イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「フレアブラスト・コヨーテ」「エレベーション・ワイドアウト」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」収録「フレアブラスト・コヨーテ」「エレベーション・ワイドアウト」です。
色々と常軌を逸していますが、こう言うカードは嫌いではありません。

f:id:harvestfiesta:20190820104142j:plain

評価:2/5

■SB⑨自己パンプ&守護者制限

ヴァンガードのメガブラストに近い何かですね。
フレーバーとも噛み合っていて良いと思います。

あちらとは違ってCBは消費しませんし、スパイクブラザーズであれば撃てなくもなさそうですね。

 

効果のほどはパワー+30000と守護者制限によって1点を詰めるものです。
ソウルを9枚も吐いた割にはパンプ値が低い気もしますが、守護者制限付きで単騎30000要求も出せれば十分でしょう。

 

欠点は素のパワーが8000と非常に低い点です。
単騎で殴る場合はパンプと併せて丁度パワー38000になるので然程問題ではありませんが、ブースト要員を付ける場合は数値がやや足りず、勿体ないですね。
当然、効果なしではまともな要求値を出せず、殴り返しにも非常に弱く、順当ライド時に乗ってしまうと悲惨です。

 

■総括

莫大なコストを必要としますが、きちんと使用可能な範囲に収まり、巧く扱えれば優秀なフィニッシャーとなり得る非常に大味な効果を持つ面白いユニットです。

 

素のパワーが貧弱で、大味な効果しか持たない為、デッキにフル投入するようなカードではありませんが、撃てれば強いのでソウルの消費を抑えられるデッキであれば投入しても良いと思います。
事実上ユニットがアタックを行う毎にSBを消費する《デッドヒート・ブルスパイク》と、相性が悪そうな所は少々残念ですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190820104148j:plain

評価:3/5

■G1版プロヴォーク・ニードル

以前の情報局で公開された《プロヴォーク・ニードル》のG1版ですね。
緩い条件での永続パンプ効果なので、地味ながら優秀です。

 

G1ユニットなので、このユニットの為に後列にフォースを置く運用も考えられますね。
また、永続パンプを当てにして、このユニットが前に出る動きも無理なく行える為、前衛が不足した際のプレイングに自由度が出ます。
こう言った小器用なカードは良いですね。

 

今日のカードは大雑把なカードと小器用なカードの二極ですか、この振れ幅よ。

 

■総括

後列にフォースを置く形での運用を視野に入れる事ができる、G1版《プロヴォーク・ニードル》です。

 

高いパワーを持ったブースト要員として動いても良いですし、必要とあればフォースマーカーと一緒に前に出てアタッカーの穴埋めをしても良いと器用に動ける点が売りですね。普段はブースト要員として扱える点はG2ユニットである《プロヴォーク・ニードル》には無い利点です。

 

スパイクブラザーズのG1帯は優秀なユニットが多いので確定で入ると言う感じではありませんが、採用候補の一角にはなると思います。