イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ドラゴニック・ブレードマスター」「ワイバーンストライク ドーハ」「ワイバーンストライク ギャラン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

今日のカードはEB07「The Heroic Evolution」収録 「ドラゴニック・ブレードマスター」「ワイバーンストライク ドーハ」「ワイバーンストライク ギャラン」です。
週末にこう言ったユニークなカードを置いてお休みに入るのは良いと思います。


f:id:harvestfiesta:20190419104056j:plain

 

評価:4/5

 

■相手の[R]がいない場合、自己パンプ&☆+1

永続効果による自己パンプ&☆増加ですが、条件はだいぶ厳しいですね。

下の効果を使用せずに満たす事は、ほぼ不可能だと思った方が良いでしょう。

 

効果の方は、パンプ値はパワー+5000とフォースが持つパンプとしては必要最低限の値しかありませんが、☆増加がセットで付いており、自身の効果で比較的容易に満たせるので悪くはないと思います。

 

■全除去&トークン生成

下効果はかなりユニークかつ強力ですね。

固有名称指定で2体のユニットを必要とし、再ライド前提のG3指定SB、さらに手札2枚破棄とかなり重い効果ですが、その甲斐あって相手の[R]を全て退却させ、ツインドライブを搭載したトークンを生み出せます。

 

相手の[R]を全て退却させられるのも無論強力ですが、かげろうがスペリオルコール効果を持ち、トークンを生み出すところがユニークで良いですね。

そのトークンがツインドライブを持っているので、コストとして消費した手札2枚は事実上の手札交換で済み、ドライブチェックを都合4回行えるところも強いです。

 

生成されるトークンはパンプ効果を持たない為、フォースは☆の増えるフォースⅡよりもパワーの増える従来型のフォースの方が適していると思います。

 

■総括

ユニークかつ強力な効果を持ったG3ユニットです。

 

良いカードだとは思いますが、[V]効果しか持たず、セット運用前提、かつ再ライド必須のデザインをしている為、既存のかげろうに組み込むのはやや難しく、使うとするのであれば別途このユニットをメインに据えた「ブレードマスター」軸のデッキを作る事になりそうです。

 

f:id:harvestfiesta:20190419104358j:plain

 

評価:4/5

 

■登場時ギャランをサーチ

ただただ強いですね。

CB①で固有名称指定型のサーチ効果なので、それだけ見ると然程ではありませんが、この効果のお陰で《ドラゴニック・ブレードマスター》の効果を円滑に使用できる点が偉いです。

 

かげろうはリソース確保能力に乏しく、特定のカードを場に揃える事が苦手なので、非常に便利だと思います。

 

■相手の[R]がいない場合、ガード制限

こちらもそこそこ強いですね。

パワーの低いこのユニットのアタックにトリガーを使用してガードを行うのは、後続のアタックを考えるとやや厳しいものがあります。

 

ここに☆を振ってガード強要能力を上げておくのも良いですね。

 

■総括

《ドラゴニック・ブレードマスター》を使うのであれば、必須の名称・効果を保有したユニットです。

 

パワーが低く、《ドラゴニック・ブレードマスター》の補助に傾倒している為、既存のデッキに居場所はありませんが、専用デッキの潤滑油として非常に重要なカードです。

逆にこのカードをサーチするカードが無い事がネックになりますね。

 

f:id:harvestfiesta:20190419104407j:plain


評価:3/5

■相手の[R]がいない場合、自己パンプ

ほぼ《ドラゴニック・ブレードマスター》の効果後限定ですが、単騎でパワー13000になれる所が良いですね。

 

G2ユニットをブーストするだけで要求値15000に届き、非常に便利です。

その代わり相方の《ワイバーンストライク ドーハ》のパワーが低いので、セットで運用するとフォース相手に1000足りない歯痒い数値になりますが、それを加味しても優秀ですね。

 

■ヒット時1ドロー&SC①

ワイバーンストライク ドーハ》をブーストした時、アタックがヒットすればCB①支払って、1ドロー&SC①。

 

このカード自体に《ワイバーンストライク ドーハ》をサーチする手段がありませんが、あちらの効果で呼べるのでセットを揃えること自体は然程難しくはありませんね。

効果を使用できればドローに加えSCを行えるので、ライド事故の回避に加え、運が良ければ《ドラゴニック・ブレードマスター》の効果を使用する為のソウルコストを装填する事も出来ます。

なかなか優秀ではないでしょうか。

 

■総括

ワイバーンストライク ドーハ》の相方です。

 

出来れば相互で呼び合える形が望ましかったのですが、こちらはヒット時効果とは言えドロー及びSCを持ち、相方の《ワイバーンストライク ドーハ》をパワー不足を補う為のパンプ効果まで付いているので、高望みでしょう。

 

優秀なカードだとは思いますが、《ドラゴニック・ブレードマスター》《ワイバーンストライク ドーハ》の二者に頼った効果をしている為、このカードも専用デッキ以外には全く居場所がありませんね。