イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「イエロー・ボルト」「アイシクル・レジスタント」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「イエロー・ボルト」「アイシクル・レジスタント」です。
イエローボルト君、出世しましたね。

f:id:harvestfiesta:20190717103804j:plain

評価:5/5

 

■G2以上にアタックした時SC&自己パンプ

随分と強くなったものです。
G2以上のユニットにアタックした時、SC①とパワー+5000する効果ですね。
パンプ値が大きいのでフォース相手にも単騎で最低限の要求値を出せる点が偉いです。
また[V]指定が無い為、相手の[R]のG2ユニットを殴った時にも使用できる点も優秀ですね。

 

欠点はブースト時にはパンプ効果が使用できない点ですね。
それが出来れば前列には普通にG2以上のユニットを置いたのですが、自身のアタック時のみなのでこのユニットを前列に置いて殴るしかないようです。
こう言う所でも自らプロテクトⅡを殺していくスタイルは流石はブシロードと言った感じですね。

 

■ライドされた時SC②、条件付き1ドロー

少々限定的ですが、ノーコストでSC②を行えるのは便利ですね。
1ドローの方は2枚の内1枚以上がトリガーの場合なので、こちらもかなり限定的ですが、治トリガー等を吸い込んでしまった時の不利益を多少なりとも打ち消してくれる点が良いですね。

 

あくまでSC時のデメリットを軽減するおまけ効果なので当てにはできませんが、ダークイレギュラーズの単純ドロー効果と言うだけで一定の価値はあると思います。

 

■総括

SC&自己パンプ、ライド時自己パンプ効果を持ったG1ユニットです。

 

どちらの効果も優秀ですし、ダークイレギュラーズのG1帯は優秀なユニットが少なく融通が利くのでどのタイプのデッキにも無理なく投入できるでしょう。
現状のダークイレギュラーズのソウル確保能力を鑑みれば、必須カードの一つではないかなと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190717103811j:plain

評価:3/5

 

インターセプト時ソウルイン

インターセプトを行った際の退却時に、ドロップゾーンへ行く代わりにソウルへ置く事ができる効果です。

 

ダークイレギュラーズ的にはなかなかありがたい効果だと思います。
プロテクトⅡとも噛み合っていますね。

 

■ソウルのこのカードをバインドする事で1体をパンプ

ソウルからの起動効果ですね。
ソウルの枚数が減ってしまうのはやや困りますが、パンプ値が大きいのでなかなか悪くはないと思います。

 

《デーモンイーター》のような守護者制限、《五大元素の支配者》のスタンド効果などは特に相性が良さそうです。

 

■総括

インターセプト時にソウルへ入る効果と、ソウルからバインドする事でユニット1体をパンプする効果を持ったG2ユニットです。

 

珍しくプロテクトⅡを意識したユニットですね。
なかなか優秀なので、《仮面の王 ダンタリアン》のような特殊な効果を使わない限りは、何処でも相応の活躍を見込めそうです。