イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「銀の茨 ブリージング・ドラゴン」「銀の茨の獣使い シェイダ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「銀の茨 ブリージング・ドラゴン」「銀の茨の獣使い シェイダ」です。
順当ではある。順当ではあるが、だったら何故分けたんだ。どちらでも使えるよう「銀の茨」名称持ったワーカロイドにしてくれ。

f:id:harvestfiesta:20190730104009j:plain

評価:3/5

■お手軽連続アタック要員

昨日の奴とは違い、今日のカードはテキストだけならば比較的簡潔ですね。
ソウルに「銀の茨」が4種類以上ある時、ブースト先のユニットをソウルインして、ソウルから「銀の茨」を場に出す効果です。

 

「銀の茨」には現状、これ以外に疑似スタンドを行える連続アタック要素は存在しないので、名称で固めつつアタック回数を水増しできるカードは貴重ですね。

 

問題は異様に重い縛りです。
CB①を消費し、ソウルに「銀の茨」を4種類と枚数ではなく種類で要求し、ブースト先もコール先も「銀の茨」の名称指定が付いています。
これでは迂闊に非名称を組み込めませんし、ここまでやって尚CBを必要とするので《銀の茨の竜使い ルキエ》とのコストの兼ね合いも厳しいものがあります。

 

過去のカードを極力使わせないその手法、流石はブシロードと言わざるを得ません。
遊戯王のテーマと違ってヴァンガードのテーマは組まされている感が強いのが難点です。ユーザーから構築の楽しみを奪うのはやめて欲しいものですね。

■総括

お客様が満足される懸念があり、「銀の茨」以外で使われると僕らが損をしてしまって悔しいので絶対に余所では使わせないぞと言う鉄の意志と鋼の強さを感じる名称専用連パン要員です。

 

「銀の茨」は《銀の茨の竜使い ルキエ》に連続アタックギミックが備わっていない為、[R]でそれを解消する方向のようですね。
コストが競合しておりやや使い難いですが、現状はカードプールに恵まれていませんし、「銀の茨」名称を複数種類必要とするユニットも存在するので、このぐらいのスペックであれば採用しない理由がない、ほぼ必須級のカードだと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190730104017j:plain

評価:2/5

■[G]登場時、他者パンプ

なんですか、これ。
ガーディアンサークルに登場した時、自己ソウルインして、バトル中のユニット1体のパワー+15000する効果で合ってます?

ちょっと迂遠な書きかたをしたガード札っぽいです。
いや、要らないだろう。なんでこんなプロテクトのカードみたいなものがペイルに?
少し前にクランタイプをギフトで別けたんですが、ブシロードくんは忘れちゃったのかな。

 

自身のアタック時にガーディアンをコールできるようなカードがあれば、詰めの一押しになれますね。
それ以外だと非常に制約のキツイガード札です。
一応ドロップゾーンへ落ちずにソウルへ行くので、ソウルの「銀の茨」の種類を増やす一助にはなれます。
またソウル4種には自信を含むので、ソウルを消費していなければ順当ライドするだけで条件を満たせます。

 

■総括

イラストのかわいいカードですね。
上のブサかわいい蜥蜴よりも、こっちを使いたいのですが、世は無常です。

 

アクセルに似つかわしくない、随分と防御的な効果を持った不思議なユニットです。
G2にしてはパワーも8000と低いですし、制約も「銀の茨」4種と最大級にキツイので、「銀の茨」以外では使えませんね。
現状のカードプールでは採用せざるをえないが、拡張される事があれば抜けていきそうなカードです。