イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「マシニング・レディボンバー」「強酸怪人 ゲルドスラッグ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」収録「マシニング・レディボンバー」「強酸怪人 ゲルドスラッグ」です。
無誘導の爆弾を投下するのに、何故その位置にハッチがある。

f:id:harvestfiesta:20190822103824j:plain

評価:3/5

■[R]を望む枚数選びレスト&条件付きCC

《マシニング・スパークヘラクレス》を補助するカードですね。
これ1枚で敵味方含め、全ての[R]をレスト出来る点は悪くないと思います。
レスト効果の対象が少ない、効きの悪い状態になるとCCを行える点も便利です。
相手が「銀の茨」であればCCだけは使えそうですね。まぁその代わりレストする対象も皆無でしょうけど。

コンボ用ユニットなので、このユニット単体ではCC以外は機能しない点はややネックですね。
特に今回のVR《真魔銃鬼 ガンニングコレオ》を主軸に考えると、自軍ユニットをレストしたから何?って感じですし、敵軍レストもそれ単体では何の価値もありません。

 

■総括

「マシニング」の追加パーツです。


CCを除けば効果が完全に「マシニング」用なので、今回のVR《真魔銃鬼 ガンニングコレオ》を使う上では重要度の低いカードですね。

《マシニング・スパークヘラクレス》を採用するのであれば、採用する事もあると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190822103829j:plain

評価:2/5

■レスト状態の後列依存シールド値増加

やたらキモいビジュアル、低いパワー、後ろ向きな効果。
強い弱いは別にして、こう言う癖の強いカードは悪くありませんね。

 

効果の方は最大でシールド値+15000され、25000のガード札になれる防御用のカードですね。ロイパラやバミューダのような展開力に優れ、きちんと布陣を整えて攻めるタイプのクランを相手にする場合は高い防御力を得られそうですね。

 

逆にそう言ったことが苦手なアクセルクラン、特に「銀の茨」は相手ターン中に後列が存在しない事も多く、ただパワーが低いだけのG1ユニットになる場面も多そうです。

 

■総括

ユニークな効果とキモいビジュアルのガード札です。

 

フォース、プロテクトに対しては警戒されない限り十全に効果を発揮できそうですが、アクセルクランに対してはあまり当てにできないユニットですね。
最大値が高い為劣化とは言いませんが、素直にシールド値の増えたバニラを使った方が安定する気がします。