イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「カラフル・パストラーレ カノン」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはEB05「Primary Melody」収録 「カラフル・パストラーレ カノン」です。
バミューダはやたらとVRをはじめとした高レアリティのカードが多いので、VRがさっさと見えるのは良いですね。

f:id:harvestfiesta:20190205213655j:plain


評価:4/5

 

■『旋律』でSC付与

VR以外に『旋律』持ちが居るとは限らないので過度にこの効果を当てにする事はできませんが、バミューダのソウル事情を一気に改善してくれる便利な効果ですね。

【V/R】効果かつ重複可能なので、並べればその分だけSCできる点も偉いです。

 

VR以外にも各グレードに1種類ぐらいは『旋律』持ちユニットが居てくれるとさらに使い易くなるのですが、先に公開された「カラフル・パストラーレ ソナタ」を鑑みると望み薄かも知れません。

 

■ターン中、ガード制限

ゴリラ溢れるバミューダがターン持続型のガード制限を振るうとは、何とも恐ろしい効果ですね。

最低手札2枚の消費を強いる為、守護者を切って凌ぐプロテクトを露骨にメタった効果と言えます。

通常であればパワーが高いので普通に守るよりも守護者を切る方が安く済むとなる所を、守護者を切っても消費枚数が痛いと言うレベルまで持っていけるのであれば十分ですね。

バミューダではあまり起こりそうもありませんが、パワーが低くギリギリの要求値の時にも役に立つので無駄にはなりません。

 

こう言う効果はアクセルに欲しいのですが、フォースなのにバウンスを絡めた連続アタックが残っていると言う事でしょうか?

こんな効果があるとなるとバトル中にバウンスして空けたリアガードサークルは、そのターン中に埋め直す事はできない可能性が高そうですが、自軍バウンスを絡めた連続攻撃ギミックはバミューダを使っていて楽しい要素の一つだったので、何とか生き残っていて欲しいものです。

 

■総括

カラフル・パストラーレのフィニッシャーです。

先に公開された「カラフル・パストラーレ ソナタ」は乗り続けてアドバンテージを稼ぐカードでしたが、こちらは詰めに乗れれば強いタイプのカードですね。

フル投入するタイプのカードではなさそうですが、デッキに2~3枚挿しておきたいカードだと思います。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com