イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ブローニィ・ジャーク」「フラワリィ・ティアラー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」収録「ブローニィ・ジャーク」「フラワリィ・ティアラー」です。
また迷走してます?

f:id:harvestfiesta:20190814104809j:plain

評価:4/5

■自己パンプ&相手の山札を1枚破壊

SB①を支払い自己パンプを行い、相手の山札を上から1枚捨て、捨てたカードがG1以上であればSC①できる効果です。
多少運が絡みますが、高い確率でコストが払い戻され、SCできなかった場合は相手のダメージトリガーを潰せているので、どう転んでも損が無いのは良いですね。
パンプ値もパワー+6000と高く、G2ユニットと併せてきちんと23000ラインを越える点が素晴らしい。

 

しかし、急に相手の山札に触り出しましたが、この効率でOLを狙う気でしょうか?
グランブルー・たちかぜ辺りであれば、この効率でも山札を削りきる事ができなくはなさそうですが、RRのこのユニットですら1枚しか破壊できないのに、他のカードが劇的に山札を削れるとは考えにくいですし、中途半端にあれもこれもと適当に振られても困ります。

 

■唐突なハンデス

相手の山札を触ったかと思えばハンデスにも手を出す。
様々な妨害戦術を取れると考えれば悪くはありませんが、どれもこれも中途半端になりそうで非常に不安です。

 

効果の方は優秀ですね。
なんなら本家の忍者よりハンデスが御上手なぐらいです。
こう言う効果はぬばたまに欲しかったです。

周りもこの水準の性能でハンデスできるのであれば、それをメインにしても十分にやって行けそうですが…どうなんでしょうね?

 

■総括

相手の山札・手札に干渉するタイプの妨害戦術を取るRRです。
どちらの効果も優秀ですが、OL戦術やハンデス戦術を取れるほどの層の厚みをメガコロニ―に配られるのかと考えると、微妙そうです。

 

一応、ブーストして殴るだけで相手の手札を削れるので他にハンデス要員が全く存在しなくとも使えますし、メガコロニ―のG1ユニットの中では優秀な部類なので採用圏内にはあると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190814104815j:plain

評価:3/5

■LO反応自己パンプ

デッキ破壊を条件にノーコストで自身のパワーを+5000し、パワー13000になれる効果ですね。
コストも要りませんし、何かのついでで要求値が一段階引き上げられるのであれば、まぁ悪くはないと思います。

 

あまり意味はありませんが、グランブルー、グレートネイチャーのユニットは自身の効果で山札をドロップゾーンへ送るので、それらのクランを相手にした場合は相手ターン中にもパワーが上がりますね。

 

こう言う効果があると言う事は、LO戦術はある程度配られると言う事でしょうか?
神装ゲージのような事にならないと良いですね。

 

■総括

LOに反応する自己パンプを持ったG1ユニットです。

 

上昇値が1000足りないので若干物足りませんが、ノーコストでの上昇値としては十分でしょう。
この効果を恒常的に発揮できるようであれば、デッキに採用する事もありそうですね。