イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「サベイジ・マーセナリー」「アーマードマンモス」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」収録「サベイジ・マーセナリー」「アーマードマンモス」です。
成程、面白い。

f:id:harvestfiesta:20190829104951j:plain

評価:2/5

■ノーマルライドできない

ギフトなしとは言え、素のパワーが27000もあるとライドを狙いたくなりますね。
とは言え、Pスタンなら兎も角、スタンダード環境では、このカードにスペリオルライドする方法はなさそうです。

 

■アタックできない

同じ縦列に武装ゲージを持つ自軍ユニットがいないと攻撃も出来ません。
そのままではライドできず、攻撃も出来ず、扱い難い脳筋ですね。

 

まぁ今弾で武装ゲージを得る手段は増えたので、アタック制限に関しては、そこまで困りはしないと思います。
ただ、単騎で火力が出せるユニットの後ろにほぼ必ずユニットを置かなくてはならないのは、若干扱い難いですね。
制限の関係上、そのままではアクセルサークルにも置けません。
武装ゲージに関する効果はありませんが、このユニットにゲージを配っておくのが一番まるい対応ですかね。

 

■総括

なんだか滅茶苦茶な事が書いてある脳筋です。

 

ライドできない点は良いとして、アタック制限もアクセルとしてはやや扱い難く、あまり強くはありませんね。
ただ、素のパワーが非常に高く、最後の1点をもぎ取るフィニッシャーとしては優秀なので、デッキに1枚忍ばせておくと役に立つ事もありそうです。

 

f:id:harvestfiesta:20190829104958j:plain

評価:4/5

■激ヤバ新型ガード制限

《サベイジ・マーセナリー》のパワーがどうこう等と言っている場合ではありませんでした。こいつはヤバいですよ。

 

理想的な挙動をした時のたちかぜは、1体のユニットが武装ゲージを4つ5つ得る事も珍しくありません。
そのユニットが《アーマードマンモス》自身である事は稀有でしょうが、適当なユニットの元に溜めて置き、必要に応じて《光刃竜 ザンディロフォ》で移し替えればいいだけなので何ら問題ありません。

 

惜しむらくは捨てる枚数を選べない為、《轟剣竜 アンガーブレーダー》のスタンド効果とあまり相性が宜しくありません。
ガード制限をかけての二回攻撃は許されませんでした。

また、類似カードに2枚以上でのガードを強要する《アテンプトマンモス》が存在する為、武装ゲージが2枚以下の場合は単純にコストパフォーマンスの下がった劣化版に成り下がります。
小分けにして長く殴り続けるには不向きなユニットなので、扱い難い点がややネックですね。

 

■総括

効果が大味になった《アテンプトマンモス》です。

 

武装ゲージを4枚、5枚とかなぐり捨てて、是が非でも1点を取りたい時に重宝する優秀なフィニッシャーです。
小回りの利かない効果なので運用にやや難がありますが、アクセルクラン垂涎の効果なので採用の余地もあるでしょう。