イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ゲイプクリーヴ・ドラゴン」「スタニングレッカー・ドラゴン」「サンバー・ブロワー」「ウェーブフロー・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日の公開カードはクーポン交換カード「ゲイプクリーヴ・ドラゴン」「スタニングレッカー・ドラゴン」「サンバー・ブロワー」「ウェーブフロー・ドラゴン」です。
ウェーブフロー以外、まともなドラゴンがいない。
スタニングレッカーとかカブトムシじゃん。


f:id:harvestfiesta:20190918104259j:plain

評価:2/5

■パワー5000のユニットがいると自己パンプ

相手[V]へアタックした時、自身のパワー5000の[R]が存在する場合、このユニットのパワーを+10000し、単騎2000になる効果ですね。
緩い条件で単騎20000のアタッカーになれるので使い易い部類だと思います。
こう言う方向でパワー5000を活用するユニットと言うのは珍しいですね。

 

■総括

シャドウパラディンであれば一定数採用されているであろう、パワー5000のユニットが存在する事を条件にした自己パンプ効果を持つG2ユニットです。

 

発動条件は容易ですし、扱い易い部類のユニットだとは思いますが、ではどんなデッキに採用されるのかと考えると少々難しいユニットですね。
悪くはないユニットですが、採用候補の多いシャドウパラディンでこのユニットを採用するスペースを確保するのは難しそうです。

 

f:id:harvestfiesta:20190918104312j:plain

評価:2/5

■ヒット時バインド&後列釣り出し

このユニットのアタックが相手[V]にヒットした時、相手前列のユニット1体をバインドし、バインドしたら後列のユニット1体を前列へ移動させる効果ですね。

 

バインドと釣り出しをノーコストで行える点は偉いと思います。
条件が[V]ヒット時と厳しめですが、まぁノーコストであればこんなものでしょう。

 

問題はヒットを要求する効果なのに、このユニットにはパンプが一切なくアタックを[V]に通すのもままならない点です。
アクセルサークルに配置するなどしてパワーの低さをケアしなくては、折角のノーコストバインドを活かせないので少々扱い難いですね。

 

■総括

カブトムシ、或いは赤龍帝です。

 

[V]ヒット時と厳しい条件ですがノーコストでバインド及び釣り出しを行えます。
ただ、なるかみのG2帯は既に枠に余裕が無く、このユニットを差し挟むのはかなり難しいと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190918104318j:plain

評価:2/5

■ドロップからSC&相手[R]1体退却

登場時にCB①支払い、ドロップゾーンから1枚を選択しソウルへ置き、そのユニットと同じGの相手[R]を1枚選び退却させる効果ですか。
退却効果にソウル枚数を指定されない《グウィン・ザ・リッパー》のようなユニットですね。
ソウルの質を考慮しつつ量を増やせる点は悪くありませんが、ソウルへ送カードと除去するカードのGが同じでなくてはならない為、使い勝手はやや悪そうです。

 

■総括

《グウィン・ザ・リッパー》の亜種のようなカードですね。

 

本家が殆ど採用されていないように、こちらもほぼ使われることはないと思います。
産まれてくるのが遅すぎました。

 

f:id:harvestfiesta:20190918104325j:plain

評価:2/5

■ノーマルユニットを疑似トリガー化

ドライブチェックでノーマルユニットを引いた時、このユニットをソウルへ置く事で、[R]1枚にパワー+5000を与える効果ですね。

 

このユニットを消費し、[V]を対象にできず、上昇値も+5000止まりでは、いまいちですね。
ブーストを終え、レスト状態のこのカードで他のラインをパンプできると言う点は悪くありませんが、それにしても若干力不足に思えます。

 

■総括

ドライブチェックの効果を捻じ曲げるG1ユニットです。

 

弱いとまでは言いませんが、アクアフォースのG1帯はかなり固定化されているので、このユニットの枠があるとは考えにくいです。