イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ」「暴挙の忍鬼 スオウ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT05「天馬解放」収録「修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ」「暴挙の忍鬼 スオウ」です。
これで残り4枠。VRが見えたので、むらくもの公開は概ね終わりましたね。

f:id:harvestfiesta:20190628104407j:plain

評価:4/5

■相手に手札上限を設ける

相手の手札を一定以上増えないようにするシンプルで強力な効果ですね。

 

登場時に相手の手札を削る事で残り1点を詰めやすくなりますし、各ターンの終わりにも発動するので引トリガー等で相手の手札が増強されてしまっても返しのターンにはまるで何事もなかったかのようにできます。

これをノーコストで行えるのであれば、今迄のように速攻気味に動かずとも戦えるデッキになりそうですね。

 

凶悪な効果を持ちますが、反面このユニット自体はパワーも☆も増えない為、詰めは他のユニットに譲る方が確実かも知れません。《隠密魔竜 マガツストーム》が妥当でしょうか。

 

準備が整うまではこのカードで手札を削りながら点を重ね、《隠密魔竜 マガツストーム》に乗り直し連続アタックで詰める流れが良さそうです。

以前の公開カードにあったギフトなしG3《禁戒の忍鬼 ミズカゼ》とも相性が良いですね。同時に公開された《修羅忍竜 テンドウコンゴウ》はソウルから自身をコールしてしまう為、解決順が任意で処理できる[V]登場時以外は4枚制限にできないのですが、あれは何を思って作られたのでしょうか?謎です。

 

■総括

収録枚数、収録機会に恵まれないぬばたまのVRですが、テキストが短いユニットは強いを体現していますね。

シンプルに凶悪な効果を持っているので、このユニットをメインにしても良いですし、「マガツ」の相方にも良い優秀なカードだと思います。

「クジキリコンゴウ」軸だけはやや微妙かも知れませんが、どのぬばたまにも投入できそうなカードですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190628104413j:plain

評価:4/5

 

■登場時ガード制限&自己パンプ

登場時に自身の[V]が《修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ》ならと条件は付きますが、パワー+5000されフォース相手にも最低限の要求値は出せ、手札を6枚ないし4枚に削る《修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ》と非常に相性の良い2枚以上でしかガーディアンをコールできないガード制限を行えるセット運用に特化した効果ですね。

 

登場時効果なので、自軍バウンスにより使い回しも可能ですし、何よりノーコストで行える点が良いですね。

 

■総括

《修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ》専用のアタッカーです。

凶悪な効果を持ちますがパワーや☆を増強する効果を持たない《修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ》の圧の低さを解消してくれる優秀なユニットですね。

 

《修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ》が入るデッキにならば自然と投入できると思います。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com