イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

「HYU-GA」軸 むらくも デッキレシピ


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

■G3(11枚)
侍大将 HYU-GA ×4
隠密魔竜 ダンゼツアナーク ×3
忍妖 タンガンニュードー ×3

隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ ×1

■G2(10枚)
忍獣 スペルハウンド ×4
激憤の忍鬼 メオーマル ×4
セントラル・アレスター ×2

 

■G1(12枚)
忍獣 ミリオンラット ×4
口寄せの忍鬼 ジライヤ ×4
万余の忍鬼 サンジー ×4

 

■G0(17枚)

真砂の忍鬼 ゴーエモン(FV) ×1
闇夜の忍鬼 クローグ(☆) ×4
忍竜 ザンバライダー(☆) ×4
忍獣 リーブスミラージュ(引/守護者) ×4
 忍妖 ユキヒメ(治)  ×4

 

■各種解説

〇G3
侍大将 HYU-GA

このデッキのメイン[V]です。
主に名称変更効果を活用し[R]をパンプする為に効果を使用します。
サーチ効果で《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》を呼べれば、場のユニット全てにパワー+10000でき強力なのでサーチ先は《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》を優先で探します。
その他にも永続で[R]全てをパンプする《隠密魔竜 ダンゼツアナーク》や、[V]裏から[V]へアタックできる《セントラル・アレスター》等、候補は幾つかあるので適時呼んであげましょう。

 

名称変更ばかりに目が行きますが、効果②の全バウンスも非常に強力なので積極的に再ライドを狙いたいですね。

 

隠密魔竜 ダンゼツアナーク

ノーコストで[V]と同名カード全てをパンプする優秀なユニットです。
優秀なユニットですが、ライドするには不向きなので可能な限り《侍大将 HYU-GA》の効果で呼びたいです。
《侍大将 HYU-GA》の効果で山札から場に出れば自己パンプも発動する為、尚の事ライドしたくはありませんね。

 

この辺りの枠は削って《夢幻の風花 シラユキ》を入れても良いのですが、今回は同名強化を優先しています。

 

忍妖 タンガンニュードー

 ハイパワーブースト要員になれる逸材です。
こちらも《隠密魔竜 ダンゼツアナーク》同様コンボ前提のカードなので、可能な限りライドは避け[R]に回したいところ。

 

隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ

こちらも《侍大将 HYU-GA》とのコンボ前提のパンプ要員です。
効果によって分身を行う事ができる為複数枚積んでも良いのですが、この効果でコールした2枚目の《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》にはパンプ効果が及ばず、組み合わせて使うのであれば2枚は必要ないと感じたのでピン刺しになっています。

 

〇G2

忍獣 スペルハウンド


カウンターコストを消費せず増える犬です。
さらに[V]のパワーをコピーするので事実上パンプ効果を内蔵しているようなものですし、何かと便利です。
ソウルコストさえ払えれば数珠繋ぎにもできるので、アクセルサークルを埋める手段として都合が良く、フル投入されています。

 

激憤の忍鬼 メオーマル

ヴァンガードユーザーの大半が所持していないであろうPR、めおーまるくんです。
SB①で[R]全体を強化できる為《侍大将 HYU-GA》と相性が良く、可能な限り投入したい1枚です。

セントラル・アレスター

[V]裏から相手[V]を狙撃する、ただで効果を使用できる《番傘の忍鬼 スケロック》のようなユニットです。
「決闘龍」が居ない為パンプ効果は発揮できませんが、《侍大将 HYU-GA》の名称変更とそれに伴う広域強化の影響を受け、ある程度の要求値を持ったままアタック回数を水増しできる点が優秀です。

 

ただ配置が一か所に固定されており、複数引いても手札で腐ってしまうので、2枚に留めています。