イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガードch「ワイバーンストライク ガジルバード」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の公式ch公開カードはEB06「救世の光 破滅の理」収録 「ワイバーンストライク ガジルバード」です。
祝日にもあるとは思いませんでした。

f:id:harvestfiesta:20190322065742j:plain

 

評価:2/5

 

■フレイムドラゴン登場時、自己パンプ 

《バーサーク・ドラゴン》や《ドラゴニック・オーバーロード

変ったところでは《デュアルアクス・アークドラゴン》等が登場した際に自己パンプする効果です。

悪くはありませんね。

 

 久しぶりの収録の割に「救世の光 破滅の理」にはかげろうの収録枠が然程多くはないのが気に掛かりますが、ヴァンガードはやたらと〇〇ドラゴンが多いので同弾にこの効果を起動できるフレイムドラゴンも増えるのでしょう。

 

 欠点はパワーの低さと、現状、然程有用なフレイムドラゴンが多くはなく、このカードの効果が発動し難い点です。

その程度強いフレイムドラゴンが増えるかにかかっていますね。

 

既にRRRには優秀な非フレイムドラゴンが収録されている辺り、前途不安です。

 

■総括

ヴァンガードでは蔑ろにされていた種族プッシュのG2ユニットです。

素のパワーの低さとフレイムドラゴンの貧弱さが足を引っ張りますが、フレイムドラゴンの拡充次第では有用なカードになる可能性を秘めています。 

 

現状では、殆ど使い処の無いカードなので2点ですが、オバロ及びその配下のフレイムドラゴン次第では一線級になりえます。

 

harvestfiesta.hatenablog.com