イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局 「闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン」「ガインガインX2」「フュージング・ストライカー」「グリット・ベンガル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の公開カードはBT07「神羅創星」収録、「闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン」「ガインガインX2」「フュージング・ストライカー」「グリット・ベンガル」です。
ノヴァがVR含め4種公開されました。
今回のノヴァはフロントトリガーを活用する方向のようですね。
醒トリガー相当のトリガーは、毎回そう言う扱いをされる運命なのでしょうか。

f:id:harvestfiesta:20190910231323j:plain

評価:4/5

■前トリガー強化

前トリガー限定ですが、トリガーのパワー増加値を+20000に変更してくれます。
前列全てをパンプする前トリガーの効果を引き上げられるのは、かなり強力ですね。

 

確実性はありませんが、ノヴァらしく爆発力に傾倒した優秀な効果だと思います。
その確実性の無さもゲーム中1回程度であれば、《グリット・ベンガル》の効果で確定に変えられますし、楽しそうですね。

 

■お手軽トリプルドライブ&☆増加

CB①と手札1枚でドライブチェックの回数を増加し、なんとしても前トリガーを引こうと言う効果ですね。
単純ながら強力な効果で良いと思います。
たくさん引けば出るだろみたいな頭悪い感じ、好きです。

 

先行時には弱くなるよう、相手[V]がG3以上の時と制限こそついていますが、追加コストの必要も無くあっさりと☆が増える所も良いですね。
ドライブチェックを増加させることにより、要求値も高くなりやすくなっていますし、☆増加と相性は良いですね。

 

やだ、このユニットはどちらの効果も純粋パンプではないので、運が悪い時はただのパワー12000ユニットに成り下がります。
如何に☆が増えようと、要求値が届かなくては意味がありません。
ノヴァは[V]裏にブースト要員を置く事が難しい場合も間々あるので、そこは少々ネックですね。

 

■総括

ノヴァグラップラー版《ペンタゴナル・メイガス》です。

 

☆こそお手軽に増やせますが、パンプはトリガー頼みの運任せで少々安定性に欠けるユニットですね。
しかし、その分嵌った時の爆発力が高く、非常にノヴァグラップラーらしい動きの出来るユニットだと思います。


f:id:harvestfiesta:20190910231314j:plain

評価:3/5

■前トリガーが出ると自己スタンド

前トリガーが出ると自信をスタンドできる単純な効果ですが、前トリガーそのものや《闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン》の効果と噛み合っていて強力ですね。

 

G2ユニットは単騎でスタンドしても要求値に届かない事もあるのですが、前トリガーでパンプされてしまえばその問題は解決できますし、《闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン》の効果込みであれば、アクセルサークルに置かなくてもダメージトリガーをケアしたパワー23000ラインも超える事ができます。短いテキストは強い。

 

とは言え、前トリガーが出なければバニラなので、このユニットが役に立つ場面よりもバニラである場面の方が遥かに多そうですね。

 

■総括

R⇒V⇒Rの順でアタックしても前トリガーが無駄にならない稀有なユニットです。

 

巧く扱えれば面白く、強力なユニットですが、トリガーの中でも前トリガーのみと言う非常に狭い所を縫うように引かなければバニラに成り下がる扱い難いユニットでもあります。「蒼翼」よりは随分マシで現実的な範囲に収まっているのが救いですね。
いっそ前12構成とかにしてしまうと気持ちよく殴れるかも知れません。


f:id:harvestfiesta:20190910231304j:plain

評価:4/5

■G2版《闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン》

《闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン》と同様に、前トリガーのパンプ値を引き上げる効果ですね。
こちらはG2なので効果量も半減して、パワー上昇値+5000です。
5000刻みだと対フォース相手に妖怪1000足りないが出るので、ありがたみが薄いのですが、そこそこに便利ではありますね。

 

■5ルック固有名称指定サーチ

大正義シャドウパラディン様は1枚消費するだけで山札を7枚見て、2種の中から好きな方を選んで手札に加えられるのに、ノヴァときたら…。

 

覗く枚数にはやや不満がありますが、デッキの安定性を引き上げ、安定して狙ったユニットにライドできるようになる重要なカードですね。
不確定ながらも任意の手札1枚を《闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン》に変換できるのですから、弱いはずがありません。

 

■総括

前トリガー強化のおまけが付いたライドサポートユニットです。

 

デッキの安定性に寄与する重要なユニットなので、《闘拳竜 ゴッドハンド・ドラゴン》を採用するのであればセットで採用されるでしょう。


f:id:harvestfiesta:20190910231247j:plain

評価:3/5

■前トリガーをデッキトップに仕込む

今回のノヴァはまるでオラクルのような動きをしますね。

 

前トリガーを確定で引けるようになる為、今回の公開カード各種とシナジーがあります。個人的にはニート歴の長い《ガインガインX2》に本気を出させる事ができる点が一番偉いと思っています。

 

このユニット自体はアタッカーとしてもブースターとしても居るだけマシと言うレベルですが、前トリガー前提の1回使い切りであれば単騎アタッカーとしても、ブースト要員としても及第点をあげられますね。

 

■総括

前トリガーをデッキトップに仕込む中々ヤバい奴です。

 

これ単体で見るとそこまでではありませんが、今回の公開カードと組み合わせる前提のユニットなので単体性のには目を瞑りましょう。
《ガインガインX2》を超有能ユニットに変える魔法カードなので、セットで運用したいですね。