イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「妖魔怪僧 ガミギョーブ」「怨色の忍鬼 ダイマル」「妖魔変幻」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の公開カードはBT07「神羅創星」収録「妖魔怪僧 ガミギョーブ」「怨色の忍鬼 ダイマル」「妖魔変幻」です。
クラン特性が互換と言われたネオネクが、特性を使い回される日が来るとは。

 

f:id:harvestfiesta:20190912104257j:plain

評価:2/5

トークン生成

SB①支払い、自身を手札に戻す事で、《妖魔変幻》トークンを[R]にコールする効果ですね。
本家とは違ってこちらは防御用のトークンとなるようです。

 

たった5000とは言え、ソウルが続く限り無限にガード値を水増しできる点はなかなか良いと思います。
コストとして手札に戻る事でトークンの為に場を譲る動きも然程強くをスムーズに場から取り除けて良いですね。

 

■自身への攻撃をトークンへ移し替える

このユニットがアタックされた時、対象を[R]に変更し、自身を手札に戻す効果ですか。モチーフを活かした効果ではありますが、トークンは既にネオネクで見たのであまり驚きはありませんね。
むしろネタ切れ感がします。

 

際限なく防御札を呼び続けるこのユニットを除去したい場合もあるでしょうし、自衛手段があるのは良いと思います。

 

ただ、トークン生成時に手札に戻るので、そのまま手札にいる事が多く、返しのターンに場には残り難いので、別の効果の方が嬉しかったかなと言う気がします。

 

■総括

防御用のトークン生成効果と、身代わり効果を持ったG3ユニットです。

 

ユニークな効果を持ってはいますが、あまり強くは見えませんね。
劣化《夢幻の風花 シラユキ》です。
なんとかプロテクトⅡを活用させようと頑張っているのでしょうが、これでは厳しいですね。

トークン生成効果が貴重で、トークンを活用する重要ユニットが無数にいれば使う事になるでしょう。

 

f:id:harvestfiesta:20190912104303j:plain

評価:4/5

■単純条件大幅パンプ

単純な効果ながら優秀ですね。
横に広げるだけでパワーラインの低さを改善できる効果は非常に助かります。
プロテクトクランなので、トリガーを置いて数を揃える動きもアクセルで行うよりは安心して行える点も良いです。

 

■総括

やたらと大きなパンプ値を構えたG2ユニットです。

 

どの軸でも達成可能な条件でパワーラインを大きく引き上げてくれるので、G2帯に余裕があればあらゆる軸に混入できます。
ぬばたまはあまりパワーラインが高くはないので、ほぼ必須と言えるユニットだと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190912104319j:plain

評価:-/5

■防御専用トーク

ネオネクタールで初めてトークンが出た時には、ヴァンガードの世界でもそう言うものが出るのかと新鮮な気分で見られましたが、二回目となると如何ともし難いですね。

 

とりあえず、インターセプトを行えるトークンなので、プロテクトⅡを張るとガード値の薄さが多少改善されます。

 

反面、パワー0、アタック不能、ブーストもないので一切の火力貢献を行えません。
まぁプロテクトらしいと言えますね。

 

■総括

ぬばたまの新規軸、身代わりトークンです。

 

プロテクトⅡのインターセプト強化を受ける為だけに存在するトークンですが、こんなギミックよりもハンデスに傾倒して欲しかったです。