イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「バーニングホーン・ドラゴン」「激憤の忍鬼 メオーマル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはクーポンカード交換 「バーニングホーン・ドラゴン」「激憤の忍鬼 メオーマル」です。
またクーポン交換カードですか。こんなもの情報局で全部纏めて公開すれば良いのに、ちまちまと小出しにして鬱陶しい。

f:id:harvestfiesta:20190226104750j:plain

 

評価:5/5

 

■自身をグレード3扱いとして棄てる

なんですか、これ?

妙な効果をPRに出してきましたね。考えられる可能性は

1.全く流行っていないPスタンを切り捨てていないと言うアピールを今更し始めた。

2.超越ないし、ギアクロのような疑似超越が来るのでそれ用の効果。

3.グレートがコストにG3以上を指定するので、そちらに合わせた効果。

4.特に意味はない。

 

この内のどれかでしょうか、現状では何とも言えませんね。

個人的には4番が一番マシだと思います。

 

■手札から捨てられた時、除去効果

何らかのコストとして手札から捨てられた際に、それを除去効果に転用できるのは良いですね。

ソウル事情は厳しいですか、ただコストとして破棄されるだけのカードが使い捨ての除去札に変換されると考えれば優秀です。

 

■総括

非常に嫌な感じのカードですね。

PRカードですが、効果を鑑みるに今後のかげろうでは必須パーツになりそうな気がします。

 

場に出てしまうとただのバニラですが、手札コストとして非常に優秀で、こんなカードを出してくるのですから当然VRがG3以上の手札コストを要求してくるものと思います。

PRが必須だと集めるのが大変なのでやめて欲しいのですが、まぁ無理でしょうね。

むしろ嬉々としてPRに必須カードをぶち込んでくる姿が想像できます。憂鬱です。

 

f:id:harvestfiesta:20190226104800j:plain


評価:3/5

■アタック時に[V]と同名の[R]全てをパンプ

グレードが下がり永続ではなくなった《隠密魔竜 ダンゼツアナーク》ですね。

 

SB①と比較的低コストで、同一名称のパワーを+5000もしてくれるので、「マンダラ」軸では割と重宝しそうな効果だと思います。

 

 欠点はパンプを起動する為にはアタックが必要になる点。

このカード自体は「マンダラ」と同一名称にはなれず、このカード自身のパワーは貧弱である点です。

可能な限り同一名称パンプを重ね掛けし、全てのラインで高い要求値を出してアタックするのが「マンダラ」軸の基本戦術なので、前列に非名称を並べなくてはならないのは少々邪魔ですね。

 

とは言え、パワーの問題は後列に《忍竜 マガイマンダラ》を配置して、パワーを補ってやればある程度は解決するので使えないわけではありません。

 

■総括

むらくもに幾つか存在する同一名称を一括パンプする効果を持ったG2ユニットです。

自身の[V]と同一名称のカードのみが対象となるので、事実上場に同一名称を増やしやすい「マンダラ」軸専用のカードと言えるでしょう。

 

「マンダラ」軸のG2帯は《忍竜 マガイマンダラ》以外に必須カードもないので、純構築、シラユキ混成構築のどちらにとっても十分採用圏内だと思います。