イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

最凶根絶者 シャドウパラディン デッキレシピ

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ



■G3(7枚)

ファントム・ブラスター・ドラゴン ×4

ガスト・ブラスター・ドラゴン ×3

■G2(11枚)

漆黒の乙女 マーハ ×4

ブラスター・ダーク ×4

悲壮の騎士 カスバド ×2

ダークボンド・トランペッター ×1

 

■G1(15枚)

髑髏の魔女 ネヴァン ×4

ブラスター・ジャベリン ×4

アビス・ルーター ×3

黒の賢者 カロン ×2

黒翼のソードブレイカー ×2

 

■G0(17枚)

フルバウ(FV) ×1

ダークサイド・トランペッター(☆) ×4

デスフェザー・イーグル(☆) ×2

暗黒の盾 マクリール(引/守護者) ×4

ハウルオウル(引) ×2

アビス・ヒーラー (治) ×4

 

 

 

■各種採用理由

〇G3

ファントム・ブラスター・ドラゴン

 

このデッキのメインアタッカーです。

CB①で3:3交換とパワー+15000、☆+1されます。

1コストでパワーと☆が増える効果の中ではおまけが等価交換と弱い部類ですが、一度に除去できる数が多くCB効率の上では最大効率での除去を行えます。

また二つ目の効果であるバーン効果とも噛み合っており、あまり評価は高くないようですが現環境でも十分に通用し得るスペックを持ったカードです。

詰めの時以外はこのカードにライドしたいので、フル投入しています。

 

ガスト・ブラスター・ドラゴン

 

このデッキのサブアタッカーです。

CB①で2:2交換とパワー+10000されます。

一つ目の効果だけではCB効率がやや悪く順当ライドには向かないユニットですが、条件さえ満たせれば自軍退却が全てこのユニットの☆増加に繋がるので、強力なフィニッシャーになり得ます。

強力なユニットですが再ライドしなければ全力を発揮できないカードの為フル投入してしまうと邪魔になる場面もあり、枚数を削っています。 

 

〇G2

 漆黒の乙女 マーハ

 

シャドウパラディン最強のG2ユニットです。

CBは有限なので概ねノーコストにできる《黒の賢者 カロン》とセットで運用します。

元々のカードパワーが高いので雑に使っても強く、採用枚数を減らす理由がありません。

 

ブラスター・ダーク

 

白い方と違ってこのカードは方々から指名を受け必要とされるカードではないのですが、CB①で使用可能な単体対象の退却効果を持ち《ファントム・ブラスター・ドラゴン》の脇を固めるのに適したカードです。

ただCB効率は良いわけではないので、使い処がない場合も間々あります。

また2ターン目からツインドライブを行える効果もそこそこ強力で、可能であれば順当ライド時にはこのカードに乗ることを目指します。

出来ればこのカードに乗りたいので枚数を削ることが難しく、4枚入れざるを得ない枠です。

 

悲壮の騎士 カスバド

 

ノーコストでパワー13000以上が出せる優秀なユニットです。

並べて焼いて殴るのがシャドパラなので、普通に使っていれば十分に活躍します。

枠の都合で2枚のみの採用ですが、G1の枠をこちらに割くのも良いでしょう。

 

ダークボンド・トランペッター

 

5枚目の《髑髏の魔女 ネヴァン》です。

CBを消費する上にレストインなので可能な限り使用は控えたいのですが、《髑髏の魔女 ネヴァン》を場に出せないよりは断然マシです。

また、《髑髏の魔女 ネヴァン》が場に残り続ければ恒久的にパワー12000のユニットとして扱える点もそれなりに魅力です。

なかなか優秀なユニットですがサーチ効果が必要ない場合は手札に腐る事も多く、ピン刺しで十分だと思います。

 

〇G1

髑髏の魔女 ネヴァン

 

シャドウパラディン最強のG1ユニットです。

以前から強力なカードでしたが、《黒翼のソードブレイカー》が登場した事によりCB①の消費で2枚分のアドバンテージを生み出すカードへと昇華されました。

G3が消費するユニットをCB消費も手札消費もなく恒久的に補充できる最重要カードの為、絶対に数を減らす事ができません。

 

ブラスター・ジャベリン

 

シャドウパラディンのG1ユニットで次に優秀なカードはどれかと考えると、このカードになります。

CB①をドローに変換しつつ自己パンプを行える優秀なユニットなので、特に減らす理由がありませんね。

 

アビス・ルーター

 

貴重なCBを消費しないアドバンテージ確保要員です。

非常に優秀なカードですが、これ以上枠を捻出する事ができず3枚に留めています。

仮に枠が増やせてもG1帯には低パワーユニットが多い為、パワーが7000しかないこのカードを増やす事はないと思います。

 

黒翼のソードブレイカ

 

《髑髏の魔女 ネヴァン》の効果でサーチするカードの筆頭。最適解となるカードです。

非常に強力なカードですが、G1帯にパワー5000のユニットが増え過ぎてしまう為2枚採用に留めています。

 

〇G0

☆6:引6

 

多くのデッキはバニラ引トリガーを採用した際に、素引きしてしまったバニラ引トリガーをどう処理するか

通常のドローを阻害しない範囲で引トリガーを増やせる許容範囲は何処かを気にすると思いますが、このデッキの場合は《アビス・ルーター》の効果で手札からコールする対象となったり、《ファントム・ブラスター・ドラゴン》のコストとして処理できるので然程無理なく多めにバニラ引トリガーが積めます。

☆を削り過ぎるのも好ましくないので、現状は6:6の配分になっています。