イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「エンブレム・マスター」「ヴァリアンツ・キラーテイル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「エンブレム・マスター」「ヴァリアンツ・キラーテイル」です。
懐かしい中二病患者だ。

f:id:harvestfiesta:20190722104144j:plain

評価:5/5

■ソウル7枚以上で自己パンプ

自身のソウルが7枚以上あればパワー&シールドが+5000される効果です。
これはなかなか良いですね。優秀な効果だと思います。

 

ソウル条件が7枚とダークイレギュラーズの中では軽めの効果ですし
永続効果なので相手ターン中にもパワー+5000され、パワー14000になるので殴り返しに強い点。
G2ユニットなので《仮面の王 ダンタリアン》の効果でソウルからガード札としても使える点が良いですね。

 

■山札・ドロップからソウルイン

CB①支払う事で、場の[V]or[R]1体と同名カードを山札とドロップゾーンから3枚までソウルに置く、旧版のSC③を踏襲した効果ですね。

 

効果①自己パンプも扱い易く優秀でしたが、こちらはさらに良いですね。
CBこそ必要としますが手札に握ってさえいなければ、任意のユニットを一度に3枚もソウルへ仕込む事ができます。
このカードと《ディメンジョン・クリーパー》があれば、かなりの高効率でソウルを溜める事が出来そうですね。大技ブッパが捗ります。

 

また回収領域にドロップゾーンを含むところも良いですね。
インターセプトやガード札として使用し、ドロップゾーンへ送られたユニットを再利用できる点は見逃せません。
《ダークソウル・コンダクター》もソウルに仕込めるし、やはり《仮面の王 ダンタリアン》と相性が良い。

ついでにソウルへ任意のカードを送る事ができる為《キューティクルキラー ミルシェ》が若干使い易くもなります。
まぁ、流石にアレを使っている稀有な人はいませんよね。
イラストは良いのに残念です。

 

■総括

パワー&シールドの増える自己パンプ効果と、山札及びドロップゾーンからカードをソウルへ置くSCを行える優秀なユニットです。

 

ダークイレギュラーズのG2帯にはこれと言ったカードが無いので、このカードを差し挟む余地は十分にありそうです。
SCの効率的にも必須ではないかと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190722104156j:plain

評価:2/5

■ダメージorドロップからSC&条件付きCC

自己レストしてダメージゾーンかドロップゾーンから1枚をソウルに置き、ダメージゾーンから置いた場合、山札の上から1枚を裏でダメージゾーンへ置き、ソウルにこのカードが3枚あればCC&スタンド。

 

文字にするとややこしいですが、概ねダメージゾーン・ドロップゾーンから任意のカードをソウルへ置ける効果です。
エンブレム・マスター》と言い、このカードと言い、任意のユニットをソウルへ置ける効果ですが、今回のVRブルブファスはソウルにあるユニットの中身が重要になる効果なのでしょうか?

 

欠点はCCの重い前提条件と低パワーです。
ダークイレギュラーズの低いドロー能力で《エンブレム・マスター》とのセット運用を前提としたCCを活用しようとするのはかなり無理があります。
CCがなければただのレストSC①か、6000ブースターなので使い勝手が悪いですし、もう少し補助が欲しい所ですね。

 

■総括

ダメージゾーン・ドロップゾーンから任意のカードをソウルへ送れるユニットです。

一応、CCができますが前提条件が厳しく、多くの場合レストしてSC①を行えるだけのカードですね。

 

ダークイレギュラーズのG1帯は《ディメンジョン・クリーパー》《イエロー・ボルト》がほぼ確定。
残りの1枠を他と競う形だと思いますが、そこにこれをチョイスするのはなかなか難しいものがありますね。

 

採用圏内ではありますが入れるかどうかは微妙な所です。
VRがソウルの質を求めてきた場合には日の目を見るかも知れません。