イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

「ナイトメアドール」軸 ペイルムーン デッキレシピ


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

 

■G3(11枚)
ナイトメアドール ありす ×4
ナイトメアドール きゃろる ×4
コミカリティ・キメラ ×3

 

■G2(11枚)
ニトロジャグラー ×4
アマランス・ビーストテイマー ×4
ジャンピング・ジル ×3

 

■G1(11枚)
パープル・トラピージスト ×4
ミッドナイト・バニー ×4
ナイトメアドール びばりー ×3

 

■G0(17枚)
銀の茨のお手伝い イオネラ(FV) ×1
銀の茨 バーキング・ドラゴン(☆) ×4
ポイゾン・ジャグラー(☆) ×2
冥界の催眠術師(引/守護者) ×4
レインボー・マジシャン(引) ×2
お菓子なピエロ(治) ×4

 

■各種解説
〇G3

ナイトメアドール ありす

 《ナイトメアドール きゃろる》のスペリオルライド効果を起動し、連続攻撃ギミックの起点となるユニットです。
グレード制限がある為、基本的には《ジャンピング・ジル》《アマランス・ビーストテイマー》と入れ替わり、更なる連続攻撃を狙っていきます。
この辺りの動きは最初期から変更ありませんね。

 

[V]に《ナイトメアドール きゃろる》、[R]にこのユニット、ソウルに乗り直し用の《ナイトメアドール きゃろる》とG3を多めに用意する必要があり、《ナイトメアドール きゃろる》の登場時効果でも可能であれば吸い込みたいので思考停止フル投入しています。

 

ナイトメアドール きゃろる

 スペリオルライド効果による疑似スタンドと、登場時のコール効果でアタック回数を稼ぐ、このデッキの主役です。

 

登場時に[R]を増やせるので、スペリオルライド効果でこのユニットに乗り直せれば更なる連続攻撃を望めますが条件はかなり厳しく、スペリオルライド効果による疑似スタンドも予めソウルにこのユニットを仕込む必要があり、SC能力があまり高くはないスタンのペイルムーンでは少々扱い難いユニットですが、その分爆発力に秀でており、回ると非常に面白いユニットです。

 

スペリオルライド効果のライド先はワーカロイド限定ですが、ソウルに置くG3には種族の指定が無い為、《コミカリティ・キメラ》を吸い込んでも発動する事は覚えておきましょう。

 

・コミカリティ・キメラ

このデッキのCC要員です。
自己パンプしながら任意のユニットをソウルへ置ける効果が非常に便利なので、未だに現役です。
この子が「銀の茨」や〈ワーカロイド〉ならばどんなに良かったかと思わずにはいられません。

 

2枚投入では必要な時にアクセス可能な領域になく、動きが止まる事が多かった為3枚投入しています。

 

〇G2
・ニトロジャグラー


G2〈ワーカロイド〉は比較的選択肢は多かったのですが、「銀の茨」専用だったり、脳筋パンプオンリーだったりとどれも使い勝手が悪く、結局は足りていないソウル確保能力を持ったこのユニットを投入する事になりました。

 

《ジャンピング・ジル》と枠を競っており、最初は3枚に留めていたのですが、単体で機能しない《ジャンピング・ジル》よりは、こちらを増やした方が使い易かったので4:3に落ち着きました。

 

・アマランス・ビーストテイマー


小型の《コミカリティ・キメラ》です。
仕事の終った《コミカリティ・キメラ》や《ナイトメアドール きゃろる》をソウルへ置ける為重宝します。

 

残念ながら〈ワーカロイド〉ではありませんが、類似効果を持つ〈ワーカロイド〉の《ナイトメアドール えりん》はカウンターコストを支払わなければ1ドローできないどころか、ソウルに置く事すらできず使い難かったので、こちらを採用しています。

 

・ジャンピング・ジル


連続攻撃ギミックを備えた貴重な〈ワーカロイド〉です。
使い方は今まで通り、《パープル・トラピージスト》を筆頭に[R]を吸いつつライン整理を行います。
このデッキでは《コミカリティ・キメラ》をソウルへ送り、《ナイトメアドール きゃろる》のスペリオルライド効果を発動させるのにも一役買っています。

 

[R]の火力が足りないので《ナイトメアドール ろーだ》等を入れたいのですが、替えの利かない非〈ワーカロイド〉が多い為、当分の間は変更できそうにありません。

 

・パープル・トラピージスト


替えの利かない非〈ワーカロイド〉筆頭です。 
主にソウルから《ナイトメアドール ありす》を呼び戻し、《ナイトメアドール きゃろる》のスペリオルライドをおかわりします。

 

元々G1〈ワーカロイド〉は2種しか存在せず、どちらもパンプ効果なのでこのユニットがフル投入されるのは必然です。

 

・ミッドナイト・バニー


ヒット時効果なので安定しませんが、ソウルから《ナイトメアドール ありす》を呼び戻せるユニットです。
また、序盤からコンスタントに使用できるSC効果を持っている点も重宝します。
相手に除去効果が無ければ、序盤から積極的にこのユニットでブーストを行い、ソウルに《ナイトメアドール きゃろる》が入るよう祈ります。

 

SC要員としては《ブラッシー・バニー》と枠を競るユニットですが、あちらと違い何時引いても問題なくソウルを増やせる為、こちらを採用しています。

 

・ナイトメアドール びばりー


2種存在するG1〈ワーカロイド〉の他者パンプの方です。
このデッキは《ナイトメアドール きゃろる》の効果によって[V]を複数回スペリオルライドさせるデッキなので、自身がレスト状態でも問題なく《ナイトメアドール きゃろる》のパワーを上げられるこちらを採用しています。

 

〇G0
・銀の茨のお手伝い イオネラ

FV互換カードを何の意味もなく毎回毎回収録する方針は嫌いなのですが、これで漸く《エンターテイン・メッセンジャー》を使わずに済むので、非常にありがたいです。
このカードに関しては「銀の茨」なので、全くの無駄と言うわけでもありませんし、いい加減辞めて欲しいやり方ですが、助かりました。

 

採用理由は《エンターテイン・メッセンジャー》よりも遥かに見た目がマシだからです。カワイイは正義。