イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「スナッパー・デビル」「ビッグブロー・テッド」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」収録「スナッパー・デビル」「ビッグブロー・テッド」です。
VRも全て見えましたし、発売日も迫っているので、公開内容もそれに見合ったものですね。期限ぎりぎりにレポート書き上げるみたいな真似せずに、バランスを考えてください。

f:id:harvestfiesta:20190828110228j:plain

評価:4/5

■ヒット時1ドロー

他クランでも散見される後攻の不利を打ち消す効果です。

 

[V]限効果ですが、優秀ですね。
《指揮官 ゲイリー・ギャノン》、《オフェンシブ・パンター》と併せ、序盤の足回りはかなり強化されそうです。

 

■ブースト先へフォースを移動

《デッドヒート・ブルスパイク》がSBで行っていた効果の限定版ですね。

 

効果対象がブースト先に限定されてしまいましたが、ソウルを消費せずにフォースを動かす事ができる点は優秀ですね。《デッドヒート・ブルスパイク》とコストが競合しないので共存が容易ですし、フォースを集約する事で優秀なヒット時効果を持つ《将軍 ザイフリート》のアタックを通し易くなります。
《将軍 ザイフリート》でスタンドした[R]へ、フォースを配る事も出来ますね。

 

カウンターコストを消費する点が少々厳しいですが、悪くはなさそうです。

 

■総括

スパイクブラザーズの立ち回りを強化してくれるユニットです。

 

ヒット時1ドロー効果によって序盤の動きを円滑にし、フォースマーカーの移動で中盤以降もきちんとサポートを行える所が偉いですね。
スパイクブラザーズのG1帯は既存、公開分含めて優秀なユニットが多く、枠が厳しいのですが、それを加味しても十分に採用されるカードだと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190828110237j:plain

評価:2/5

■ドロップ回収コストで自己パンプ

コストとしてG2以上をドロップゾーンからデッキボトムへ戻す事で、自己パンプを行う効果ですね。
スパイクブラザーズは山札から後続をサーチしてくる効果が多い為、どちらかと言うとドロップゾーンのカードを戻せるコストの方が本命になりそうです。

 

スパイクブラザースに合った効果ではありますが、このユニット自体は継続して登場時パンプを発動させるための後続補充効果を持たない点がネックですね。

 

■総括

ドロップゾーンからユニットを回収しつつ自己パンプを行えるG1ユニットです。

 

パンプ値が大きく、ドロップゾーンから後続を補充できる効果は嬉しいのですが、これを使うのであれば《ワンダー・ボーイ》の方が良いと思います。