イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「槍撃怪人 メガララランサー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはEB09「槍撃怪人 メガララランサー」です。
これで全てのRRRが出揃いましたが、最後まで残した割には地味ですね。

f:id:harvestfiesta:20190903224625j:plain

評価:4/5

■アタック時レスト数依存自己パンプ

相手[V]へのアタック時、レスト状態の相手[R]1枚につきパワー+2000される自己パンプ効果ですね。
アクセルを考慮しない場合でも最大でパワー+10000されるので、展開が得意なクラン相手であれば、そこそこに役に立ちそうですね。
しっかりと展開できるアクセル相手であれば更なるパワーの上昇を見込めますが、[R]1枚当たりのパンプ値はかなり低く設定されていますし、狙う程のものではありませんね。
単騎でパワー19000まで上がるのであれば、優秀な部類でしょう。

 

ただ相手が常に万全の状態でアタックしてくるわけではありませんし、展開を控えブースト要員を付けずにアタックする事も間々ある為、常にパワー+10000を狙うのは難しそうですね。
特に「銀の茨」は返しのターンで[R]が残っている事が少なく、相性が悪いです。
パラライズを主軸に置くメガコロニー全般に言える事ですが、現環境で流行している「銀の茨」に対して相性の悪いユニットと言うのは、それだけでも弱く見えてしまいますね。

 

■[R]を1枚ソウルへ置きインセプ封じ

自己パンプのおまけとして見ればインターセプトを封じられる追加効果は、まぁ悪くはありませんね。
ただ、その為に[R]を1枚消費すると考えると、些か割高感は否めません。

 

情報局内でも付言されていましたが、この効果の真価は何ら制約もなく任意の[R]をソウルへ置ける点の方です。
《真魔銃鬼 ガンニングコレオ》や《デスワーデン・アントリオン》の効果を早期に使用できるようになるのであれば、それなりの価値もあるでしょう。

 

■総括

今弾最後のRRR枠です。

 

RRRとして見ると少々地味ですが、性能が極端に低いわけではありませんし十分に採用圏内でしょう。
なにより、メガコロニーのG2枠は必須と言える札に乏しいので、このレベルであれば余裕で即戦力になれます。