イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「怒号竜 ロアーバリオ」「鞭尾竜 バッシャーカルノ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」収録「怒号竜 ロアーバリオ」「鞭尾竜 バッシャーカルノ」です。
RやCの公開よりもRR以上が見たいのでが、引っ張りますね。

f:id:harvestfiesta:20190821110957j:plain

評価:3/5

■登場時武装ゲージ付与&パンプ

登場時にSB①を支払う事で、[R]1体に武装ゲージを一つ着け、そのユニットの武装ゲージ×5000のパンプを与える効果です。

 

登場時にゲージを置く効果が増えるのはありがたいですね。
今まで以上の効率で武装ゲージを溜める事が出来そうです。
アタックを必要とせず武装ゲージを置く効果を持つユニットがある程度増えたので、それを活かして《餓竜 ギガレックス》のバーン効果を最速で撃つ動きを目指したデッキが作れそうですね。

 

他の[R]を指定する必要があるので、[R]がこのユニット単騎では効果を発揮しない点はやや残念ですが、パンプも付いてきますし使い易い部類だと思います。

 

■総括

《ターボスミロドン》、《光刃竜 ザンディロフォ》に続く、メインフェイズ中に武装ゲージを付ける効果を持ったユニットです。
既存の《烈爪竜 ラサレイトレックス》、《サベイジ・レイダー》と併せてこれで5種目なので、かなり安定して武装ゲージを溜める事ができるようになったと思います。

 

選択の幅が広がった状態で、あえてこのユニットをゲージ供給要員とする理由は弱いのですが、3種目以降の武装ゲージ供給要員として一定の価値は有ると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190821111003j:plain

評価:2/5

■[V]ヒット時武装ゲージ消費1ドロー

武装ゲージこそ消費してしまいますが、CB・SBの消費もなくドローを行える点は良いですね。

 

その分ブーストしたアタックが相手[V]にヒットした時と、かなり重い起動条件が付き、コストも折角着けた武装ゲージを2枚消費しなくてはならず、使い難い印象です。
一応、武装ゲージには手を付けずに使用する事も出来ますが、その場合は折角条件を満たしたのにただの手札交換に成り下がります。

これならば、別途退却要員が必要とは言え、CB①で2枚引ける《突撃竜 ブライトプス》の方が良いですね。
あちらに退却要員が必要であるように、こちらもブースト先が必要ですし、ドローを行えるかどうかが相手に依存している点もマイナスです。

 

■総括

武装ゲージをコストとして利用したドロー効果、或いは[V]ヒット時手札交換を行えるユニットです。

 

いかにもサブクランのC枠って感じの査定ですね。
《突撃竜 ブライトプス》《ソニックノア》を4枚入れても足りない場合には、候補に挙がるかも知れません。