イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「五大元素の支配者」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

 


今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録 《五大元素の支配者》です。
これはまぁ懐かしいと言えば懐かしいカードですね。昨日のカードよりは使用率も高かったことでしょう。

しかし、これもあまり使われなかったマイナーカードの部類ですね。

アモンとかルキエとか、もっと使われていたカードをリメイクすれば良いのに。

伊藤君デザイン以外の人気カードをリメイクすると死んでしまう呪いにでもかかっているのでしょうか。

 

f:id:harvestfiesta:20190123103624j:plain

 

評価:2/5

 

■全スタンド

ロマン砲ですね。

ノーライフキング デスアンカー》の類似効果ですが、あちらと比べると全体対象になった代わりにコストが増大しています。

 

採算が合う合わないは別にして、効果は強力ですね。

通常3回しかアタックできないプロテクトクランで、6回のアタックが突然飛んでくれば相手の計算は大きく狂う事でしょう。

 

その分、相応以上に代償が大きく、コストで手札とソウルが全てドロップゾーンへ送られてしまう為、この効果使用後は手札はドライブチェックで増えた分のみとなってしまい、場のカードには前提条件を満たせない効果も出そうです。

これでは返しのターンを乗り切ることはできそうにないので、次のターンはなさそうですね。

本当に詰めのターンにのみ使用する感じの能力です。

 

全てのユニットをスタンドする関係上、アタックした時にアドバンテージを得るタイプの効果と相性が良いのですが、ダクイレにはそう言ったカードがほぼ配られていないので特に組み合わせるようなカードが無いのは残念です。

 

■総括

非常に大味な効果と膨大なコストを必要とする所謂ロマン砲です。

それ以外の効果は一切持たないので、このカードにライドし続けて戦うようなタイプのカードではありませんね。

非常にコストパフォーマンスが悪いので二度撃つことはないでしょうし、最後の詰めに使う為にデッキに仕込む事もあると言う部類のカードだと思います。