にユニットが存在する場合と安定してドローできるわけではありませんし、アドバンテージを稼ぐ効果と言うよりは、アタック後に場を離れてしまう《絶界巨神 ヴァルケリオン》の損失を補填する効果と言った意味合いが強いように感じます。

 

■総括

《煌天神 ウラヌス》同様、星の名を冠し、星域展開能力を備えた星詠です。

 

[V]限定効果しか持たないので、星神を採用したデッキのメイン[V]となるユニットですね。効果の中身も星域展開・フォース追加取得・1ドローと星神の為に舞台を整え、サポートに徹する形です。
TDを順当に強化するユニットなので、新しいジェネシスを使うのであれば、ほぼ採用されるユニットです。

 

f:id:harvestfiesta:20190925041940j:plain

評価:3/5

■星神反応自己パンプ

星域にユニットが存在する場合、自身のパワーを+5000する永続効果ですね。
今の所、相手ターン中もパワーを維持する術はありませんが、消えない星神がいずれ来るのでしょうか?

 

フォースのパワー+5000なので単騎15000、ブースト込で容易にパワー23000に到達する点は偉いですね。
星神の仕様上、パンプを維持する事は難しいですが、おまけとしては十分です。

 

■列攻撃付与

星神になるかみのような前列全てとバトルする能力を与える効果ですね。

 

「エイゼル」や「ナイトメアドール」のようなアクセルサークルを得ることが得意なデッキほどよく刺さる効果ですが、単純に[R]2体を薙ぎ払われるだけのフォース・プロテクトにも十分効きますね。

 

星神を無事呼べたが詰め切れないと言う状況下では、返しのターンの負荷を軽減してくれるこう言う効果はありがたいです。
どうせなら詰め性能を上げる効果が欲しいのですが、悪くはないと思います。

 

問題はジェネシス特有の糞重SBです。
スタンのSCはどのクランも然程性能が良くありませんし、ジェネシスのソウル確保能力はお世辞にも良いとは言えません。
この効果を使うとなると、何某かの軽減やソウル供給が必要になるかと思います。

 

■総括

星神専用サポートです。
こう言うカードがあると言う事は、神羅には入らずとも、星神は拡張されるんでしょうか?

 

このユニット自体は星神が存在しなければバニラですし、付与する効果も劇的に優秀と言うわけではないので必須ではありませんね。
選択肢の一つとしては悪くないので、採用候補ではあると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190925041949j:plain

評価:4/5

■ヴァルケリオンサーチ&条件付きソウル増強

《絶界巨神 ヴァルケリオン》を運用するうえでネックとなるのが、星域の確保と《絶界巨神 ヴァルケリオン》自身の確保です。

 

星域の方は幾つかサポートがありましたが、肝心の《絶界巨神 ヴァルケリオン》については現状このユニットしかいません。
正直、フル投入しても7ルックではやや不安が残りますが、あると無いとでは全然違いますね。
某フュージングなんとかさんとは違い、フォースクランなので7枚見る事を許されている点も偉いです。

 

フォースが3枚以上あれば、単純に1枚分のアドバンテージを得られる点も良いですね。
《絶界巨神 ヴァルケリオン》はすぐに消えてしまうので、攻めを考えれば二枚目があると安心できます。

 

フォースが2枚以下の場合は手札を1枚ソウルへ置かなくてはなりませんが、フォースの数は増やすだけならば能動的にコントロールできますし、《震天竜 アストライオス・ドラゴン》《煌天神 ウラヌス》に乗ってしまえば、殆ど発動する事もないでしょう。
逆に中盤以降はソウルを増やす手段としてはこの効果を利用できない点の方が、気に掛かります。
もう少し能動的にどちらか選べるのが理想でした。

 

■総括

固有名称指定の《絶界巨神 ヴァルケリオン》サーチです。

 

ブシロードはこう言う固有名称を指定したカードが異常に多いですね。
拡張された際に絶対に使い回しを許さず、新しいカードを買わせてやろうと言う鉄の意志と鋼の強さを感じます。

 

とりあえず、《絶界巨神 ヴァルケリオン》を採用するのであれば星域サポートと並んで重要なユニットになるので星神が増えるまでは優先度の高い採用候補だと思います。