イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ガンワイルド・ウルフ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」収録「ガンワイルド・ウルフ」です。
今日もスパイクなんですね。メガコロのRRRを出し渋って何がしたいのでしょうか。
情報局で出すような目玉カードと言う事ですかね?


f:id:harvestfiesta:20190902103524j:plain

評価:3/5

 

■n枚以上でなければガードできない

このカードのアタック時にG3をSB③し、[R]を望む枚数デッキボトムへ置くことで、そのバトル中、相手はこの効果でデッキボトムへ置いた枚数以上でしか手札から[G]にコールできない。

 

強くはありますが、《アーマードマンモス》が優秀だったので、類似効果でこれほど大きなコストを要求されると、見劣りしますね。
あちらとは違ってフォースクランなので、ガード制限を撃つ気満々で構えていたらダメージトリガーを踏まれてしまい、そもそもアタックが通らなくなると言った事態に陥り難い為、アクセルクランと等価でガード制限を渡してはマズイと言うのは理解できますが、やや損した気分になります。

 

ソウルコストがG3指定を3枚と再ライドを繰り返す戦術を取る事の少ないスパイクブラザーズにはやや厳しい条件に見えますが、《ジャガーノート・マキシマム》の自己ソウルインや《将軍 ザイフリート》の入れ替え効果である程度はG3をソウルへ置く事も可能なので、見た目ほど撃ち難くはなさそうですね。
特に自己ソウルインでソウルにG3を溜め込める《ジャガーノート・マキシマム》は相性が良いので、予め立てて置きこのユニットのアタックへの布石としたいところです。

 

デッキボトムへ送る[R]も、既にアタックの終ったものを選択すれば然程損失を気にせずにすみます。
効果の性質上、詰めの1点を入れる為のユニットですし、1点通りさえすれば場が空になっても構わない事も多いでしょう。

 

スパイクのカードにしては珍しくパンプを持たない点も気に掛かりますが、フォースクランなのでお手軽にパワーラインを引き上げる事が可能ですし、このユニットにフォースを振っていなくとも、同弾のユニットでフォースを動かす事ができるのである程度補える点が良いですね。

 

■総括

スパイクのマンモスです。

 

コストが重い為連発はできませんが、《ジャガーノート・マキシマム》等を用いて準備を整えてやれば無理なく撃てそうです。
フォースクランのユニットなのでパワーラインやダメージトリガーを気にする必要が殆ど無く、安心して最後の一発を任せられる所が良いですね。

 

必須カードと言う程ではありませんが、そこそこ優秀なのでデッキに挿しても良いと思います。