イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局 「真魔銃鬼 ガンニングコレオ」「無双剣鬼 サイクロマトゥース」「ハイディング・キラーリーフ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはEB09「真魔銃鬼 ガンニングコレオ」「無双剣鬼 サイクロマトゥース」「ハイディング・キラーリーフ」です。
予想通り今回はメガコロニ―のターンですね。どれを引っ張っても大差ないだろうと思いますが、今回もたちかぜをギリギリまで引き延ばすようです。

f:id:harvestfiesta:20190820220904j:plain

評価:4/5

■ノーコストドライブ追加&条件付きで更にドライブ追加

登場時にノーコストで自己パンプとドライブ追加を行い、何もなくとも登場したターン中はトリプルドライブになり
相手の山札を1枚捨て、それがG3以上であれば更にパンプとドライブ追加を行いクアドラプルドライブになる効果ですか。面白い効果ですね。

 

最低でもパワー17000、トリプルドライブになる事は確定していますし、あまり確率は高くはありませんが、運が良ければパワー27000、クアドラプルドライブになれるのは良いですね。
例えG3以上が出なくとも、G0を落とせればダメージトリガーを不発にできますし、G1、G2以外は当たりと考えれば結構な確率で出せそうす。
メガコロニ―はG3のサーチがある程度可能なので、各種サーチを駆使して積極的に再ライドしたくなりますね。

 

■山札破壊&ガード制限

LO反応型自己パンプを持つG1ユニットもいましたし、今回のメガコロニ―は相手の山札を捨てさせることがテーマの一つのようです。
とは言え、VRですらこれなのでLOを狙う感じではありませんね。
相手の山札をドロップゾーンへ事で、捨てたカードと同じGを手札からコールできなくする不確定要素の強いガード制限効果です。

 

効果①とは違いアドバンテージも生みませんし、G3は明確なハズレになる運要素がやや強い効果ですね。
ダメージトリガーを不発にする意味でも、手札のガード値と言う意味でも、できればG0が落ちて欲しい効果となっています。

 

こちらの効果も面白いとは思いますが、G3要求のSBを消費してそれなりの確率でハズレを引きかねない不安定な効果と言うのは、やや使い難いですね。
振れ幅が大きく、運が良いと非常に強力ですが、運が悪いと何の決定打にもならない効果をVRが持っていると言うのはやや不服です。

 

■総括

多分に運が絡む二つの効果を持った今回のメガコロニ―の顔です。

 

再ライド前提の効果を持ったユニットですが、効果①の登場時効果が優秀で素乗りしても案山子にならない点が良いですね。
やっている事はやや迷走している気もしますが、相手の嫌がる事ならば何でもするのもメガコロニ―らしさと言えなくもありませんし、ランダム要素の強いギャンブル効果もこのユニットのガンマンキャラとは合っているので、総合的にはなかなか魅力的に感じます。

 

既存のVRが優秀なのであらゆるメガコロニ―のデッキに入るカードとは言えませんが、あちらとコストが競合しませんし二本柱も悪くはなさそうです。

 

f:id:harvestfiesta:20190820220914j:plain

評価:3/5

■アタック時自己パンプ&条件付き☆増加

少々コストは重いですが、パワー+10000と条件付きで☆+1する効果を[V/R]で使用できる点が良いですね。
メガコロニ―の[R]は少々攻め手に欠けるユニットが多かったので、[R]で圧力を増やせるカードは悪くはありません。

 

☆増加の条件も相手の山札からドロップゾーンへ送ったカードがG1以上であれば良いと非常に緩く、多くの場合に☆2アタッカーとして扱えます。
また、☆が増やせなかった場合も、相手のG0をドロップゾーンへ送っているので、ダメージトリガーを未然に防いでいるので相応の仕事は果たせています。

 

とは言え、コストが重く、この効果自体は何らアドバンテージを産んではいないので、乱用はし難い効果ですね。

 

■ブレイクライドのような物

再ライド前提の効果で、このカードがライドされた時、相手の手札を捨てさせ、それに応じたパンプを与えるまるでぬばたまのカードのような効果です。

 

どのGを捨てても相手は損をする所が嫌らしいですね。
何処かで見たことがある効果ですが、優秀だと思います。
ただメガコロニ―のG3帯はなかなか優秀なユニットが多いので、差し挟む余裕があるかどうかが微妙な所ですね。

 

■総括

サブ[V]用のG3ユニットです。

 

自己パンプ及び☆増加によって[R]で圧を出せ、疑似ブレイクライドによって[V]でも相応の働きの出来る点が優秀ですね。
抜きんでた性能ではありませんが、採用候補にはなるカードだと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190820220920j:plain

評価:4/5

■アタック時自己パンプ&条件付きドロー

《無双剣鬼 サイクロマトゥース》の☆増加が1ドローに置き換わった効果ですね。
コストも同等なので、双方を並べて効果を使ってと言うのは難しそうです。

 

基本的にはサイズダウンした《無双剣鬼 サイクロマトゥース》ですが、G2ユニットなので早い段階からドローを狙える点が良いですね。
またあちらとは違い、ドロー効果なので成功すればCB分の元ぐらいは取れている点は偉いです。

 

■総括

小型版《無双剣鬼 サイクロマトゥース》です。

 

メガコロニ―に不足していた[R]のパワーを補うだけでなく
G2順当ライド時からドローを狙え、事故回避に一役買える点が良いですね。

 

ややコストは重いですが、癖の強めなユニットの多いメガコロニ―の既存G2ユニット群よりは、こちらの方が使い易いと思います。