イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「破壊竜 ダークレックス」「光刃竜 ザンディロフォ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」収録「破壊竜 ダークレックス」「光刃竜 ザンディロフォ」です。
悪くはありませんが、RRRにしては地味ですね。
このカードからデッキの動きが見えないので、話の種にもし難いです。


f:id:harvestfiesta:20190816141526j:plain

評価:4/5

■ドロップからライドorコール

武装ゲージを捨てるだけでドロップゾーンのこのカードにライドでき、ライド事故回避やアクセルを取得できる効果。
或いは、ドロップゾーンからスペリオルコールを行い、盤面を整える効果ですね。
前提としてこのユニットをドロップゾーンへ送る必要はありますが、武装ゲージに紛れていれば意図的にドロップへ落とす事も難しくはありませんし、下準備は然程手間でもありませんね。
昔と違ってバトル時のライド効果ではなくなってしまいましたが、これはこれで。

 

 

特に手札の消費もなく場を整える事ができる点が偉いですが
反面、武装ゲージは減ってしまうので効果②の自己パンプとやや相性が悪い所が勿体無いですね。
また、ライドを行ったターンにも使用できない為、アクセルの多重取得やG2ライドからの最速ライドも出来ません。

 

武装ゲージ参照自己パンプ

アタックした時、このユニットのパワーを武装ゲージ*2000分、上昇させる効果です。
1枚毎の上昇値は微々たるものですが、ノーコストで高い火力を得られる効果なので便利ですね。

 

参照する武装ゲージが、自分に付いているゲージや、退却させたユニットのゲージではない点も使い易くて良いと思います。

 

■総括

旧版を踏襲したであろうスペリオルライド効果と、武装ゲージ依存の自己パンプを備えたユニットです。

 

 武装ゲージの消費こそ必要ですが、軽いコストで盤面を整えられ、[R]でも高い火力を発揮できるユニットなので扱い易い部類だと思います。
確定で採用されるとは思いませんが、《暴君 デスレックス》の枠を脅かす程度の性能はあるでしょう。

 

f:id:harvestfiesta:20190816141533j:plain

評価:3/5

武装ゲージ獲得or移動

このユニットをレスト状態にする事で、[R]1体に山札から1枚を武装ゲージとしてセットする効果。
または、[R]1体の武装ゲージを全て移動させる効果。ついでに+5000のパンプ。

 

必要に応じて武装ゲージの追加と、武装ゲージの付け替えを選択できる点は良いですね。便利な効果だと思います。ただ地味ですね。
起動効果でゲージを供給できるので、《餓竜 ギガレックス》のバーン効果を最速3ターン目から撃てそうな所は偉いです。そちらに傾倒するのであれば地味さを払拭できま、面白そうです。

 

■総括

起動効果で武装ゲージの追加、または移動を行える小器用なユニットです。

 

レストコストのみで武装ゲージを溜められるG1ユニットなので、早めに出せば出す程、ゲージを増やす機会に恵まれる、初手に欲しいカードですね。
たちかぜのG1帯ですし、スペースを作れなくはないと思います。