イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「セントラル・アレスター」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「セントラル・アレスター」です。
まさかこう言う方向で増えるとは。

f:id:harvestfiesta:20190718103503j:plain

評価:4/5

■後列からアタック

左右が揃った状態でこのユニットを出せれば、[V]裏からパワー19000でアタックができる効果です。

「アレスター」強化が来るのであれば、こう言う方向ではなく、左右の「アレスター」の代わりになれる《忍竜 マガイマンダラ》のようなカードが欲しかったのですが、これはこれで優秀なのでありですね。

 

むらくもはスタンド効果やバトル中のスペリオルコール、アクセルサークルの複数確保を用いる事も無く、アクセルクランの中ではアタック回数に乏しいクランだったので、こう言う方向でアタック回数を水増しできるのは良いと思います。

 

パンプ値が大きいので他の「アレスター」が1体存在すればフォースにも最低限の要求値は出せますし、適当なサークルに追加で「アレスター」を置けばダメージトリガーをケアできるパワー24000まで無理なくパワーを伸ばせます。
また「アレスター」名称なので、必要に応じて《決闘龍 ZANBAKU》の効果で呼び出す事が可能な点も偉いですね。

欠点は配置が[V]裏限定の為[V]の火力が落ちてしまう事、配置を一か所に固定されている為2枚目以降が手札で腐る事です。
しかし、それを差し引いても優秀な効果だと思います。

■総括

ユニークな効果を持った中央の「アレスター」です。

 

[V]の火力と引き換えにアタック回数を水増しし、相手の手札へ負荷をかける事ができるなかなか優秀な効果を持っていますね。
効果の都合上、複数投入すると腐りやすく、サーチも可能な為、フル投入するかどうかは微妙な所ですが採用する価値のあるユニットだと思います。