イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「妖剣の抹消者 チョウオウ」「デザートガンナー ガイバン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

今日のカードはBT05「天馬解放」収録「妖剣の抹消者 チョウオウ」「デザートガンナー ガイバン」です。
懐かしい顔ですね。相変わらずパンクロッカーのような風貌です。
旧版は見た目も相まっていかにもやられ役と言ったフレーバーでしたが、今回はちょっと何言ってるか分かんないですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190627104258j:plain

評価:4/5

 

■前列バインド&後列釣り出し

CB①消費で前列バインドと後列の釣り出しを同時に行えるのは優秀ですね。

登場時限定ですが[V/R]効果なのでG2ライド時にも使用できますし、バインドせずとも釣り出しは使用できるので、他の登場時バインド効果よりも腐りにくい点も評価できます。

 

ただ、下の効果との噛み合いが悪いですね。

後列を引き吊り出す効果は便利で良いのですが、そのせいで自身の効果に響くのが少々残念です。

 

■自己スタンド

なるかみでは度々目にする相手の前列がいない事を条件とした自己スタンド効果です。上効果と併せるとCB消費が激しいですが、優秀だと思います。

 

前列のユニットが不在である必要がある為、アタック時に相手の前列全てとバトルを行える《サンダーブレイク・ドラゴン》は、この起動条件との相性が良いですね。

 

ただこのユニット自体は自己パンプを持たない為、そのままの状態でスタンドしてもアタック対象がおらず役に立たない場合もありそうです。アクセルサークルに配置する等、パワーを補って運用したいです。

 

■総括

バインド、釣り出し、自己スタンドと優秀な効果を複数備えたリメイクカードです。

RRRも納得のスペックですね。

 

CB消費が激しく、上下の効果の噛み合いも悪く、自己パンプを持たない為単騎で[V]を殴る事も出来ませんが、優秀なユニットなので概ねどんなタイプのなるかみにも投入できるカードだと思います。

G2帯は今の所、このカードと《ドラゴニック・デスサイズ》、あともう一種ぐらいになるでしょう。

 

f:id:harvestfiesta:20190627104304j:plain

評価:4/5

 

■お手軽守護者制限

これはやたら強いですね。

《デトニクス・ドリルドラゴン》のアタックにこの効果を重ねるだけで、詰めの1点を格段に通し易くなりますよ。

1回目のアタック後に《デトニクス・ドリルドラゴン》を対象に効果を使用し、2回目のアタック後には任意の[R]にも守護者制限を振れます。

 

バトルの終了時に使用できる為、相手のダメージトリガーを見てから対象を選択できますし、ターン制限もなくノーコストでこの効果はかなり便利ですね。

 

■総括

お手軽守護者封じです。

 

ノーコストでパンプ&守護者制限を行えるので、どんなタイプのデッキでも使い易く十分に採用圏内だと思います。

なるかみのG1帯はわりと競合が激しいので、どの程度このユニットに枠を割くかが悩み処ですね。