イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「アトランティアの歌姫 イリーナ」「ブラスター・アロー」「アークセイバー・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ


今週の情報局公開カードは3種。

EB05「Primary Melody」収録 「アトランティアの歌姫 イリーナ」

EB06「救世の光 破滅の理」収録 「ブラスター・アロー」「アークセイバー・ドラゴン」です。

ノヴァを出し渋れば出し渋る程、格差が浮き彫りになるのですが、大丈夫ですか?

 

f:id:harvestfiesta:20190227090417j:plain

 

評価:4/5

 

■ノーコスト[V]スタンド

結局[V]スタンドとG4か。

超越を消したいからスタン落ちさせたのにスタン開始早々にG4が帰ってくるし、効果考えるのが面倒になったら[V]スタンドの乱造。ダメですね。

 

はい、このカード自体の評価ですが、ハイランダー構築であれば確定で発動するノーコスト[V]スタンド効果は、まぁそれなりに強いと思います。

1種類しか存在しないG4の為にハイランダーにするのは阿保らしいので避けたいのですが、LIRは全てG4なのでしょうか?

 

効果の関係上、「旋律」との相性はあまりよくない所も悩みの種です。

ハイランダーを推奨する効果と言い、このカードを使おうと思うとデッキ構築がやや難しくなりますね。

 

■総括

バミューダの[V]スタンド持ちG4ユニットです。

乗れれば強いのですが、ハイランダー構築でこのカードに狙って乗れるかどうかが問題ですね。

まぁパワー14000が真中に居座るだけで強いのでデッキを組む価値はあると思います。通常の軸には入らないカードですが、ハイランダーであればフィニッシャーとしてほぼ確定で投入できるでしょう。

 

f:id:harvestfiesta:20190227090424j:plain

 

評価:3/5

 

アンタッチャブル効果

場に「ブラスター」が6種類存在すると、アンタッチャブル化する効果です。

 

ロイパラは場を埋めることが得意なクランですが、名称指定の為既存のリソース確保要員が投入し難く、この条件を容易に満たせるかどうかは未知数ですね。

効果自体は強力ですが、このカードにはそれを補助する能力もないので今の所使い難そうな効果です。

 

■手札1枚をアークセイバーに変換

こちらも条件は緩くなっていますが、「ブラスター」名称指定。

それも種類を要求してくるやや厳しめの条件設定のなされたサーチ効果ですね。

益々「ブラスター」のリソース確保能力、サーチ能力が重要になります。

 

サーチ先は固有名称指定で《アークセイバー・ドラゴン》のみ。

この先「ブラスター」名称のG4フィニッシャー等が出たら、出番のなくなる効果ですね。[V]に《アークセイバー・ドラゴン》が存在する事で、1つ目の効果の場に「ブラスター」6種も満たせなくなってしまうので、このカードとの相性はあまりよくありません。

その分、《アークセイバー・ドラゴン》が強力なユニットとして設定されていますが、やや噛み合わない効果ですね。

 

■総括

「ブラスター」軸の必須カードとなりそうなG2ユニットです。

一つ目の効果は「ブラスター」のリソース確保能力がどの程度か不明なので、現状狙って発動するのは厳しそうですが、どちらの効果も優秀なので既存のデッキには入らなくとも「ブラスター」軸では4投されうるカードです。

 

f:id:harvestfiesta:20190227090431j:plain


評価:4/5

伊藤くんは、肩に四角柱の飾り付けるのが好きなの?
これがカッコイイつもりなのかな?

一度医師の診断を受けた方が良いですよ。

■グレードダイエット

自身をG3としてライドできる効果は良いですね。

3ターン目にこのカードにライドできるのはなかなか強いと思います。

 

ただ条件が相応に厳しく、[V]とドロップゾーンしか参照できない所がロイパラと噛み合っていません。

ガードや手札コストで故意にドロップゾーンに「ブラスター」を送る必要がありますね。

 

■登場時、各領域から「ブラスター」招集

CB③・SB③とかなり重いコストですが、ダメージゾーンを含めた各領域から、「ブラスター」名称持ちのユニットを3枚まで場に出せる効果は強力ですね。

 

コスト効率としては合計6コストも支払って3枚増えるだけなので割高ですが、ダメージゾーンからカードを拾える点が偉いです。

事実上の回復効果を伴っているので、この効果を使えば場を整えつつ延命とCCが出来てしまいます。

さすがにソウルコストも膨大なので、再ライドによる複数回の起動は現実的ではなさそうですね。

また、グレード軽減とこの招集効果しか持たない為、場に出た後はただの置物である点もネックだと思います。

効果を使ったら《エクスカルペイト・ザ・ブラスター》等に乗り直し、早々に上書きしてしまいたいところです。

 

■総括

ダメージゾーンを含めた各種領域から「ブラスター」名称持ちのユニットをコールできるG4ユニットです。

グレードを軽減する効果を併せ持つ為、フィニッシャーと言うよりは中継地点と言った印象のカードですね。

サーチ対象に指定されているのでライドしやすく、無理なくデッキに投入できるカードだと思います。