イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「這い上がるガール エスト」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB05「Primary Melody」収録 「這い上がるガール エスト」です。
見知った顔ですね。雑誌で公開したカードをwebでも公開するのであれば、あの雑誌要らないのでは?

f:id:harvestfiesta:20190308103654j:plain


評価:2/5

 

■登場時グレード4をサーチ

登場時に手札からG3のユニットを2種類捨てる事で、山札からG4をサーチする効果ですね。

 

考えるまでもなく、弱いですね。

 

まずコストが非常に重いです。

序盤にライド用のG3を捨ててまでG4を引き込んでも意味が薄いですし、順当ライドでG3まで乗りつつ、余剰のG3を展開せずコストとして確保する動きが必要になります。

この効果を狙う為に展開を控えては本末転倒ですし、難しいですね。

 

そして多くの場合、このカードはデッキに1枚しか入れられません。

他の軸でも使えなくはありませんが、G4をサーチするその性質上、ハイランダー用のカードだと思います。

つまりデッキに1枚しかないこのカードを当てにしてG4をサーチする事になるのですが、遊戯王ならばいざ知らずサーチ能力に乏しいヴァンガードでそれは無理があり過ぎますね。

このカードにアクセスする手段が無いので、別途このカードをサーチするカードと、このカードをサーチするカードをサーチするカードを下さい。

 

 

■総括

イラストがかわいいですね!それだけです。

 

ハイランダーにおいては重要なカードになり得ますが、サーチ効果に乏しく、このカード及び、コストのG3へのアクセス手段が無い為、入れても役に立つかどうか疑問です。

 

まぁ、そもそもEB40種+TD14種からハイランダー仕様でデッキを組むのであれば、ほぼ選択肢がありませんし、このカードも1枚デッキに入ってくるのでしょう。