イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「マシニング・オーナメンタル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」収録「マシニング・オーナメンタル」です。中々良いデザインですね。

f:id:harvestfiesta:20190819104309j:plain

評価:4/5

■全レスト&パンプ・スタンド制限

《マシニング・スパークヘラクレス》との組み合わせを強く意識した効果ですね。


「マシニング」を含むG3指定のSBと条件は厳しいですが、コストを支払えば追加効果を両方発揮する事ができますし、ノーコストでも他の[R]全てをレストでき、[R]全体にパワー+5000か、相手へのスタンド制限を選択できるので、[R]に登場するだけで相応に仕事ができる点が偉いです。

 

《マシニング・スパークヘラクレス》との組み合わせれば、[R]全てのパワー+10000
相手のパワー-5000と都合15000の差を生む事ができ強力ですね。
メガコロニ―における、所謂鹿枠《ヴィクトリアス・ディアー》のようなユニットとして運用できると思います。

 

またスタンド制限の方も優秀で、指定がユニット2体となっている為、[V]をスタンドする為には[V]を指定する必要があり、事実上[R]1枚しかスタンドする事ができなくなる効果となっています。
3ライン全てをスタンドする為には、[V]を再ライドするか、[R]を上書きするしかないので、かなりいやらしい感じですね。

 

問題は単体での扱い難さ、そしてこのユニットがG3である点です。
メガコロニ―は現状でも《マシニング・スパークヘラクレス》、《マシニング・スターグビートル》、《デスワーデン・アントリオン》と採用候補が多く、如何にサーチがあるとは言え、ここにさらにG3を詰め込むのは中々配分が難しそうです。

 

■総括

如何にも《マシニング・スパークヘラクレス》の相方と言った趣の効果を持ったG3ユニットです。

 

これ単体では少々使い難いですが、メガコロニ―の中では比較的優秀な効果を持ったユニットなので積みたくなりますね。
《マシニング・スターグビートル》、《デスワーデン・アントリオン》の枠をどうするかは問題ですが、採用の余地はあると思います。