イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「悪運の根絶者 ドロヲン」「再会の誓い ポータ」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ



今回の情報局公開カード後編です。
リンクジョーカーとバミューダ△です。Vシリーズでバミューダ△のカードが見えるのは初ですね。一時期はアニメの溶けた作画を張り付けたカードが乱造されるのかと思っていましたが、今の所公開分はマトモなイラストですね。

まぁバミューダは金の卵を産む鶏ですからね。自ら絞め殺すような愚を二度も冒すはずが…ないとは言い切れませんが、今回はセーフのようです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190116000858j:plain

 

評価:4/5

 

■デリート反応裏バインド&CC

これは優秀ですね。

自身はソウルへ行ってしまいますが、相手を裏バインドする事で1:1交換を行いつつCCを行えます。

パワーもきっちりと8000ありますし、良いカードですね。

 

欠点は起動条件がデリートと重く、CCも表のコストが無い状況でしか使用できません。少々状況は選びますね。

 

■総括

コストを丁度使い切る形でデリートを行った際に場に出しておきたいユニットです。

想定している状況がやや限定的なので、少々使い難い場面も目立つでしょうが、効果が強力なのでデッキに組み込んでも良いカードだと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190116000906j:plain

 

評価:3/5

 

■バトル終了時自己バウンス

旧シリーズのバミューダ同様に、Vシリーズでもバミューダ△はバウンスを活用するクランと考えても良さそうですね。

 

効果の方はアタック時の自己バウンスなので、それを補助するカードの状況次第の部分が大きいです。

これ単体では場を空けるだけのカードなので然程強くはありませんね。

 

欠点はリアガードの数が5枚と指定されている点です。

フォースクランなので、ある程度のアドバンテージ確保手段はあるものと予想しますが、配られるカードの質次第では5枚展開するのはきつい可能性もあります。

 

■総括

バミューダ△のクラン特性に変更が加えられていないであろうと確認できるカードでした。

Vシリーズにはクラン特性が迷子だったり、所属クランが迷子だったり、種族が迷子だったりするカードもあるので、バミューダのクラン特性が変わっている可能性もあったのですが、どうやらそれはないようです。

 

このカード自体は然程強くないので、スターター環境でもバニラと差し替えるかどうかと言ったところではないでしょうか?

 

 

まぁ、《スタンプ・ラッコ》と言う前例があるので、PRカードは全く当てになりませんけどね。